オランダミミナグサ 〜 庭の雑草

2014.05.13(19:04)

 目新しい植物の花や実を憶えると、2、3年は一生懸命に追いかけるのだが、「これはまあ、こんなもの」とわかってくると、次第に興味を失ってくる。
 季節の巡りに合わせて写真は撮っているにせよ、よほど数多く群生しているとか、特殊なシチュエーションで構図が美しいとか、何かアピールするところがないと、わざわざブログに写真を載せるまでもない、とそのままにするようになった。
 好きな花というのはあって、たとえば「梅」だが、贔屓にしているいくつかの品種以外は、寺院など周囲や背景も含めてとくに美しい、などの事情がないと、今年はもうあまり熱心に追いかけなかった。
 そんな中で、毎日見ている庭の花は、こういう時期が美しいとか、こういう撮り方ができるときに撮るとか、見映えのするシチュエーションというのがわかっているので、愛着も湧き、どうしても紹介したくなることが多い。

 そんな状況下、今晩は庭の花なのだが、じつはいわゆる雑草である。


オランダミミナグサの花序140423

 「何だろう?」調べておかなくては、と思いつつ花のピークは過ぎて、ほとんど実ばかりになった頃、同じ植物が根岸森林公園で見つかり、土地の起伏の関係から撮りやすかったので撮影した。(4月23日でした)
 頭の中にはとりあえず、可能性のありそうないろいろな名前が浮かぶ。
 「ハコベ」「コハコベ」などのハコベの仲間。「ノミノツヅリ」「ノミノフスマ」など。
 いや、しかし、ハコベの仲間というのは概して葉が立派で、こんなちんちくりんの小さな葉を付けた植物ではないはずだ。
 ではノミノツヅリかノミノフスマか…。
 多摩NTの住人 さんのところで勉強したところでは、萼の長さと花弁の長さのどちらが長いかなどの判断基準があるらしい。ハコベ類は萼のほうが長い。ノミノフスマは萼のほうが短いというが、だからといって花弁が違う。ノミノフスマは花弁の切れ込みが深いというが、写真の花は花弁の切れ込みがきわめて浅い。最初から五弁花だとすぐわかる。ノミノツヅリは花の形があきらかにもっと違う。


オランダミミナグサの実の先端140423
 図鑑をめくっていて はっと気が付いたのは、「そうだオランダミミナグサというのがあった」ということ。
 岩槻秀明さんの図鑑に、オランダミミナグサの特徴として、実の形があげられている。時間が経過すると、実の先端が割れてニョキっとひょっこの口のような形になり、その先から種を撒き散らすという。

 上の写真の赤丸内の実がまさにその形になっている。
 「そうだ、これはオランダミミナグサなのだ」とわかって、本日(5月13日)午前中、慌てて庭へ出た。
 ほとんど草むしりで抜いてしまったが、どこかに抜き忘れがあるだろう、と捜した。
 「あった、あった!」いまや花の時季は終わってみんな実になってしまっているのが2本。実の先端が割れ裂壊しているものばかりだ。
 そうか、4月中ずっと何庭に蔓延っていたあの植物、見つけるたびに抜いていたあの花は、オランダミミナグサだったのだ。念のため、写真の雄しべの数を数えて確認、10本だ。
 基本的に、ひょろっと伸びた茎に小さな葉が対生でちょこちょこっと付くので、なんとなくぱっとしない雰囲気の草だが、花の咲いている様子はきれいだった。


【日常の記録】

 5月11日、夜11時から英国のテレビ映画『ダウントン・アビー』(NHKが5月11日から毎週放送)を観た。
 〜 1912年。「ダウントン・アビー」当主のグランサム伯爵・ロバートに豪華客船タイタニック号沈没の知らせが入る。船には爵位と財産の継承者である従兄弟と、その一人息子が乗っていた。ロバートには3人の娘がいたが、女性には継承権がなく、悲報とともに相続人不在の事態に。次の継承権者は、面識もない中流階級の青年だった。
 伯爵夫人、長女など、ダウントン・アビーの所領・財産の相続を巡り、各自がそれぞれの思惑で動き出す 〜
 英国では数々の賞を獲得した人気作らしい。
 
 5月12日、5月から一年間の料理教室第1回は「鶏の照り焼き丼」。
 寝不足と料理教室で疲れ果て、午後は休養。夕刻外へ出てみると、新しいバラが次々と咲きだしているのに、12日朝は撮っていない。夕刻から天候は大荒れで、風と雨のミニ嵐といったところ。

 5月13日、家事を片付け、午前中庭のバラの撮影とスキップの散歩。午後も根岸森林公園へ出かけたが、草むらでカメラの接眼部のアイ・ピースを紛失。眼が衰えているので、この辺りとわかっているのに見つからない。
 夕刻は草むしり。

コメント
初めて見聞きします。オランダ ミミナ?グサ。
ハコベ以外に記してある草本はどれも?
それにしても同じような花が多いわけですね~。
【2014/05/15 12:32】 | 山ぼうし #- | [edit]
YAKUMA さん、とんとん さん、
わけがわからなくなって…、
最後の判定基準がたまたま種を飛ばした後の実の形でした。
ふつうは見向きもしないでしょうね。
【2014/05/14 14:24】 | ディック #- | [edit]
樂 さん、
たまたま名前を確認したくて調べたから記事になりました。当方としてもできるだけ早く抜いておかないと、また来年庭のあちらこちらに出てきてたいへんです。
【2014/05/14 14:22】 | ディック #- | [edit]
オランダミミナグサ 小さな草花ですが・
むらさきの繊細な花がイキイキしてますね。
可愛いです。
すぐはびこって困った経験あります。
【2014/05/14 10:10】 | ころん #- | [edit]
種ができる前は、結構可愛く感じるんですが、今は花より種と毛深い半分枯れたような枝ばかり目立つので、じっくり見たことがありません。
【2014/05/14 09:43】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
お庭の花はオランダミミナグサだったのですね。
名前がわかって良かったです。
花の形が整っていて綺麗ですよね。
【2014/05/14 07:43】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
料理教室に通われているのですね
何事も研究熱心なディックさんのことですから
基本をマスターなされば、無限に応用が広がると想像します

ひとつの品種に違う形を見つけるのも思い白いですね
わらびにいくつか形があるようです
【2014/05/14 06:29】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
おはようございます。

同種はいわゆる雑草ですよね。
ただ、小さくとも気になる花
でありまして、僕も過去ズー
ムして見た記憶があります。
名も面白いですよね。

さて、今日は気温が上がるよ
うですね。僕としましては
暑いのは苦手なんです。

【2014/05/14 06:24】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
デイックさん お早うございます(*^^*)

男性料理教室に通われ出されたのですね

是非頑張って下さいね 同世代の人と雑談しながら
食べる料理は美味しいですよ

21年前に同じ様に教室に通って続けたくて教室を作りました
当時の会員は2名に成りました
お互いに歳を取りました(笑う・)
【2014/05/14 05:27】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
オランダミミナグサ、はじめて聞きました。
だいたいブログをはじめるまで、写真をはじめるまで、植物の知識の貧弱なこと…
まあ、それは今もですが。
こちらで、いろいろ教えていただいています。
【2014/05/14 00:01】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
こんばんは
オランダミミナグサは、花の様子は見ますが、実の様子を観察したことがありません。
今度確認しなければいけませんね。
いつも見ているので、見過ごすことの多い花です。
【2014/05/13 22:15】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
オランダミミナグサの実って・・・う~ん思い出せません。思いつきません。
花が終わってもちゃんと見ておかなくてはいけませんね。
自分ではどんなことを書いたかと見返してみたら、兎の耳なんて書いていました。v-530(笑)
【2014/05/13 22:00】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6105-785799f7