FC2ブログ

新羅三郎義光ゆかりの旧跡を訪ねる

2014.05.10(17:30)

【大宝寺 〜 佐竹屋敷跡】

大宝寺の門140508

 源頼朝のお父さんが源義朝で、義朝の曾祖父が源義家です。
 源義家は「前九年の役」に父とともに参戦し、奥州の清原氏の内紛に介入して「後三年の役」を起こしたことで知られていますが、伝承の世界では勇猛果敢な戦いぶりなどで人気があります。京の石清水八幡宮で元服したことで「八幡太郎義家」と呼ばれました。
 孫の隼士の冑飾りは、人形屋さんのご主人の話では源義家のもの。見映えがよいので売れ筋だそうです。義経の冑飾りととてもよく似ています。
 それはともかく、足利氏とか新田氏とか、義家が祖先なものですから、英雄視されてさまざまな逸話が生み出されたのだろう、と推察されます。


大宝寺140508

 八幡太郎義家には二人の弟がいて、その一人が新羅三郎義光です。彼は近江三井寺の新羅明神で元服したことでそう呼ばれています。
 兄の義家と同様に人気があり、佐竹氏の祖と言われています。
 佐竹氏は常陸の国で勢力を拡大した戦国大名です。南下する伊達政宗との領土争いがありました。
 鎌倉市大町の大宝寺は佐竹一族が住んでいた屋敷跡に建てられた寺だそうです。


【新羅三郎義光の墓】

義光の墓へ登る途中のハルジオン140508

 裏手の墓地に新羅三郎義光の墓を訪ねます。
 寺の内部を通るより一旦外へ出て、道を少し先へ進んでから登るほうがわかりやすいようです。
 墓へ登る道の入り口にハルジオンが咲いていました。


新羅三郎義光の墓140508

 新羅三郎義光の墓と伝えられる宝篋印塔です。
 義光の墓は三井寺(園城寺)など各地にあるそうです。


義光の墓の背後のウツギ140508

 背後の山肌に垂れ下がるウツギが美しい。
 何ウツギというのでしょうか。ぼくは詳しくありません。


義光の墓の後ろのウツギアップ140508


【八雲神社】

八雲神社正面140408

 ここは鎌倉市大町の八雲神社。比企谷の妙本寺の近くです。大宝寺(佐竹屋敷跡)からも近い。


八雲神社全景140508

 こんな感じののんびりしたところです。
 鎌倉駅前や八幡宮、小町通りの喧噪が嘘のよう。


八雲神社社殿アップ140508

 新羅三郎義光が兄の八幡太郎義家の助勢(後三年の役)のため奥州に赴く途中で鎌倉に立ち寄った際、疫病が流行っていたため、京都の祇園八坂社の祭神の牛頭天皇を勧請したのが八雲神社の始まりだそうです。
 このため、かつては「祇園天王社」、「鎌倉祇園社」とも称しました。明治維新に神仏分離で八雲神社に改称されました。


祇園山ハイキングコース看板140508

 鎌倉のハイキングコースとしてよく知られている「祇園山」の名前の由来は、八雲神社が「祇園天王社」と呼ばれたことにあります。

 比企谷の妙本寺の前の小道を南へ進めば、2、3分で八雲神社です。大宝寺もそこから5、6分、源氏の歴史に興味のある方はお出かけください。
コメント
歴史のお話と写真を興味深く拝見しました。
次に鎌倉に行くときには、訪れてみようと思います。
ウツギは、マルバウツギのように思えます。
【2014/05/11 14:16】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
今の季節心穏やかにお寺にお参りできます。
お墓の前のハルシオンがとてもいいし
自然な感じのウツギもいいですね。

厄除けなんですね。
【2014/05/11 11:13】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
佐竹家と伊達家について書いていらっしゃるので思い出しましたが
両家は政治に於いて、大きく異なる結果になったと思います

気の弱い上司は部下を守れませんが
佐竹氏の弱さが悪政の歴史を生んだのでしょう

仙台伊達家は優秀だと思うのですが
分藩の秀宗以降、宇和島藩は佐竹氏、南部氏に並ぶ
悪政を続けたように思います
【2014/05/11 08:48】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こちらの歴史は興味があります。
足利とか新田とかが源氏の義家の末裔
私は桓武平氏ですからこの話には乗れません。
良い勉強をさせてもらいました。
【2014/05/10 22:27】 | 自然を尋ねる人 #A.CKSN8Y | [edit]
妙法寺から八雲神社経由で一人で祇園山コースを歩いた時、
余りにもモミジの木が多かったので、友人と紅葉時に訪ねてみましたが
この辺のモミジは紅葉していませんでした。

妙法寺からも登れるのですね。
園児さんも上れる穏やかなコースですね(^^

伊達政宗と聞いて思い出しました。
鎌倉駅裏から英勝寺へ行く途中のあるお店のオナーとお話した事があります。
伊達さんといわれて、波乱の人生のお話を伺ったのですが
その伊達政宗の子孫で何代目とか植われていました。
鎌倉の面白い出会いでした。

それぞれ歴史は深いですね。
【2014/05/10 21:55】 | 舞子 #- | [edit]
こんばんは。
立派な神社ですね、風格があります。
義光、私の従兄もその名前です。父の系譜はだいたい「義」のついた武将の名前が多いのです。でも名前負け?・・こわいですね(笑)
【2014/05/10 20:30】 | 空見 #- | [edit]
YUMI さん、
『武家の古都「鎌倉」を歩く』という本を読みながら源氏の系図を何回も見直しています。八幡太郎義家と新羅三郎義光は、伝承の世界の人物として何かと話題になるので、実際の歴史にはどう当てはまるのかと、何度も何度も読み返しています。
【2014/05/10 19:56】 | ディック #- | [edit]
山ぼうし さん、
じつは八雲神社を訪れる前に比企谷の妙本寺にいました。幼稚園児たちが裏山を登ってハイキング。15分後にははるか上の方から声が聞こえてきます。
そのおかげで、この看板のハイキングコースは、妙本寺の裏山からも登れるのだとわかりました。
【2014/05/10 19:53】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
鎌倉のこのあたりは駅からさほどはなれていないのに、静かですよね。
穴場ですよね。
新羅三郎義光、なかなかしぶいところをせめられましたね。
鎌倉はやっぱり歴史がおもしろい。
【2014/05/10 19:45】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
八雲神社。イイ名前です。
鎌倉の中では小さい(?)かもしれませんが、立派な神社ですね。
以前、比企一族のことを教わりましたが、地図をみて改めてココかぁ~と思いました。
【2014/05/10 18:59】 | 山ぼうし #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6102-efa091f3