FC2ブログ

鎌倉・瑞泉寺

2014.02.02(13:30)

瑞泉寺の境内140122

 後醍醐天皇の皇子護良親王を祀った鎌倉宮(大塔宮)から奥へ徒歩15分歩きますと、臨済宗円覚寺派の寺院で「瑞泉寺」(ずいせんじ)というお寺があります。
 水仙が美しいというので行ってみましたが、深い谷にあり陽当たりがよくなく、1月22日現在、水仙はやっと咲きはじめたという程度でした。


瑞泉寺本堂140122

 上の写真は瑞泉寺の本堂です。
 梅も咲きそろうときれいだと思いますが、山や崖に囲まれて、開花は少し遅いかも知れません。
 この本堂の背後に、風変わりな庭園があります。


鎌倉・瑞泉寺140122

 同寺のホームページには「岩庭」と書かれています。
 「岩盤を彫刻的手法によって庭園となし、書院庭園のさきがけをなすものであり、鎌倉に残る鎌倉時代唯一の庭園」だそうです。開山の夢想国師が作庭されたとのこと。
 残念なのは写真を撮影したそのポイントからのみ撮影可で、立ち入りできません。写真の岩盤の上にはさらに庭園が広がり、「遠くには箱根の山々がかすみ、右手に霊峰富士が大きく裾を広げる足下には、相模湾が自然の池をなしている、借景の大庭園の広がるこの山頂に夢窓国師は小亭を建て、界一覧亭と名づけた」のだそうです。


瑞泉寺岩庭横140122


瑞泉寺岩庭アップ横140122

 なにしろ岩肌剥き出しですから、陽射しの関係上、こんなふうにしか撮れません。
 かなり異様な風景で戸惑いますが、こんな庭園はほかに見たことがなく、とてもめずらしく感じました。


瑞泉寺岩庭縦140122


【日常の記録】
 2月1日、午前10時に家を出て、San Poの会へ。集合場所は東武伊勢崎線西新井駅。
      近くの公園で昼食後、徳寿院、西新井大師、諏訪木西公園、舎人公園と歩きました。
      この方面はまったく初めてでした。
      帰りの車内で『柳田国男作品集』(遠野物語、日本の伝説、ごとも風土記)を読了。
コメント
ディックさん

この庭はおもしろい!
ちょっと、スターウォーズを思い出しました。

橋のデザインもマッチしていて
そぞろ歩けば、思考が深まりそうです(笑)。

鎌倉時代の庭園ですか。鎌倉時代はおもしろい時代だったのですね。

【2014/02/04 01:57】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
FREUDE さん、
>兵庫県朝来市の竹田城址ですが、落下事故があったために観光制限…
あれれ、ぼくが行かないうちに…。
伊賀上野城なども、いかにも落下事故が起きそうです。
マナーの悪い人がいると、大勢が迷惑しますね。
【2014/02/03 17:44】 | ディック #- | [edit]
ああ、瑞泉寺、有名ですね。
アジサイでしたっけ。
ああ、夢窓国師。
思い出しました。

こういう庭園があったんですね。
すごい景観ですね。

最近、古刹はすっかりご無沙汰です。
そろそろ、見に行かないと行かんな。
ありがとうございました。
【2014/02/03 14:51】 | 山手の木々 #- | [edit]
ここは崖の街ですね。
鎌倉の世界遺産の見込みはどうなんでしょうね。
武家の街。
【2014/02/03 13:56】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
このお寺ではなかったですがやはり鎌倉の
お寺でしたがみたことがあったような・・・・

梅が楽しみなお寺みたいですね。
今日も何やら靄っています。
【2014/02/03 11:02】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

「岩庭」

面白いですね。なかなか見ない特徴的な
庭園です。少しコンパクトな感じですが、
全体がどのように構成されていくかの
全てを見渡せそうです。それもまた有り
ですね。とにかく他では見ない空間に仕
上がっていると思います。

それにしましても昨日昼前後から今に至
るまで気温が10℃前後と異常な暖かさ
です。

【2014/02/03 07:15】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
日本中の名所旧跡で
落書きや落ちた空き缶、ペットボトルを目にします
観光客のモラルでしょうけれど、荒れるくらいなら
残念ですが立ち入り禁止にしなければならないのでしょうね

近年、とみに訪れる観光客の増えた兵庫県朝来市の竹田城址ですが、
落下事故があったために観光制限と聞きました
【2014/02/03 06:56】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
ななごうさん、
この庭園、おそらくは造られた頃はもう少し岩肌が美しかったのではないか、と思っております。
大谷石を切り出した岩の崖には圧倒されますが、こちらは庭ですから、わざと変化をつけているようです。
【2014/02/02 22:20】 | ディック #- | [edit]
大谷とはまた違った雰囲気が有りますね。
岩肌を削り情景を楽しむ庭園と材料を産業に利用する地の景色ですね。
【2014/02/02 21:55】 | ななごう #- | [edit]
ただいま歴史本を読んでいるところが
道長の「この世をば我が身・・」を少し過ぎて源氏の東北基盤をなす9年役当たりです。
まだ鎌倉時代には先が長いでしょうが
云え、石ノ森章太郎作ですから案外早いかも!
素晴らしい石庭ですね。
【2014/02/02 21:41】 | 自然を尋ねる人 #zmDakbwk | [edit]
こんばんは。
鎌倉時代のお寺の庭なんですか、珍しいですね。
別物ですが、わが方では古墳で似たようなのがあります。またしても弘法大師が一夜にして、という言い伝えですが~(笑)ブログの過去記事より
→ http://blog.goo.ne.jp/decollo07/e/63db97c767ea2611a5e9210b511bd89c

【2014/02/02 19:52】 | 空見 #- | [edit]
瑞泉寺は紅葉も鎌倉で一番おそいそうですね。
水仙も1月26日の浄妙寺でけっこう咲いていましたから、やはりおそいですね。
水仙の寺ということで有名なんですけどね…
【2014/02/02 17:05】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
岩庭
厳しい面ですね。
だいぶ暖かくなりましたから
動きやすくなりましたね。
気をつけて。
今日もスマイル
【2014/02/02 16:32】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
瑞泉寺は若い頃に訪れたことがありますが、もう何十年も行っていません。
この庭のこともすっかり忘れていました。
風変りですが、しっくりくる感じもあります。
【2014/02/02 15:39】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5927-1cdbf248