鎌倉・永福寺跡

2014.01.27(19:00)

永福寺跡入り口140122

 2010年3月に退職したので、当時はまだ不安定な心臓の具合と相談しつつ、その頃からぽつりぽつりと鎌倉や三浦半島方面へ出かけるようになった。
 鎌倉や三浦半島の歴史については、日本史の授業で習った程度のことしか知らなかったが、2010年4月に『もっと行きたい鎌倉歴史散歩』という本に出会った。鎌倉時代の歴史について、事細かく記載があり、物語を読むようにおもしろい。
 この本の中で、頼朝が力を注いで建立した永福寺(ようふくじ)という寺院のことが出てくる。モデルとしたのが平泉の毛越寺(もうつうじ)だというから、相当な広さのある立派な寺だったはずだ。
 鎌倉には何回か足を運んだが、永福寺のことなど聞いたことがなかった。建立された場所についての記載もあったが、鎌倉へ行き始めたばかりで八幡宮付近のことしか知らないようでは、説明されてもどのあたりのことだか見当が付かない。それでずうっと気にしながら、そのままになっていた。
 それほど有名な寺だったのなら、なぜ何も残っていないのか。火災で焼けたとのことだが、だれも再建しようとはしなかったのか。
 もっとも、鎌倉というところには鎌倉時代の建物などはほとんど何も残っていない。「平家物語」や「太平記」など物語をよく読み、歴史を勉強し、想像力を働かさなければ、鎌倉を散策してもあまりおもしろくはないのである。世界遺産への登録がうまくいかないのは、そういうこともあろうか、とぼくは思っている。

永福寺跡上から140122

 年も明けて、ようやく出歩く気になってきたので、まずは鎌倉へ行こうかと、1月22日に長谷の光則寺へ行き、駅まで戻って、鎌倉宮(大塔宮)までバスに乗り、そこから歩いて瑞泉寺まで行った。
 水仙はまだほとんど咲いてなくて、下見してきた、という程度だが、途中で遺跡復元工事中の「永福寺跡」に気が付いたのが最大の収穫だった。(トップの写真が「永福寺跡の入り口となっていた)


永福寺跡説明板140122

 ネットには「CGにより復元された永福寺」というホームページがあり、左記のアンダーライン個所をクリックすると見られるが、ぼくが撮った永福寺跡の写真からも、その広大さを見てとることができると思う。鎌倉を楽しむには、先にも書いたように、想像力を働かせなければならない。


永福寺跡の中の島跡140122

 上の写真は、「中の島」の跡である。つまり、永福寺には浄土式庭園が付属していたのだ。「毛越寺をモデルにした」ということは、浄土式庭園を造ったということなのだ、と気が付いた。


永福寺復元工事中の礎石少し上から140122

 清盛が遷都しようとした(6ヶ月で終わった)福原の都跡を訪ねる記事を1月6日に書いたが、碑であるとか、そんなかすかな「跡」から当時の様子を想像する。それができれば、神戸の祇園神社からの眺めだとか、あるいはこの写真のような工事現場を見ていても、十分おもしろい。


永福寺復元工事中の礎石140122

 この記事を書こうとして、『もっと行きたい鎌倉歴史散歩』を少し読み返していると、ずいぶんとおもしろい。
 この本を読んでから二年、ぼくはずいぶんと鎌倉方面を歩いて、土地勘ができてきたからだろう。そろそろ『平家物語』ももう一度読み返すべきときかも知れない。
コメント
小肥り さん、
毛越寺へ行ったのが35年くらい前なので、浄土式庭園がきれいだった、という記憶しかありません。
永福寺は頼朝が力を入れて作らせたのだから、かなりのものであったのだろう、と想像するでけですが、あれほどのものなのかどうか、どうでしょうねぇ。
【2014/01/28 18:40】 | ディック #- | [edit]
毛越寺並みのお寺というとハンパな大きさではありませんよ。
池があって、大伽藍ですよ。すごいですね。
知らなかった。
世界遺産は大丈夫かな・・・
【2014/01/28 16:06】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
震災の前に中尊寺を訪れたのですが
撮影に時間をかけ過ぎたため、毛越寺へは
時間がなく断念した経緯がありました

行きたいところだらけ、で
興味が尽きません
【2014/01/28 15:58】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
鎌倉・・・この写真から暖かい気温を
感じました。
永をようと読むのはこちらにもあります。
永沢寺なのですが今頃は寒牡丹の見ごろかな。
峠の茶屋一軒家に近いところです。

歩いていろんな歴史散歩はいいですね。
【2014/01/28 10:29】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
多摩NTの住人 さん、
「神奈川県の歴史散歩」は読みにくいので、買っておいて参考にする程度。「もっと行きたい鎌倉歴史散歩」はとてもよい本です。おもしろくて為になる、という本です。
【2014/01/28 10:10】 | ディック #- | [edit]
YUMI さん、
>ここテニスコートの隣ですよね。
>数年前まで、ススキの原という感じでしたよ。
そう聞きました。
だから観光客にはほとんど知られていないのでしょうね。バス便も大塔宮までしかないし。
ご紹介のブログ、これからちょくちょく訪問させてもらおうと思います。地元の方でしょうね。ていねいに歩かれているようです。
【2014/01/28 10:08】 | ディック #- | [edit]
『鎌倉を歩くには想像力を働かせなければならない。』というのに共感します。
お示しいただいてる鎌倉や神奈川の本を読んでみようと思います。
【2014/01/28 07:46】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
こんばんは。

歴史をさかのぼる。

今の風景からは想像出来ぬ風景を
再現する。

それは未知の世界への扉をあける
のに等しいわくわく感を伴います。

鎌倉もカァ。

ついこの間まで奈良も頑張ってい
たしなぁ。

でも、この手のものにはとにかく
引き付けられますよね。勉強して
いればこれまた楽しいですが、
説明会などの場で色々聞くのも良
いでしょうねぇ。

鎌倉行きたいなぁ(笑)。

【2014/01/27 22:17】 | 地理佐渡.. #sSqUD4QU | [edit]
ディックさん

CGから想像して、美しいお寺だったようですね。
完全に復元してもらいたいですね。

また鎌倉に出かけたくなりました。
【2014/01/27 21:06】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
こんばんは。
ここテニスコートの隣ですよね。
数年前まで、ススキの原という感じでしたよ。

京都・奈良と違って、鎌倉は歴史を知らないで歩いても面白くないかもしれませんね。
京都奈良は、仏像やお庭や建物や、歴史に詳しくなくても、見るだけで楽しい部分もありますから。
私のブロ友さんの「歩けば見つかる小さな歴史」(http://sgo0213.blog.fc2.com/)というブログも参考になるかもしれません。
【2014/01/27 20:33】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5911-08846c30