FC2ブログ

清盛の壮大な夢

2014.01.06(17:30)

【神戸・祇園神社】

祇園神社拝殿と社務所131212

 平安時代末期、平清盛は大輪田泊(おおわだのとまり)に人工島の経ヶ島(きょうがしま)を築き、整備拡張した港を見下ろす山麓に、新しい都・福原京を築く計画を立てた。武家政権の主導で都を造営し、そこを日本の首都と定めて天皇をお移しする。平安京から福原京へと遷都を強行したのである。
 計画のみで終わったのではなく、実際に遷都したにもかかわらず、「ここが福原京跡だ」という明確な遺跡がないために、現代においては、京都御所や江戸城跡の皇居を訪ねるように、観光名所とはなっていない。
 福原京の建造物群は源義仲によってすべて焼き払われた、と言われている。


祇園神社 拝殿と授札所131212

 『平家物語』などであれほど一般に知られた平家一門が造った都が、どのあたりにどのように存在したのか、図面もなければ、確かな遺跡もなく、どのあたりにどのように屋敷があったのかはっきりしない、というのは、何やら煙に巻かれたようですっきりしない。


平野・祇園神社拝殿131212

 調べてみると、JR神戸駅ないし高速神戸駅の付近、すなわち湊川神社のある辺りの、北東側の一帯だったようだ。
 あるガイドブックによると、訪ねてみるポイントは、祇園神社、荒田八幡神社、雪見御所旧跡の碑などだ、というので、takae h さんのご支援、ご案内により、12月12日、福原京に関係のある旧跡を訪ねてみることにした。
 写真は、祇園神社の拝殿を撮影したもので、右、左、正面と角度が異なっているだけである。


大輪田泊方面の眺望1312112

 まずは最初のポイント、「祇園神社」だ。
 山の中腹の小さな神社で、神戸の町を見下ろすことができる。おおよその見当を付けながら「さては大輪田泊は海へ向かってこの方向、あの辺りか。そして、いまこの下の一帯が福原京であったか」と、ここへお参りして経ヶ島築造の計画を練った、という清盛の気分を想像してみる。
 清盛は重盛に権力を委譲し、自分は福原の邸宅(雪見御所)へ移り、日宋貿易の拡大に専念していたのである。


祇園神社奥の稲荷社131212

 さて、祇園神社の祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)と櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、「祇園」と呼ばれるのは牛頭天王が祇園精舎の守護神であり、素盞嗚尊はすなわち牛頭天王だからだ、ということらしい。
 「新平家物語」を執筆しようと吉川英治もこの地を来訪し、神社下の橋の欄干から「雪見御所の北に在ったという温泉はあの辺りか」と眺めていた、という。
 (上の写真は、祇園神社内の奥にある稲荷社。西向かいにある山の紅葉が美しい)


祇園神社西向かいの山の紅葉131212


【雪見御所跡の石碑】

雪見御所跡の碑131212

 清盛の邸宅である「雪見御所」旧跡の石碑は、湊山小学校の道路際に見つかった。
 発掘調査で土器や礎石などが見つかったと言われているが、平清盛の屋敷跡であるという証拠は見つかっていない。つまりこの辺りだと言われているだけで、実際の場所ははっきりしないのだ。


【荒田八幡神社】

荒田八幡神社の鳥居131212


 荒田八幡神社(あらたはちまんじんじゃ)というのは平頼盛(清盛の弟)の山荘があったところで、福原京ではここが安徳天皇の行在所(あんざいしょ)であった、と言われている。付近には何の案内板もなく、道を尋ねれば「神社ならこの辺りにたくさんあるよ」との返事が返ってくる程度。見つけるのにやや手間が掛かった。
 町の中の、付近の住宅から3m ほど高くなったところに突然鳥居があり社があるといったふうだ。祭神は応神天皇、社殿は昭和60年に再建されたという。


荒田八幡神社正面131212

 福原の遷都は、時間的にはわずか半年程度だったといい、清盛は諦めて再度平安京に遷都することになった。
 それから一年ほどで清盛は病で亡くなった。壇ノ浦の戦いまではあとわずか4年である。


【日常の記録】

 1月5日夜、長女の病院を訪ねました。実際に赤ちゃんの表情を見、泣き声を聞いてみて、ようやく実感が湧きました。お地蔵様のような顔をしていました。
 1月6日午前、本牧山頂公園を一時間ほど散策しました。
コメント
祇園神社は行ったことはなかったのですが
去年、大輪田泊あたりを歩いてきましたが
なかなかいいところでした。

お孫ちゃんのことをおじぞうさまのような顔を
していたとあって思わず微笑んでしまいました。
【2014/01/07 11:05】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
大河ドラマ『平清盛』で、福原京のシーンがたびたび出ていましたが、高速神戸付近でしたか。
その地に立って、清盛の想いを考えるのも楽しいですね。
【2014/01/07 07:54】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
福原遷都なんて教えていながら、こちらにはまだ行ったことがなく。
貴重なお写真、貴重な記事ありがとうございました。
平家物語の諸行無常の世界を福原は体現しているようですね。

お孫さん、かわいいでしょうね。
【2014/01/07 07:22】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
デイックさん お早うございます(*^^*)

【神戸・祇園神社】  神戸にも有るのですね祇園・・

色々な所に出掛けられて素敵な写真・・
こんなに大きな写真なのにボケて無い・・

素敵なカメラなのでしょうね

今年も宜しくお願いします

【2014/01/07 06:17】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
これはどんな評価がなされてるのかしら・・・美挙?愚挙?
手元の本には「御所すらできてない福原へ強行遷都・・・」とあります。
高倉帝、安徳帝、後白河院は平家一門の邸に仮泊(つまり居候)したとか・・・
江戸川柳が一句でてきます。
  ”新都では海ばっかりを諸卿ほめ”
社交上手の公家たちも海の景色しか賞めるものがなかった・・・
【2014/01/07 06:03】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
お孫さんの誕生、心から祝福させていただきます
将来が楽しみですね

追求を重ねていくうち、平清盛という人物が
如何に偉大な政治家であり起業家であるか、が伺えます
資本主義の末端にいた私は、特に商才を崇める存在です

発掘が困難な場所ですが、福原京跡も
いつかは明らかになると信じます
【2014/01/07 06:02】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
立派な記事にしていただき、ありがとうございます♪ 
清盛はんも喜んでいます(笑)。

神戸に生まれ育ちましたが、祇園神社に出かけたことはなく、
雪見御所跡も、そんなのがあるらしい、という程度でした。
ご一緒に回れて、私のほうがありがたかったです。

それにしても、都をすぐに京に還し、その後すぐ平家が滅亡する……
現世のはかなさを感じ、平家物語のもの悲しさが胸に迫ります。

などと言いながら

お地蔵さまのような、
かわいらしい赤ちゃんのご様子を想像しています?

【2014/01/07 00:02】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

神戸の街は、祇園神社からこんなに見通しがいいですね。
福原京跡というのは、謎めいていて、かえって魅力を感じます。

お孫さまと会われたのですね。
可愛いでしょう。。。すやすやねんねされておりましたか。
寒さはこれから本番ですが、少し歩かなくてはと思いました。。。
【2014/01/06 21:50】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。

うらやましいですねぇ。神戸を歩いたの
ですね。一度訪ねはしていましても、
神戸での滞在はごく局地的で、短時間で
ありました。平清盛。大輪田泊や福原京。
大きな歴史の舞台でもあった神戸ですねぇ。

【2014/01/06 18:41】 | 地理佐渡.. #sSqUD4QU | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5871-25b4bec7