横浜三渓園・聴秋閣の紅葉

2013.12.03(20:46)

三渓園・聴秋閣131202

 聴秋閣というこの建物は、稲葉家下屋敷にありましたが、その後公爵家の二条邸に移され、古建築保存のために原三溪に寄贈され、三渓園に移築されました。その前は江戸城にあったとか、二条城にあったとか諸説あるようです。
 ご覧のように、誰が見ても変わった建て方の建物ですが、紅葉を背景に眺めると、周囲にとけ込んで美しい。

 原三溪は明治・大正期の実業家で、生糸貿易で財産を築きましたが、その私財を文化・芸術の保護・育成や、関東大震災からの復興に投じた文化人です。三渓園には、17棟の古建築物が移築され、「聴秋閣」はその代表的なものです。

 上の写真は昨日12月2日の撮影ですが、本日は九品仏の浄真寺で、ぼくとしては今年最高の紅葉に出会うことができました。ようやく紅葉への飢餓感が払拭されました。
 来週は半ば頃に遠征の予定があり、その前に見ておきたい美術展がまだあります。そんなふうに出歩いてばかりいるので、写真の整理、ブログの更新がなかなか進みません。
 本日もまた一枚だけですが、聴秋閣と紅葉の明るさ、色彩のバランスがまずまずだと思いますので、お楽しみいただければよい、と思います。また、原三溪さんについてはたびたび触れていますので、憶えていただければ幸いです。
コメント
一枚の写真に込められた意味の様なモノを感じます。

良い景色ですね。
【2013/12/04 13:07】 | ななごう #- | [edit]
三渓園はよく目にしますが行ったことがない
のです。
建物が少し変わっていますね。

紅葉と建物のバランスがさすがです。

今年の紅葉は心配していたより綺麗でした。
【2013/12/04 10:37】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。
三渓園の紅葉と聴秋閣の建物が融け合って
すごく美しい~ものです。
アングルも見えてきて全体に創造めぐらしました。
【2013/12/04 09:59】 | ころん #- | [edit]
聴秋閣の紅葉に間に合ったようですね。
昨年(一昨年だったかな?)屋根を葺き替えて、背景とバランスが悪かったのが、今年は幾分良くなっているようですね。
このような写真の撮り方はディックさんに追随できませんから、楽は違う被写体探しに努めます。
【2013/12/04 06:57】 | #M8XIDdVw | [edit]
おはようございます。

やっとディックさんの思う紅葉に出会え
たとありました。良かったですねぇ。12
月のこちらは、秋と言うよりはもはや冬
ですねぇ。

【2013/12/04 06:50】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
紅葉への飢餓感という表現が
ディックさんにふさわしく思っております
昨年見たからそれでいい、という妥協ではなく
常に新鮮なものを追い求める若さのようなものを感じます

今日もまとまりのある作品をありがとうございました
【2013/12/04 06:13】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
これはまた美しい……

聴秋閣のこの建具は、普通の障子ではないのでしょうね。
軒が浅いから、障子だと雨が降ったらすぐに破れますもの。

でもこの軒の浅さが、この建物の良さなのでしょうね。唐風な、あっけらかんとした感じがあります(笑)。
【2013/12/04 00:25】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

聴秋閣、秋が入っておりますので、
新緑も見事ですが、紅葉にしっとりととけ込んでいますね。
特に、2階の窓は、風流感あふれておりまして目を惹きます。

紅葉を愛でるという文化の国におりまして嬉しいです。
やはり紅葉見ずして年を越せないという、
ところに落ち着きそうで、浄真寺でのこと愉しみにしております~♪
先ほどは、ありがとうございました(*_*;~!!
【2013/12/04 00:07】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。
三渓園は四季いつ行ってもいいですね。
こういうところが近くにあるのはいいですよね。
建物と紅葉がすごくマッチしています。
今年最高の紅葉のお写真も楽しみです。
【2013/12/03 22:32】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5782-c0e55b19