九份 〜 山中の階段の街

2013.11.03(08:40)

【九份から基隆港を臨む】

九份から基隆港を臨む131022

 ガイドの陳さんの説明と Wikipedia の記述とを参考にしつつ、九份(きゅうふん)の街の様子を紹介したいと思う。
 九份は、台湾北部の港町 基隆(Keelung)市から、山のほうへ狭い道をどんどんと登ったところにある山間の町である。
 九份は台湾の一寒村に過ぎなかったが、19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、日本統治時代にその最盛期を迎えた、のだそうだ。
 鉱山施設や黄金博物館などの施設と日本統治時代の建物からなる「金瓜石黄金博物園区」が整備されていておもしろいが、それはまたいずれ紹介したい。
 九份は、しかし第二次世界大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山されてから急速に衰退し、人々から忘れ去られた存在となってしまったのだった。


【九份の町並み】

九份の町並み131022

 ところが、1989年に『悲情城市(A City of Sadness)』という台湾映画が大ヒットしたのだそうだ。
 ガイドの陳 さんによれば、台湾人なら誰でも知っている映画だという。
 九份はそのロケ地となったことで再び脚光を浴びるようになった。
 若者たちが九份に押し寄せ、メディアが取り上げ、これは行けそうだぞと町興しの気運が盛り上がる。
 ここから観光地化が始まった。


【狭い街路と階段の両側にひしめく商店街】

九份は階段の街131022


九份の商店街131022

 現在では街路の両側にレトロ調で洒落た喫茶店や茶藝館(ちゃげいかん)、みやげ物屋などが建ち並び、週末には台北などから訪れる多くの人々で賑わうそうだ。
 狭い道や階段の両側に、小さな店が建ち並んでいる様子には、日本人の目から見るとちょっと呆れてしまうのだが、そこへ追い打ちをかけるように、『千と千尋の神隠し』のモデルになった町と紹介された。


【湯婆婆の館】

湯婆婆の館のモデルと言われた建物131022のコピー

 『千と千尋の神隠し』は台湾でも人気があって、大勢の人が見ている、と陳さんは言う。
 この騒ぎでまた、一般の観光客への知名度が一躍高まった。


湯婆婆の館2131022

 宮崎駿さん本人はモデル地である事を否定していて、九份が実際にモデルとなったことを示す公式資料も全く存在しない、という。
 しかし、ここは観光地。話題になればなんでもよいのであって、海の眺め、街路の様子は一見の価値がある。
 これほど高い山の中にできた街。廃鉱の町。台湾らしい賑わい。日本ではなかなかみられない光景に驚く。
 階段道の反対側の郷土料理のレストランで食事をし、そのベランダから撮影している。
 湯婆婆の館のモデルだと紹介された建物だ。


湯婆婆の館前の階段の道131022

 見下ろすと、狭い階段を登り降りする人たちが見える。
 モデルとなったという話が事実でなくてもよい。ここが、こんなにきれいな海を眺められる高い山の中の景色だとわかると、観光地としての人気が出るのは「なるほど…」と納得するのである。
 近くには廃坑の施設も再現され、人気を集めている。


九份の階段を登る131022

 この階段…、ここへ住むのはちょっとやめておきたいが…。


 昨日は長男が三重から帰ってきたので、かみさんと次女と四人で、肺炎で入院していた義父の見舞いへいった。
 かなり恢復してきて元気だった。
 帰りに新横浜の「星乃珈琲店」に立ち寄りスフレを注文し、珈琲タイム。カップに入れられた星乃珈琲の写真を撮り、楽天優勝の前祝いをしたが、空振りになって閉まったので写真は掲載しない(笑)
コメント
確かに湯婆婆の館です!
「千と千尋」を観たときは
あまりの怪しさに胸がどきどきしました。
画像を見せていただいても、
一本道を間違えると
永久に出てこれないような怪しさがあります。
それが町のエネルギーでもあるのですよね。
【2013/11/05 01:27】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
FREUDE さん、
港町で日本とも関係が深い。神戸との間に定期航路もできていた。
ググってみると、歴史上いろいろなところに基隆の名前が出てきますね。
【2013/11/04 09:19】 | ディック #- | [edit]
湯屋の様子がよく似ていますね
理由があって否定なさっているのでしょうけれど
雰囲気を感じます

今、西東三鬼の「神戸」を読んでいます
基隆市長を夢見る青年、基隆が
登場人物で現れております
【2013/11/04 08:04】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
hirugao さん、
今回の台湾旅行は、台北市内とその近郊に限られています。九份は、ツァー専用バスで台北市内から1時間と少しくらいの距離でした。
【2013/11/03 22:50】 | ディック #- | [edit]
YIMI さん、
本土のほうのは、国立博物館平成館で故宮博物館展というのを見ましたが、台湾の展示品は想像したのをはるかに超えていました。時間があれば、一日かけて見たい、と思いました。
ツァーの旅行はいわば下見旅行みたいなもの。気に入ったところをもう一度じっくりと見たいですね。
【2013/11/03 22:33】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

>湯婆婆の館

もう、そっくりですねぇ。
宮崎さんの否定はともかくとして
見ただけなら大ありですよ。
現場で僕も見てみたいですねぇ。

【2013/11/03 21:19】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
台湾は行きたいと思いながら、まだ未踏の地です。
中国本土の故宮よりこちらの方がすごいものがたくさんあるとか。
いつか行ってみたいです。
【2013/11/03 19:25】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
台湾へ行きたいと思うものの何を見たいのか
わからない。

でもあの提灯の建物の写真はよく似ていますね。
「千と千尋の神隠し」の場面に。
どちらにしてもこれから楽しませていただいて・・・
それから来年に行けたらいいかななんて考えています。
【2013/11/03 17:02】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
楽天おしいところで負けましたね。
広島県では知事が美味しいをおしいとPRしています。
台湾へ旅されたのですか。
3日もいれば胡椒が花につきますが10日もすればなれます。
そこから食べ物がおいしいに変わります。
【2013/11/03 15:10】 | 自然を尋ねる人 #zmDakbwk | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5707-f2d6f85e