FC2ブログ

秋のクイーンエリザベス

2013.10.28(20:00)

クイーンエリザベス131028

 秋バラというのは、春と同じように美しくたくさん咲かせるのはむずかしい。花の大きさも小型になりがちです。
 わが家のクイーン・エリザベスは父の代からの引き継ぎなので、しっかりと根付いて幹も太い。
 咲き始めは「やはり秋はだめか…」と思いましたが、かなり大きな花を咲かせました。春のようにこの大きさの花を次々と…、というわけにはいかないでしょうけれど、さすがにクイーンの風格を漂わせています。

 25日に聴きに行った横浜バロック室内合奏団の演奏会の感想を「ディックの本棚」に載せました。
 クリックして下さい → 横浜バロック室内合奏団・第68回定期演奏会
 クラシックには興味がない、とおっしゃる方も多いでしょうが、バロック音楽というのは一般に思い浮かべるクラシック音楽とは、また別物です。協奏曲の一曲がせいぜい8分〜12、3分と聴きやすい。イタリア・バロックはとくにメロディがよく謳います。親しみやすく憶えやすい。聴かれたことのない方は、ヴィヴァルディの曲などを試しに聴かれてみることをお奨めいたします。
コメント
これはまた、格別に風格のある一輪ですね。
秋バラを咲かせる難しさ、実感しています。
春のバラは、湧き出るように(笑)咲きだしましたが、秋バラにはその勢いがありません。季節の違いでしょうから、その違いも大切にしないといけませんね。
【2013/10/29 23:00】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
クインエリザベス。
秋に咲くお花は、しっとり感があると思います。
クラシック音楽が奏でてる雰囲気に感じました。
【2013/10/29 12:27】 | ころん #- | [edit]
綺麗な色ですね。
ディックさんのおすすめの大江戸釣客伝をタスマニアで読みました。
とても面白かったです。
今度はバロックを聞いてみようかと思います。
【2013/10/29 06:37】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
陰影を美しく表現されていらっしゃいますね
花弁がとても魅力的です

バロックが歪んだ真珠なら、現代音楽はどう訳せばいいのでしょうね
均整のとれた計算しつくされたバッハの音楽が
とても生活苦で書いたとは思えない仕上がりです

同じ曲を500回も書いた、と悪評の残るヴィヴァルディですが
私はちっとも飽きずにいます
【2013/10/29 05:44】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こんにちは。
クラシックの詳しいことはよく知りませんが、聴くのは大好きですよ。
ビバルディも好きですし、モーツアルトもブルックナーも。
通勤時のウォークマンにクラシックがたくさん入っていますし、たまにLPレコードでも聴いています。
【2013/10/28 21:33】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5697-bf2b14d3