FC2ブログ

比叡山へ登る

2013.07.11(21:15)

ケーブル坂本駅のケーブルカー130529

 一般の観光客が比叡山に入るにはふつう二つのルートがある。
 1. 京都方面からバスなどを利用するルート
 2. 坂本からケーブルカーで登るルート
 ぼくは坂本からのルートにこだわった。
 なぜなら、叡山で修行を終えた老僧が里房を構えて隠居生活を送るのは坂本の町だからだ。


ケーブルカー内からロープウェイ坂本駅130529

 ケーブル坂本駅とケーブル延暦寺駅の区間を30分に1本の間隔で、比叡山坂本ケーブルが運行されている。
 小雨降る5月29日水曜日の朝、乗客はせいぜい数人のみだ。


ケーブルカー内から琵琶湖を眺める130529

 ケーブルカーの車窓から登ってきた線路沿いの景色を撮影すると、実感ではかなりの斜面でも、撮れた写真はほとんど高低差が感じられない。
 だから、少し横を向いて、電車の内部と、線路と、横から下方にかけての景色を同時に写し込むのがよさそうだ。


霧に霞む麓の町130529

 ケーブルカーの路線からして、坂本の町は右下方に見えるはずなので、見えているのは琵琶湖と坂本の町ということで間違いないと思われる。


ケーブルカーのすれ違い130529

 ケーブルカーがすれ違うのは、全線のちょうどまん中ということになる。
 毎時0分と30分に、坂本駅からの上りと、延暦寺駅からの下りが、同時に発車しているのだ。
 背景の町と琵琶湖も写し込んである。


霧に霞む琵琶湖130529

 いまはケーブルカーで一気に登ることができるが、昔の修行僧は歩いて登ったはずだ、と思いをめぐらす。
 高度が上がるにつれて、霧が少しずつ濃くなってくる。
 残念だが、この日は比叡山からの景色は望めないと諦めた。その代わり、霧の比叡山という被写体がぼくを待ち受けていた。


霧に霞む木々の中を歩く130529

 延暦寺駅へ到着すると、何度も来ているらしい数人の女性客はさっさとケーブルカーを下りて歩き始める。
 ぼくは乗務員に声をかける。ケーブルカーの傾斜角度を尋ねてみる。
 最大18度くらい、だそうだ。実感ではもっとずっと急角度に感じていた。
 小雨に備え、撮影のしやすい身拵えを整えてから歩き出す。


霧に霞む木々の中を歩く縦130529

 このような林の中、ほかに誰もいなくなった道を、とぼとぼと一人で歩いて行く。雨の平日は、こんなに観光客が少ないのだろうか。
 歩いていくと、霧はますます深くなるように感じられる。


厚くなる霧130529

 これはたいへんな日になりそうだ、という予感がする。
 傘を差していても、ウインドブレーカーがじっとりと湿っぽくなる。


これより延暦寺寺域130529

 延暦寺の文字が見えて、ここで500円を支払うが、寺域は3エリアに分かれているので、チケットはなくさないよう気をつけなければいけない。
 坂本の慈眼堂で受けた説明によると、延暦寺という名前の寺はないのだ、そうだ。比叡山にたくさんのお堂があって、総称して延暦寺と呼ばれているだけだ、という。
 憧れの比叡山は、深い霧の中でのお堂巡り、ということになった。
コメント
比叡山へは、父が車いすを使い始めたころに登りました。娘はまだ五歳ぐらいだったかな。夏の暑い日でした。
霧にかすむ琵琶湖も美しいものですね。
むしょうにゆっくりと旅したくなりました。

比叡山にしろ高野山にしろ、かつては団体客がバスを連ねてやってきたのでしょうね。
大勢を収容できるように構えが大きいですが、今はあまり人通りがなく、それがかえって自分の小ささを思わせて、仏教のありがたさを実感します。私だけかもしれませんが(笑)。
【2013/07/12 22:51】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
まずこういう時に出会えるのは珍しいのかもしれませんが

とてもいい雰囲気ですね。
霧へのあこがれがあるのかもしれませんね。
ブログを始めてからは行っていませんが
なかなかの建物でした。


【2013/07/12 10:15】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
霧の延暦寺は雰囲気がありますね。
中学生時代に修学旅行で行っただけですから、いつかはもう一度じっくり訪れてみたいお寺です。
続きを楽しみにしています。
【2013/07/12 07:52】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
いつも車で行動する私は、
たまにはケーブルカーなどに乗ってみるべき、と
感じました

数値で18度というと大したことがないように
思えてしまうのですが
十三湖から竜飛への道や恐山への12度は
恐ろしいくらいの急峻な坂でした


【2013/07/12 07:16】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こんばんは。

霧の叡山。霧と木立だけではなく
堂塔と霧という取り合わせも又有
りでしょう。

久しく行っていないです。叡山。

ただ、気になるのは逆に高野山
ですねぇ。あちらには行ったこと
がないのです。

【2013/07/11 22:41】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
こんばんは!
3枚目の写真が好きですが、なかなか山の霧の中は怖そうな雰囲気がします。
さて「空見日和Ⅱ」を発行することになりました。またどうぞ宜しくお願いします。
【2013/07/11 22:31】 | 空見 #- | [edit]
霧がいい効果をだしてますね。「蜘蛛巣城」を思い出します。
ホボクは何年か前に京都側から近くまで行きましたよ。
http://bacchu614.exblog.jp/10083426/
師走でした。ケーブルカーは運休でした。
風の噂では織田信長の延暦寺焼き討ちを恨んで今でも安土と比叡山は手打ちをしてないとか。
本当だとしたら相当な遺恨ですよね。
会津と長州は何年か前に和解したんですよね。
【2013/07/11 22:17】 | 小肥り #8noTA2oo | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

すてきなひとり旅、
小雨降るなかの、比叡山参りだったのですね。
ゆっくりと訪れてみたい気持ちが強くなりました。

下から5枚のお写真が幻想的です。。。
特に、下から4枚目の雰囲気が好きです。。。
飛んできました^^先ほどはありがとうございました~♪
v-22
【2013/07/11 21:55】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。
私も坂本から登りました。
比叡山、多くの僧侶たちが修行した場所、最澄と空海の仲たがいの話など、いろいろ思い出します。
神秘的というか少し怖い感じですね。
このあともすごく楽しみです。
【2013/07/11 21:47】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
こんばんは
一度は訪れてみたいと思っています。
霧の中道に迷ってしまいそうですね。
【2013/07/11 21:23】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5544-d7ed8c46