旧古河庭園の洋館(5月16日)

2013.06.10(18:39)

旧古河庭園洋館前庭より130516

 陸奥宗光がもっとも活躍したのは第二次伊藤(博文)内閣の頃と言われているようですが、ここには陸奥宗光の本邸があったそうです。
 陸奥宗光の次男が古河財閥(現・古河グループ)の養子になったとき、この土地は古川家の所有となり、1917年(大正6年)に洋館と洋風庭園が設計されたそうです。
 設計者はジョサイア・コンドル。
 ジョサイア・コンドルの名前は、当ブログで何回も出てきていまして、三菱一号館美術館旧岩崎庭園洋館旧島津公爵邸などの写真を紹介しています。(クリックすると記事と写真が出てきます)


旧古河庭園洋館130516

 駒込駅から徒歩およそ10〜15分くらい、昨年この近隣の「六義園」を訪れたときから、ぜひ一度訪問したい、と思っていました。ここはバラ園が有名で、どうせならバラの時季に…、と5月16日に出かけました。
 お客様の数がとても多くて、日傘をさして歩かれるのにはちょっと困りました。女性がおしゃれな日傘を使われるのはよいのですが、男性がこうもり傘のようなものを開かれますと、もう写真になりません(笑)


旧古河庭園・バラと洋館130516

 写真の前庭とは別に、南方の斜面にバラ園があります。
 ここのバラ園は品種も多く、たいへん充実しています。
 たとえば、横浜・イギリス館のバラ園ですと、バラの前に芝生スペースがあり、柵があり、バラの香りを楽しむことができませんが、ここはそれができます。パラ園は見るだけでなく、香りを楽しめるということがとても大切です。
 何回か紹介している「日大生物資源科学部・バラ園」もバラとお客様のあいだを隔てる柵はありません。


バラと洋館・旧古河庭園バラ園より130516

 バラはみなさんももう食傷気味でしょうから省略します。
 ぼくもこの日は別の目的がありました。王子駅に近い飛鳥山公園の「渋沢資料館」を見学することでした。そちらはまたいずれ紹介します。
 ところが、ジョサイア・コンドルの洋館とバラ園で有名な旧・古河庭園は、けっしてこれだけではなかったのでした。


旧古河庭園の日本庭園130516

 広大な日本庭園が付属していまして、これは京都の庭師・小川治兵衛さんが作られ、大正時代の名園だと言われているそうなのです。
 こちらも、またいずれあらためて紹介させていただきます。

 --------------------------------

 日米の株式や長期金利、外国為替が乱高下しまして、振り回されております。琵琶湖周辺への旅行中に日経平均の下落が始まったのでした。
 梅雨を迎えて草むしりなどにもかなりの時間が掛かり、かみさんが忙しいのでスキップの散歩やら庭の水遣りもしなければなりません。スポーツジムへ通う回数を増やす一方、溜まったビデオ録画も消化しないと次の録画ができません(笑)。同時に5、6冊の本を併行読みしていたり、ニコラ・テスラ、渋沢栄一、ラファエロなど興味を出して調べ始めたりすると、もうあれやこれやと手の出し過ぎで、収拾が付かなくなっております。昼食をとれない日もあるほど…。
 ブログを休んでしまえばある程度時間を作れますが、本日6月10日にようやく5月16日の行動を記録しているようでは、休んだりしたらますます悪循環を増幅する懸念があります。さすがに、過去10日間、カメラを持って出かけたのは根岸森林公園一周一時間だけでした。
 

 
コメント
バラ園には柵はあってはいけないですね。
香りと色がバラバラに感じられる設計は
描いただけの絵にしかなりません。
お金が沢山あるということ、
どうしたらお金が儲かるかはさておいて
素晴らしいものが手に入るということ、
納得しました。
【2013/06/12 20:36】 | 自然を尋ねる人 #zmDakbwk | [edit]
おはようございます
旧古河庭園はバラがきれいに咲いてますね
バラと洋館似合いますね
日本庭園素晴らしいです
【2013/06/12 09:42】 | たなちゃん #c7SWrKlU | [edit]
こんばんは。

のんびりと風景を楽しみながら
一時を過ごしたい。そんな場所です。
色々忙しい。それもこれも仕事では
ないのがうらやましいです(大笑)。
それにしましてもブログにアップす
る写真。当方も三日ごとの更新です
ので、もう一月前の写真なんてざら
になっています(困)。

【2013/06/11 19:53】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
2,3,4,5、素敵に撮られていますね。
二枚目、特にいいですね♪

マクロ写真ばかりで視野が狭くなって肩が凝っています。^_^;
【2013/06/11 12:40】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
こんにちは
さすが横浜、こちらでは味わえない光景です。
楽しませて頂き有難うございました。
【2013/06/11 10:44】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
どっしりした建物にとても優しい薔薇が
よくに合っていますね。
建物に色がない分薔薇の赤が素敵です。

なんだか本当に毎日が忙しくて少し
調節しなくては・・・
と思っています。
ディック様の中身は凄すぎます~
【2013/06/11 09:46】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
旧古河庭園、六義園、渋沢資料館は、私達の「歩く会」で見学しました。
もっとも、1月の寒い時期でしたので、花は全く無し。
もっぱら歴史の勉強でした。
【2013/06/11 07:59】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
駒込に住んでいた頃行った記憶がありますが、40年前には趣味も違い、印象は薄いです。
【2013/06/11 06:10】 | #M8XIDdVw | [edit]
食傷気味、とのご謙遜ですが
撮影がすばらしく、楽しみにしております

2つのブログを連日更新するためには
時に、かなりの時間を犠牲にすることがあります

特に随筆ブログは固定客様がいらっしゃるので
停止する訳にいかない、と
自分に言い聞かせてライフワークにしております

【2013/06/11 05:49】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
デイックさん お早うございます(*^^*)

旧古河庭園・・名前は聞いた事がありますが入った事はありません

立派な洋館  手前の花が引き立ちますね
写真 相変わらず素敵です

昨日は有難う御座いました
【2013/06/11 05:06】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
洋館と薔薇って、雰囲気がぴったりですね! 
って、YUMIさんと同じ感想になってしまいました。決してぱくったわけではないのですよ(笑)。

最近は男性も日傘をさすようですね。
昭和初期まで、男性もパナマ帽をかぶったり
こうもり傘をさしたり、なかなかおしゃれでしたね。
ステテコもおしゃれになってリバイバルしていますし、今はおもしろい時代です。
【2013/06/11 00:19】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
外壁の造りと色、屋根の色と相まって趣がありますね。
他の洋館とは異なり重厚感があります。
日本庭園があるのは知りませんでした。
【2013/06/10 23:42】 | 山ぼうし #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

瀟洒な洋館と薔薇、似合いますねぇ~♪
下から2番目の、赤い薔薇のアングルが好きです~♪

ほんとうにお忙しく、素敵に過ごされて、
宝石のように輝くお写真を拝見させていただくのが楽しみです。
先ほどは、ありがとうございました~♪(#^.^#)
【2013/06/10 23:07】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。
毎日が興味で充実しているようで良いですね、傑作写真もどんどん溜って、嬉しい悲鳴?(笑)
【2013/06/10 22:49】 | 空見 #- | [edit]
小肥り さん、
日本の歴史遺産で、さほど遠いわけでなし…、料金もさほど高くないですから、その気になって腰を上げるかどうかですよ。
【2013/06/10 21:53】 | ディック #- | [edit]
YUMI さん、
鎌倉文学館はちょっと狭いですね。だからバラもそうたくさんはないだろうなと、San Poの会で立ち寄ったときに思いました。
旧古河庭園はかなりのスペースをバラにも使っています。
【2013/06/10 20:02】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
お忙しいですね。

薔薇と洋館はよくあいますね。
鎌倉文学館のバラ園もそういう意味でよいようですが、バラはたいしたことないと友人がいっていました。
コンドル、懐かしい名前です。
【2013/06/10 19:48】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
東京の庭園はよろしい。
大都会には珍しいぐらい緑が多いですからね。
江戸時代の各藩の江戸藩邸が残ってたからですね。
昔ながらの和風の建物もいいが
クラシックな西洋建築もよろしい。
岩崎邸、前田邸・・・行ってないなあ。
ここも行ってまいなあ・・・。
【2013/06/10 19:45】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5497-2378493e