5月初旬の庭(5月6日〜5月10日)

2013.06.03(21:30)

庭の不明の花130504

 ひとつだけ、昨日の積み残しで、5月4日の写真です。
 じつは、これが何の花なのかわかりません。一見して、とても地味ですが、よく見ると味わいがあるような…。


【センチメンタル】

赤の多いセンチメンタル130506

 上は5月6日、下は5月7日の撮影です。
 まるでツバキのようなバラ。1997年に米国で作出されたフロリバンダ(FL)系のバラ。
 次々と咲いた中で、とくに赤い部分の多かった花を紹介しようとしています。


赤の多いセンチメンタル縦130507

 近くに、昨日紹介したアングロステンマが植えられていて、それが画面に入っています。


【陽に輝くバター・スコッチ】(5月7日)

陽に輝くバタースコッチ縦130507


【夕刻のバター・スコッチ】(5月8日)

夕刻のバタースコッチ130508

 夕刻、陽が翳るとバラは表情が変わります。


【夕刻のシャポー・ド・ナポレオン】(5月8日)

夕刻のシャポー・ド・ナポレオン130508

 オールド・ローズです。
 花はたしかにシャポー・ド・ナポレオンですが、5月10日に日大生物資源科学部で確認すると、つぼみがどうもそれらしくない、とわが家で問題になりました。
 しかるべき業者から苗を購入したので、間違いはないでしょうが、バラもいろいろと個体差があるようです。


【開花が進むルイーザ・ストーン】(5月9日)

背丈の低いルイーザ・ストーン130509

 ピエール・ド・ロンサールがどんどん伸びて高く這い上がるのに対し、ルイーザ・ストーンはせいぜい背丈が3、40cm 程度。その代わり、とてもよい香りがします。
 ちなみにピエール・ド・ロンサールには香りがほとんどありません。
 フロリバンダ系(FL)、1997年に英国で作出されたバラです。


【シラー・ベルビアナ】(5月9日)

シラー・ベルビアーナ130509

 おしゃれな西洋風花壇に似合う花、シラー・ベルビアナです。
 ユリ科またはヒアシンス科で、シラーと呼ばれるたくさんの園芸種があります。
 おそらく一番知られているのがこのシラー・ベルビアナでしょう。


【ピンクと白のアングロステンマ】(5月9日)

ピンクと白のアングロステンマ130509

 昨日紹介したアングロステンマには、白い色の花が咲くものもあります。


【バター・スコッチの魅力】(5月9日)

バター・スコッチの魅力130509

 個人的に、このような色合いに見えるまだ開ききらないバター・スコッチに魅力を感じます。


【咲きはじめたユキノシタ】(5月9日)

咲きはじめたユキノシタ130509

 5月9日頃、「あれ、ユキノシタが咲きはじめた」と気がつきました。
 こちらは北東向きの、午前中の一部しか陽が当たらない花壇です。


【咲き進むピエール・ド・ロンサール】(5月10日)

咲き進むピエール・ド・ロンサール130510

 バラの写真が多くなっておりますが、5月7日頃から5月20日頃までがわが家のバラの最盛期でした。
 毎日、しかも午前と午後で庭の雰囲気が変わっていきます。上の2週間くらいは、ほんとうにすごかったのです。

コメント
椿に似た色のバラがあるとは!
バラもよいですが隙間を埋めるユキノシタの花
良い具合に入れられましたね。
それよりも娘さんとの山登りこれが最高です。
私は娘がいませんので孫に期待したいです。
【2013/06/05 12:29】 | 自然を尋ねる人 #zmDakbwk | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

もう千紫万紅の園にうっとりです。
やはりバタースコッチに目が行きまして、
この渋い色合いは、大人の薔薇を想わせますね。。。

チョウジソウはお星さまのよう^^、
このユキノシタの可愛さにははまってしまいました。
こんなにチャーミングなお花だったのですね。。。
いつも、ありがとうございます(#^.^#)~♪
【2013/06/04 15:46】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんにちは
薔薇のお庭・・素晴らしいことです、
午前と午後の顔が違う庭・・そのようにお手入れの賜物です。
バラの名がそれそれにふさわしく思えて来ました。
【2013/06/04 11:59】 | ころん #- | [edit]
素晴らしいバラの花には奥さまのそう言う努力があったのですね。

ピエルさんの誘引がいいですね。
実はバラ苦手なhirugaoですがミニバラだけは買うのです。
今回は?
また写真を載せます。
【2013/06/04 10:37】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
またバター・スコッチが見れて嬉しいです。
特に夕刻のばたー・スコッチすてきですね。
でも、センチメンタルも、また別の大人の魅力という感じです。
最初のお花、私もチョウジソウだと思います。
【2013/06/04 08:25】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
最初の花は「チョウジソウ」だと思いますが、前の方のコメントにもありましたね。
【2013/06/04 07:52】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。
一枚目のセンチメンタル椿の花かと思いました。
たくさんの薔薇が咲き競っていますね。
【2013/06/04 05:54】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
お庭は、いろんな花が溢れているのですね。
ユキノシタの写真を見せて頂き、マクロで撮りに行きたくなりました。
【2013/06/04 05:46】 | #M8XIDdVw | [edit]
バター・スコッチ…
チェルシーという飴があったように思いますが
バタースコッチのこんな色でした

比べてセンチメンタルの色は
感傷と言うより情熱に感じました
国が変われば、言葉の概念が変わるのでしょうね
【2013/06/04 05:24】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
次々と咲くバラの花、本当にディックさん宅の庭を他の方に見て頂きたいです。
立派に咲いて居ます。
とにかく手入れが効いて居ますね。
花に囲まれた生活、優雅です。
【2013/06/04 03:14】 | ななごう #- | [edit]
私も、夕刻のバタースコッチが好きです。
お日様に当たるより、少し陰ったなかで
撮影した方がバラは美しく見えますね。

ユキノシタってこんなかわいいお花なのですか。
なんだかおちゃめな感じです。
お花、きっと小さいのでしょうね。

ピエール・ド・ロンサールは、緑とのバランスがすばらしい。

こんなお庭だといやされますね。
【2013/06/04 00:45】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
ディックさんこんばんは。
冒頭の花はチョウジソウ(丁字草)だと思います、当方のは野生ですが↓お宅のは改良した栽培種かもしれません、いずれにしてもお仲間でしょう。
http://blog.goo.ne.jp/decollo07/e/5e59931099754240c3ab1062d4f4d72d

【2013/06/04 00:30】 | 空見 #- | [edit]
YAKUMAさん、
バラはそういうことがよくあるのです。過去に何度も失敗しています。かみさんはNHK主催のバラの教室に通ったのがよかったようです。
【2013/06/03 22:28】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
お花がいっぱいで、楽しいお庭ですね。
バラの花も綺麗に咲いていて羨ましいです。
我が家のただ一株のバラは、蕾をたくさん付けましたが、花開く前に枯れてしまったようです。
どうしてかな?と悩んでいます。
【2013/06/03 21:41】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5476-c4e072f1