伊藤博文金沢別邸と隣接の牡丹園

2013.05.08(18:25)

伊藤博文金沢別邸客間と居間130412

 京浜急行金沢八景駅から徒歩5分程度のところに野島という島があり、中央部標高57m の野島山とその北東側が野島公園という公園になっています。
 海岸に面して、旧伊藤博文金沢別邸があります。明治31年に建築されたものを、横浜市が解体・修理・復元したものです。伊藤博文は年に1、2回程度しか使わなかったといいますが、ここには愛着を持っていたそうです。
 伊藤博文が井上毅らと明治憲法の起草作業を行った場所は、夏島別荘(現横須賀市夏島に建てられていた伊藤博文の別荘)のほうで、本邸と明治憲法起草とは直接的な関連はないそうです。
 夏島は野島公園の展望台から見える工業団地の中のようですが、行けるのであればよく調べた上で一度訪れてみたい、と思います。

 上の写真、右が客間棟、左が居間棟。


伊藤博文邸から眺める夏島130412

 正面に見えるのが夏島です。周辺は埋め立てられて、工場群となっています。


伊藤博文邸から海の公園方面を臨む

 手前が居間、右奥が客間棟、その向こうの海岸は金沢漁港で、その陰が「海の公園」となっています。横浜市内で唯一海水浴場が有る海浜公園ですが人工砂浜です。


伊藤博文金沢別邸居間の前庭から客間を眺める130412

 上の写真よりも少し客間棟の様子がよくわかるように角度を変えています。


伊藤博文金沢別邸金屏風130412

 客間の金屏風。伊藤博文本人の自筆で、宋学の始祖と言われる周惇頤の「愛蓮説」を書いたものだそうです。
 「汚泥より出でても染まらず」とは、よい言葉です。


牡丹園から見た伊藤博文金沢別邸130412

 伊藤博文邸の隣には「牡丹園」があります。
 この牡丹園はかつて野島にあった永島家の牡丹園を復元したものだそうです。(永島家は江戸時代初めに金沢に移り住み、新田開発を始めてから約200年後にその頃に当主が製塩業等で成功したのだそうです。同家は伊藤博文金沢滞在中の世話係などを務めて親交があったとのこと)
 
 写真は、牡丹園からみた伊藤博文邸。 


緋の司130412

 以下、ボタンを少し紹介します。
 品種は単に牡丹園の札の解説を書き写したものです。
 上は「緋の司」。
 先ほどの自筆の金屏風「愛蓮説」では、「牡丹は花の富貴なるもの」と表していて、「しかし自分は蓮を愛する」としています。「蓮は汚泥より出でて染まらず、真っ直ぐに清く玩(もてあそ)ばれない。花の君子たるところを愛する」のだそうです。


越後獅子130412

 上は「越後獅子」。


島錦130412

 上は「島錦」。


聖代130412

 上は「聖代」。

 この日(4月12日)は横浜公園でチューリップを楽しんだ後、京浜急行で金沢八景駅まできて、平潟湾を左に眺めながら野島公園への夕照橋を渡りました。野島山へ登って展望台の眺望を楽しんだあと、海岸へ下りてきて、伊藤博文邸までやってきました。帰りは「野島公園駅」からシーサイドラインに乗って新杉田駅経由で帰宅しました。



コメント
こんばんは
ボタンの花が綺麗ですね。
野島には行ったことがありません。
同じ横浜でも、あまり行かない地域の一つです。
何時かゆっくり行ってみたいです。
【2013/05/09 19:06】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

今回もギュッと詰まった歩きをされたのですね。
旧伊藤邸、知りません所ばかりです。
牡丹園から眺めるお屋敷の雰囲気もいいですね。
この客間の画像は、デイックさまでしか表せないです。

艶やかな越後獅子と聖代を目にしますと、牡丹を見に行きたくなりました。
こちらはスカッとしています。ありがとうございました~♪
【2013/05/09 14:02】 | 紗真紗 #- | [edit]
写真2枚目正面中央の小高い山が有りますね。山の下の処には、石器時代の遺跡が有ると書いて有りますね。
その山の先の信号を左に行きますと、住重と追浜日産に行かれます。
カイホの遺構は、その信号を曲がらずに直進しますと右手に市の葬祭場が有ります。
その100メーター程進んだ左側に有ります。廻りをフェンスで囲まれて居ますので中に入る事は出来ません。
外から眺める感じに成ります。小さな案内板が有った様に記憶してます。
中も、申請すれば見られるかも判りません。
あのコンクリートの建物をあそこに据え付けた労力が凄いと思いました。
サルベージ船でやったと思いますが。
【2013/05/09 12:12】 | ななごう #- | [edit]
ななごう さん、
野島公園の展望台から見ると、こんもりした丘(たぶん夏島)とその向こう、日産か住友の工場内のような感じに見えますが、第三海堡の遺構のところまで入れるのでしょうか?
【2013/05/09 09:39】 | ディック #- | [edit]
伊藤博文邸のことは知りませんでした。
海と松と、良い眺めですね。
野島は、私が小学生の頃、潮干狩りをした記憶がありますが、今でも出来るんでしょうかね。
【2013/05/09 08:20】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
住重と追浜日産に入門する際に付近で時間待ちしていた処です。
写真の山が見える左奥に、第三カイホの遺構が有りますね。

伊藤博文の別邸が有るとは、知りませんでした。建物の造りが写真で判り易いですね。

牡丹の花が、綺麗ですね。
【2013/05/09 07:58】 | ななごう #- | [edit]
海が近くてそれはいいところだったのですね。

客間の写真素敵です。
その雰囲気の中の牡丹の花はとても華やいで素晴らしいですね。

今日はまたいいお天気ですね~~
【2013/05/09 07:55】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。
旧伊藤博文金沢別邸、いろいろ勉強になりました。
居ながらに楽しませて頂き有難うございます。
牡丹が見事ですね。
【2013/05/09 07:00】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
野島は山へ登って眺望を楽しみましたが、この建物は素通りしていました。
牡丹園があったとは・・・・・
【2013/05/09 06:27】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
デイックさん お早うございます(*^^*)

野島公園  BBQを会社仲間とやりましたが
こんな事は知りません
>旧伊藤博文金沢別邸

一度訪ねて見たいです わりと近い自動車会社で働いてました(笑)・
【2013/05/09 06:20】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
伊藤博文はたいそうな遊び人だった、と聞いております
在住の兵庫県でも初代県知事を務めるなど、
その功績は計り知れないものがありますね

偉業に対し、最期が悲しく思えます
【2013/05/09 06:14】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
おはようございます。

旧伊藤博文金沢別邸

初めて見ますが、とても良いところ
ですねぇ。あまり使わなかったが
本人は気に入っていた。たしかにそ
うでしょう。

牡丹園からみた建物の風景がまた良
いですね。手入れがされていまして、
今の時期ですと、たくさんの人がこ
の雰囲気を楽しみに集まりましょう。
静かな一時を過ごすのに、ちょうど
良い感じです。

さて、今朝も佐渡は晴れていますが、
どうにも気温が上がらぬのは続いて
いるようです。

【2013/05/09 05:35】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
汚泥より出でて……良い言葉ですね。
日常のつまらない感情に心を奪われ、
見上げることを忘れがちですし、見上げる労力をいとうようになりました。
今一度、その言葉を大切にしたいと思います。
かつてはたいていの住居に客間がありました。
客間に入るときは自然と襟を正したものです。
「もてなす」ことの意味がここしばらくでずいぶん変わってしまいましたね。
そんなことを、客間と居間の並んだ伊藤博文邸を見て思いました。
【2013/05/08 22:34】 | takae h(fullpot) #A5.soH/6 | [edit]
ずいぶん歩かれたのですね。
平潟湾、夕照橋の景色は大好きです。
こんなところに牡丹園があるとは知りませんでした。
一度行ってみたいと思います。
夏島の別荘は、多分碑が残っているのだと思います。
【2013/05/08 19:37】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5397-bbe16d53