FC2ブログ

明月院の雛の吊し飾り

2013.04.02(17:00)

明月院のひなの吊るし飾り130213

 San Poの会のNさんのご厚意でチケットを入手したので、3月27日はかみさんと二人で三井記念美術館(日本橋三越前)の「三井家のおひなさま」という展示を見に行った。(題名をクリックすると美術展の感想にジャンプします)
 これは毎年恒例の展示らしい。三井家の夫人や娘たちが大切にしてきたひな人形やひな道具を公開している。
 京都の丸平大木人形店・五世大木平蔵が特別に制作した、浅野久子(三井高公の娘)さんの幅三m、高さ五段の豪華なひな飾りや、代々伝えられてきた道具の精緻な細工など、圧倒される思いで楽しんできた。


吊るし雛のウサギ 吊るし雛の子ども人形130213

吊るし雛の馬縦130213 吊るし雛のうさぎ縦130213

 ところで、河津町へ河津桜を見物に行った際、稲取温泉の「雛のつるし飾り」などのイベント・ポスターが目に付いた。昨年まで「雛のつるし飾り」というものがあることすら知らず、鎌倉の明月院に吊り下がっている人形などを見て、「これは何だろう?」と思ったくらいの認識だった。
 稲取温泉の「雛のつるし飾り」は第16回だそうだ。古く江戸時代後期の頃より、娘の成長を願う母や祖母手作りの「つるし飾り」が飾られる風習があった、ということだから、お金持ちのお屋敷の「段飾り」に対して、庶民のあいだで行われていたものが、最近になって脚光を浴びてきた、ということだろうか。

明月院のひなのつるし飾り2130213

 河津のみやげ物屋のつるし飾りなどは、いかにもおもちゃのようで味わいがない。
 明月院では、これは何だろう、という思いで眺めたが、干支や人形ほかの飾り物が適当にぶら下げられている、という印象があった。これといったルールはないようで、ひな祭りの際に「初節句を祝う親心」が込められていればそれでよし、ということなのだろう。


明月院の方丈の前130213

 明月院は北鎌倉駅下車徒歩五分で、「あじさい寺」として有名だ。成就院と長谷寺は季節に出かけたことがあるが、明月院は一番有名なので、ぼくはかえって人混みを警戒して、いままで行ったことがなかった。訪れてみればなかなか居心地のよい寺で、花も多く、以前 「明月院のソシンロウバイ」などの記事を紹介している。
 臨済宗建長寺派の寺院で、開基は上杉憲方だそうだ。


明月院の方丈130213

 訪問は2月13日だったが、梅にはまだ早く、平日は閑散としている。できれば寄付300円を支払ってから座敷に上がっていただきたい、との札がある。


明月院の座敷130213

 方丈を右のほうから上がったところ、庭園に向かって壁が丸く切られているのは、月を表しているのだろう。なかなかお洒落なお寺さんだ。
座敷ではポットのお茶と煎餅のサービスがあり、陽当たりのよい日に明月をかたちどった壁の向こうの縁で庭を眺めるのはなかなかよいものである。


【明月院のタイワンリス】(特別出演)

明月院の台湾リス全体像130213


明月院の台湾リス後ろ姿130213


明月院の台湾リス130213


【きょうのひとこと】

 若いアーティストというのは反骨精神旺盛で、既存の美意識を変革しようという気持ちが強い。
 ただ、そうはいっても美術・工芸の分野では、王侯貴族・大金持ちの庇護があって余裕が生まれ、洗練されてきたというのも歴史的事実。若いアーティストたちもひとたび認められて知名度が増せば、現在なら大企業やマスコミの傘に下に入っていくことが多い。芸術というのは時間と金が掛かるものなのだ、と思う次第です。
コメント
吊るし雛というのは知ってましたが・・
可愛いし、きれいだし、楽しいです^^
ずっと見ていても飽きませんね♪
【2013/04/03 14:47】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
今までもブログや何かで吊るし飾りを見ましたが、
こちらは一つ一つの大きさのバランスも考え、形も整え、丁寧な作り込み。
素人目でみてもイイ仕事!高そう!と思います~。
リスがいるのですね。イイですね~紫陽花寺。
【2013/04/03 12:49】 | 山ぼうし #- | [edit]
明月院、まだ行ってません。
どうも近いといつでも行けると云う感じがして居ますものでして。
遠くのかたの方が詳しいですね。

アジサイで余りにも有名な事も有り、時期に成りますと行列の様です。
この様な催しも有るんですね。

私もそろそろあっちゃこっちゃと、足を延ばそうか?とこの頃思って居ます。

アジサイの前に行こうかな。
苔を見に。
【2013/04/03 11:46】 | ななごう #- | [edit]
こんにちは
つるし雛も良いですね。
手つくりのぬくもりが感じられました。
明月院に惹かれました。
鎌倉らしさが感じられますね。
【2013/04/03 09:46】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
おはようございます。

名月院

ブログ仲間につれて言ってもらったのが
最後です。春の名月院。そう言えば最後に
この地を訪ねたのは、長男の受検のために
横浜に行った時のことでしたので、そちら
は早い春かなという感じでした。時はすで
に過ぎましたが、何か思い出深いところ
です。

さて、今朝の佐渡は雨ですが、昨日まで
二日連続で晴天でした。佐渡南部にはオ
オミスミソウが咲くところがありまして、
二日連続昼休みの時間を使って行って来
ました。春の妖精たちは実にきれいでした。


【2013/04/03 06:53】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
つるし雛、かわいいですね。
丁寧に作られていて
親の願いを感じます。

明月院はやはりすばらしい。
鎌倉のお寺は情緒があります。
【2013/04/03 00:09】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
こんばんは
以前、家族で稲取温泉に行ったとき、私も知りました。
わが町でも、お雛様の頃におうちを開放して飾るおたくがあります。
【2013/04/02 22:33】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。
吊し雛はこの数年盛んに飾られるようになった気がします。本来の雛人形よりも可愛いですね、何を作ってつるしても、特に決まりは無いようですし。
ご近所で、家中を吊し雛のギャラリー状態にされているお宅もありますよ。
すべて縫い物が趣味の奥さん手作りですが、行李にも飾られない動物の人形がぎっしりと詰って、お陰で便利に堪能させてもらっています(笑)
【2013/04/02 21:04】 | 空見 #- | [edit]
変わりゆく移ろいを・・
くりぬいて向こうが絵になっている。いいですねこういうの。羨ましい。自分が生まれた家であればこんなこともできただろうなあ・・・涙が出ます
【2013/04/02 19:44】 | miyata #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

前お話していらした、吊るし飾りですね。
丁寧な作り、しっとりしております。
その飾りを撮りいれてエッセンスとなって、
やはり明月院独特の、丸窓からの景は趣ありますね、
目の前のタイワンリスには、びっくりしました~!
【2013/04/02 18:58】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。
ディックさんが明月院に行かれたときは、つるし雛があったんですか。
私も紫陽花のときの明月院は有名すぎて行かず、長谷寺派だったのですが、今年は明月院、行ってみてもいいかなと思います。
【2013/04/02 18:34】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5304-b0dc115d