FC2ブログ

下北沢の街歩き、森巖寺、北沢八幡神社 〜 第76回San Poの会記録記事(2)

2013.03.13(17:30)

下北沢の街を歩く1130302

 3月2日 第76回San Poの会 の記録記事は、イスラム教のモスク「東京ジャーミイ」を紹介したのみで中断し、春の花々の紹介に終始していました。
 今回は その続きのウォーキングの様子を記事にしていきます。

 代々木上原駅至近のモスク「東京ジャーミイ」を出たあとは、下北沢駅方面を目指して歩きました。
 街はとても賑わっていて、独特の雰囲気があります。ぼくは横浜の住人ですが、横浜駅やみなとみらい付近などどんどんきれいに整備され、その分どことなく街が味気なくなってきています。
 同行のTさんいわく、「街をあまりにきれいにしてしてしまうと、街に色気がなくなってしまう」と。なるほど、巧い表現だなあ、と思いました。


下北沢の街歩き2130302

 下北沢の町には小劇場が多く、芝居の街、演劇の街として知られています。
 作家石田衣良さんの小説『下北サンデーズ』は著者が最終回を執筆中にテレビドラマ化が決定したそうで、主人公を上戸彩さんが演じました。有川浩さんの『シアター!』のモデルとなった「Theatre劇団子」も93〜99年頃は北沢タウンホールで公演をやっていたそうです。それぞれ題名をクリックすると、ぼくの粗筋紹介と感想が出てきます。
 下北沢の町歩きも、こうして本を読んでいると、なかなか興味深いものがありました。


森厳寺門130302

 下北沢駅付近を通って、次の訪問先は「森巖寺」です。
 家康の次男結城秀康の位牌所として建立された寺とのことでした。


森厳寺本堂遠景130302

 門を入り、本堂を見ています。


森厳寺本堂とウメ130302

 本堂前の梅がよいアクセントとなっています。


淡島堂130302

 門を入って左に「淡島堂」がありました。
 寺のホームページを読みますと、江戸時代、女性や子どもに関するありとあらゆるご利益を授ける守り神として崇められていた淡島様をお祀りしている、のだそうです。
 「淡島様」というのは、じつは聞いたことがありませんでしたので Wikipedia で調べてみました。
 日本の民間信仰の神である、と書かれています。「婦人病治癒を始めとして安産・子授け、裁縫の上達、人形供養など、女性に関するあらゆることに霊験のある神とされ、江戸時代には淡島願人と呼ばれる人々が淡島神の人形を祀った厨子を背負い、淡島明神の神徳を説いて廻った事から信仰が全国に広がった」そうです。
 和歌山県和歌山市加太にある淡嶋神社(あわしまじんじゃ)が総本社ということのようです。

 ここの「淡島堂」はけっこう有名らしいです。江戸時代からお参りする人たちはまずは現世ご利益でして、それが現代に続いていますからね。


北沢八幡宮130302

 森厳寺の少し北側に「北沢八幡神社」があります。
 1470〜80年代の頃、世田谷北辺の守護神として、当時の世田谷城主であった吉良家の勧請により創建されたということで、吉良家と縁の深い神社です。
 この吉良家というのは足利家の一門で、その格式の高いことを誇りとしていましたが武力は伴わなかった。
 三河吉良氏、奥州吉良氏、土佐吉良氏などに分かれるようですが、世田谷城主は奥州吉良氏です。(浅野内匠頭と悶着を起こしたのは吉良義央は三河吉良氏)


北沢八幡宮神楽殿130302

 立派な神楽殿があります。
 見た目は静かな神社ですが、九月の例大祭は多数の人出で賑わうようです。
 ここの境内で、一同はお弁当の時間としました。 


【きょうのひとこと】

苦境にあっても天を恨まず

 「苦境にあっても天を恨まず
 気仙沼市階上中学校卒業生代表の言葉だそうです。写真は北沢八幡宮のポスターを撮ったものです。
 これほどの言葉があるのに、ぼくのひとことなど必要ありません。
コメント
苦境にあっても…この言葉は、聞いている誰もの心を打ったことでしょう。
下北沢は個性的なお店も多く、興味をひかれます。
【2013/03/14 23:31】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
苦境にあっても天を恨まず。その言葉を聞いた時、人の格は生きた年数によるものではないと感じ入りました。
以来、あのときの若者の姿と言葉を胸に刻みつけています。

下北沢、ほんとに色気のある街です。
最近の街はどんどん漂泊されていってさみしいですね。

森厳寺、位牌所というからには墓所とは違うのでしょうか。
さすが由緒の正しさを感じます。そんなところに民間信仰の神様が祀られているのもおもしろいですね。
【2013/03/14 22:42】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
こんにちは
好天に恵まれ気持の良い散策ができた様ですね。
いろいろ勉強になりました。
【2013/03/14 15:04】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
森巖寺梅が見事ですね。
梅は神社お寺様背景も古風さがあって
ホッとします、
いろいろなアングルで楽しませて頂きました。
下北沢は知りませんので。
【2013/03/14 12:58】 | ころん #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

下北、活きのいい街という印象です。
むかしむかし行ったきり、
そのころはアングラ劇場が気になりまして、
お寺のことなどには目が向きませんでした。

サンシュユのお花、キラキラしていますね~!
テキストのようでとてもお勉強になります~♪
【きょうのひとこと】重い想いに心に沁みます。。。
【2013/03/14 11:07】 | 紗真紗 #- | [edit]
下北沢は長い再開発工事でした。
小田急の電車が地上を走るのは3月いっぱいと聞いたけど。
あとは地下を走るのだな。
たしかにこの下北沢という街は独特の雰囲気だ。
雑然の魅力かな。きれいになってしまうのね。
【2013/03/14 10:43】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
散歩の会も暖かくなって始まりましたね。
商店街のにぎわいの中を歩くのも楽しいです。

最後の言葉は深いものがありますね。
【2013/03/14 09:42】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
先月、気仙沼市の階上(しなかみ)で被災者の女性から
いろいろ話をお聞きできたことを思い出しました
青森県の南端にもある地名ですね

小説やドラマ、コミックに描かれれば
少なからずのデフォルメを伴う気がします
魚眼レンズのような歪曲や望遠レンズのような引き寄せ効果を
実踏して感じるのも楽しみのひとつですね
【2013/03/14 06:04】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
おはようございます。

下北ですね。
私はあまり縁のないところでしたが、
先日、友人見舞いの時に散策しました。
案外ゴミゴミしたところですね。
若者の文化の街というイメージですか。

古いお寺も結構あるんですね。
いつかまた行ってみましょう。

【2013/03/14 04:56】 | 山手の木々 #- | [edit]
こんばんは
下北沢と聞くと、1枚目の写真を想像します。
色々な寺院もあるのですね。
淡路様、知らないことが多いことが思い知らされます。
【2013/03/13 22:32】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。

しもきた。懐かしい地名です。
地理屋としましては変化の少ない
東京の町中にありまして、谷とか
沢と付く地名には地形を感じてつ
いつい嬉しくなってしまいます。

実際意識していないとそんな沢とか
谷とか言われるのを分からず歩いて
しまうものですしねぇ。

東京の町中にも色々起伏を考えさせ
られる地名は多々あるだろうと思い
ます。

【2013/03/13 22:06】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
数年前この近くのホテルに宿泊したことがあるようです。
大井競馬場で福山の名産べりーAぶどうを売りました。
安いのと甘いのと、前年販売したのを覚えていた人が買ってくれ
担当3日分が半日で売り切れ、追加送付を申請したのを覚えています。
結果は安く提供しているから追加はNGだった。
おまけの客寄せ品を調子良く売った私がまずかった。
それでも前年より売り上げが多かったのは
真面目が聞いたのかな!
【2013/03/13 21:26】 | 自然を尋ねる人 #UfRkDRtI | [edit]
こんばんは。
下北沢は本多劇場があるので、若いころはよく行きましたが、最近はご無沙汰です。
確かに横浜の街並みは、整備されすぎて、おもしろみが なくなったかも。
東京のほうが、面白い下町とかありそうですね。
【2013/03/13 20:08】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5256-15af1c86