鎌倉・浄妙寺の紅梅と白梅

2013.02.25(17:30)

浄妙寺の門130222

 浄妙寺は臨済宗建長寺派、鎌倉五山第五位の寺院であり、足利義兼(足利氏の第2代当主)が建立しました。
 足利義兼(あしかがよしかね)は源頼朝が伊豆で挙兵したとき以来の幕府の御家人でした。
 上の門前左手前の上は緑萼梅のようです。


浄妙寺本堂と紅白の梅130222

 鎌倉の寺院としては金沢街道沿いにありますので、杉本神社、報国寺とともに訪れるのに金沢八景行きのバスが使えて便利です。ただ、この付近の地名は「浄明寺」なので、バス亭も「浄明寺」となっています。
 どうも足利貞氏(尊氏の父)が「浄妙寺殿」と呼ばれていたので、江戸時代になって地名まで「浄妙寺」とすることを憚ったということのようですが、「そんなことを憚るものなのか」と、この感覚はぼくにはよく理解できていません。


浄妙寺本堂と白梅130222

 背後に山がありますが、境内が広く開放的で、気持ちのよい寺です。
 本堂は方丈形式(禅宗寺院建築で本堂,客殿,住職居室を兼ねるもの)で広く、立派に見えます。


浄妙寺の本堂130222

 京都や奈良の寺院は瓦葺きが多いですが、鎌倉のように背後に山があると暗い印象になることが多いので、美的観点からはこの色は明るくてよいと思われます。


浄妙寺の紅梅アップ130222

 紅梅と白梅が植えられていますが、紅梅はみたところ緋梅系の色の濃い梅で、「鹿児島紅」のような感じがします。


浄妙寺の白梅130222

 白梅は花の白だけでなくウメノキゴケも寺院らしい雰囲気で美しい。樹勢を弱めると言われていますが、美的には多少着生していたほうが寺院らしいように感じます。


浄妙寺の白梅アップ130222

 白梅は一重咲きの品種です。


本堂を背景にした浄妙寺の白梅130222


足利貞氏の宝篋印塔130222

 本堂の裏の山の中腹に広い墓地があり、その墓地へはいってすぐ右側に「足利貞氏」(尊氏の父)の墓とされる「宝篋印塔」(ほうきょういんとう)があります。「宝篋印塔」というのは、語源は宝篋印陀羅尼経を収めた経塔ということなのですが、日本では単に供養塔、墓塔として用いられている、と昭文社のミニガイドにありました。(ちなみに、同じように供養塔として使われることが多い塔に「五輪塔」があります)


茶室喜泉庵130222

 本堂のほかに建物として、「喜泉庵」という天正年間に建立された茶室を復興した建物があり、前庭に枯山水庭園がありまして、なかなかよい佇まいでした。
上の写真が、その「喜泉庵」、下がその庭園です。


喜泉庵庭園130222


浄妙寺の白梅と紅梅130222

 境内にはセツブンソウ、フクジュソウも咲いていました。すでに紹介済みです。
 裏山に「鎌足稲荷神社」というのがあり、、藤原鎌足が子孫のために「霊鎌」を埋めた地とされ、これが「鎌倉」の地名由来となったという伝承があるのですが、この日は近くの「報国寺」へ行きたかったので登りませんでした。
 いずれ試しに登ってみて、記事にしたいと思います。

 多少、心を入れ替えまして、文章をよりすなおに、あまり端折らず親切に、しかしだらだらと長くならないよう、気を使っております。
コメント
多摩NTの住人さん、
時間に追いかけられて、よく練らずに書いていることが多い、という自覚がありまして…。
なお、以前はアップの花はきれいに撮れても、こういう離れたところからの花と景色は下手くそでした。撮り方の加減がわかってきまして、自信を持ち始めているところです。
【2013/02/26 22:41】 | ディック #- | [edit]
とてもシャープな写真に感動しています。
手前の花にピントを合わせて、遠近感がとても良い感じです。
「心を入れ替えて」とは、どうされたのでしょう。いつもわかりやすい表現だと思っていましたが・・。
【2013/02/26 22:01】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
KAEDE さん、
お寺の屋根についての感想は、鎌倉を歩いているからこそそう感じるのかも知れません。裏山が迫っているお寺で、重厚な瓦葺き屋根や、唐破風などは圧迫感を感じさせるように思います。
【2013/02/26 19:58】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、ありがとうございます。
思わずうっとりとする絵になる景色なので、少しずつ位置を変えてたくさん撮ってしまいました。
【2013/02/26 19:56】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
さあて…、ぼくの感覚では、いくらなんでも「お彼岸」では、梅がもうくたびれてしまっているだろう、と思いますけど。
【2013/02/26 19:55】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
これはどうしてもカメラを構えたくなる感じでしょう?
絵になるお寺さんです。
【2013/02/26 19:53】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
鎌倉のお寺は裏山が間近に迫って狭い感じのところが多いのですが、こちらは少し開けていて、ゆっくりと過ごせます。
【2013/02/26 19:51】 | ディック #- | [edit]
樂 さん、
報国寺はとても美しいお寺さんですが、浄妙寺はもう少し明るい美しさがあります。境内が広いからでしょう。
どちらも居心地の良いお寺さんです。
【2013/02/26 19:49】 | ディック #- | [edit]
安人 さん、
建長寺の近くではありません。鎌倉駅から金沢八景方面へ向かい街道沿いで、徒歩ですと20〜30分くらいかかると思います。
【2013/02/26 19:47】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
>以前yumiさんがご紹介されていたレストランもこちらなのですか。
YUMI さんとのお付き合いは今年に入ってからなので、そこら辺はちょっとわかりかねますが、上にある「石釜ガーデンテラス」がおいしいとおっしゃっているので、そうかも知れません。
【2013/02/26 19:45】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
梅と浄妙寺はよく似合います。お寺さんはここまで計算して境内を作るのか、結果的にこうなったのか…、どちらなのでしょうね。
【2013/02/26 19:37】 | ディック #- | [edit]
寺社の屋根は大きく、形も様々なので行けば見るようにしていますが、
色についてはそれほど考えたことが無かったです。「背後に山」・・・なるほどね~と。
【2013/02/26 12:33】 | KAEDE #- | [edit]
浄妙寺本堂もお庭も立派です~
白梅の独特の枝が見事です。
【2013/02/26 11:32】 | ころん #- | [edit]
紅も白もいい感じですね。
花は・・・ボチボチ咲き始めるんだけど
まだ寒いんだわ。
やはりお彼岸ごろまでですか。
【2013/02/26 10:46】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
最初の写真に ほう・・とため息です。
凄く安定感があっていいですね。
最後の写真も白梅と紅梅がいい具合に入っていて。

早くこちらもこんな位の暖かさになってほしいです。
【2013/02/26 10:05】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
浄妙寺の紅白の梅と「喜泉庵」の枯山水庭園を樂しませていただきました(感謝
ゆったりとした時間が流れているようです。
いろいろ勉強になりました。
【2013/02/26 09:46】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
道路を挟んで向かい側の、報国寺は何度か行っていますが、浄妙寺は行っていません。
セツブンソウと梅が咲いている時期に、行ってみたくなりました。
【2013/02/26 08:34】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
おはよう御座います
>「浄明寺」 行った事が無いと思います
建長寺の近くでしょうかネ

立派な寺院デスね 流石足利デスね

梅も綺麗  

有難う御座いました
【2013/02/26 05:49】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
美しいお寺ですね。

紅梅、白梅が咲き競って……ため息です。

え~っセツブンソウ、
フクジュソウもこちらで?

しかも、以前yumiさんがご紹介されていた
レストランもこちらなのですか。

それに……むむむ、鎌足の霊鎌にも興味があります。
鎌倉って、ほんとうに素晴らしい。

ディックさんの心のこもった文章に
鎌倉への憧れが強まりました♪
【2013/02/26 00:55】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

浄明寺5丁目には、学生時代の友人がおりまして、
浄妙寺のこと、胸のつかえがとれました。
お寺と梅のコラボがこれ程似合うことを感じております。
きわやか・・・です、最後のお写真に感動です。
きょうも、ありがとうございました。。。(#^.^#)
【2013/02/26 00:01】 | 紗真紗 #- | [edit]
YAKUMAさん、
ちょっと離れて観賞する梅、としては見頃ですね。
近寄って撮った写真はよい花だけを選んでまして、八割方雄しべの葯が落ちてしまっています。
梅の見頃、というのは、なかなか難しいですね。
【2013/02/25 22:12】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
二年がかりで、少しずつ鎌倉が自分のものになりつつあります。各所の寺院も知っているところがかなり増えてきました。
気軽に複数回訪問してこそよいところがわかります。訪れないのはもったいない古都ですよ。
【2013/02/25 22:10】 | ディック #- | [edit]
YUMI さん、
浄妙寺の訪問は二回目なのですが、二回訪れるとようやくそのお寺がわかってきた、という気がして、しっかりした記事にしたくなります。
YUMI さんのおかげです。ありがとうございました。
【2013/02/25 22:07】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
なんとディックさんも今日は浄妙寺でしたか。
喜泉庵でいただく抹茶とお菓子はとても美味しいので、機会がありましたらどうぞ。
上にある石釜ガーデンテラスというレストランも素敵です。
【2013/02/25 22:01】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
こんばんは
本堂の屋根がいい雰囲気ですね。
梅の花も咲き始めていて、これからが見ごろでしょうか。
【2013/02/25 21:22】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
良い雰囲気ですね。
鎌倉、私の処からですと1時間半位ですがいつでも行けると云う考えが有りましてなかなか行かないものです。(笑)
鎌倉や東京については、地方の方の方が詳しいですね。大(笑)
【2013/02/25 20:02】 | ななごう #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5225-e9a4d9ae