大徳寺 高桐院 〜 細川家菩提寺

2013.01.25(17:00)

高桐院の参道1121013

 大徳寺の塔頭巡り 、ふたつ目は、細川家の菩提寺「高桐院」だ。
 細川忠興によって1601年に建立され、忠興の遺骨は当寺に埋葬されることになった。
 訪問者は、ぼくと同じく、この参道の様子に感動を覚えるだろう。ここを歩く味わいは格別のものがある。


高桐院の参道2121013

 正面は唐門だ。


高桐院の庭1121013

 玄関を入り、このような庭を見ながらまた外へ出て、墓所へと進む。


細川家代々の墓121013

 細川家の墓所だが、正面は初代細川幽斎(藤孝)の墓で、三代以降の墓石が並んでいる。
 幽斎はおもしろい逸話が多い人で忠興の話をするよりずっとおもしろいのだが、終わらなくなるので控えておく。
 忠興と夫人ガラシャ(明智光秀の娘)の墓は次の写真だ。


細川忠興夫妻の墓標121013

 この墓石だが、これはもともとは灯篭だ。
 もともと千利休が秘蔵して天下一の称のある灯篭だった。秀吉と忠興が欲しがったが、利休はわざと裏面を欠いて、疵物だからと秀吉の要請を断ってしまった。利休は割腹の際にこれを忠興に遺贈した。「欠灯籠」という呼ばれるようになった。八十歳になったとき忠興は熊本からこれを当院に持参し墓標としたが、八十三歳のとき熊本で亡くなった。遺言によりその遺歯が高桐院に埋葬され、以後細川家の菩提寺として庇護されることとなった。

 本堂の前庭にも灯篭があるが、それは欠け灯籠の写しだと言われているそうだ。


三斎井戸121013

 「三斎井戸」と呼ばれる井戸。初代藤孝=幽斎、二代忠興=三斎である。三斎井戸は三斎とガラシャの墓所のための井戸だ。


三斎井戸付近の飛び石121013

 「三斎井戸」の付近は、飛び石にも風情がある。
コメント
地理佐渡さん、
京都はいろいろなところを見てきておりますが、この高桐院は深く印象に残っております。
こういう機会を数多く持ちたいですがね…、いや、なかなか…。
【2013/01/26 17:36】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
細川忠興のことはあまりよく知りませんが、一級の文化人であった父幽斎から、鋭い感性を受け継いでいたのでしょうね。
【2013/01/26 17:33】 | ディック #- | [edit]
nekocchi さん、
詫び寂びを尊んだ利休と、派手好きの秀吉では、最初から水と油ではないか、とぼくは思います。
あとから話を聞く現代人にとっておもしろくても、利休は秀吉との付き合いがたいへんだったでしょうね。
【2013/01/26 17:29】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
細かいことは後付けですけれど、あらかじめある程度は知っていないと、見どころを見逃しかねないので、よく知っていたほうがやはり楽しめますね。
【2013/01/26 17:27】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
詩仙堂は四十数年前に行ったことがあったので、十月の旅行で行きませんでした。
大徳寺は戦国大名それぞれが贔屓にした塔頭が並んでいて、話題には事欠きません。このあとも続きます。
【2013/01/26 17:25】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

今回もまた良い風景でした。落ち着いた
趣味の良い風景の連続。良い写真がこの
地の魅力を示してくれています。
のんびりと細川の殿様のことやガラシャ
さんの事などを偲びつつ歩きたいですねぇ。


【2013/01/26 09:44】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
これは……由緒と風情を感じます。
すばらしいですね。灯篭が墓石だなんて
初めて聞きました。
【2013/01/26 01:15】 | takae h #XC9HH1gc | [edit]
千利休の秘蔵灯篭、秀吉にはさし上げなかった・・千利休・その実は秀吉を嫌いだったのか?
【2013/01/26 01:12】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
こんばんは
緑の綺麗な参道ですね。
色々調べて訪れることがいいのですね。
【2013/01/25 23:15】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
1枚目の参道の写真は好きな詩仙堂かと思いました。
歴史に名だたる人ばかり出てきますね。
三斎井戸の風情や飛び石もさすがですね~

↓のお庭のお花の写真やはり横浜は暖かいのですね。
【2013/01/25 20:09】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
mico さん、
どんどん記録を書いていかないと、自分の旅行の記憶が薄れて、写真と記憶が結びつかなくなりそうです。
それが少しでもお役に立つというのなら、とてもうれしいです。
【2013/01/25 19:48】 | ディック #- | [edit]
YUMI さん、
古今伝授を受けていた細川幽斎を殺してはならぬと、田辺城の攻防戦で勅使が講和を斡旋した話とか、あまりにも有名ですね。
戦国時代の歴史は大好きなので、ずいぶんといろいろ読みましたが、こうして京都を旅行していて、そうした雑学が案外といろいろな理解の役に立つものだ、と気がつきました。
【2013/01/25 19:45】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
参道、ディックさんの言われるように、すごく素敵ですね。
最後の飛び石も。
細川幽斎は文化人ですよね。
【2013/01/25 19:23】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
こんばんは
由緒あるお寺のお参りご一緒させていただいた気分になりました(感謝
【2013/01/25 18:08】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5151-db3107b4