大徳寺・総見院 〜 織田信長の墓

2013.01.20(09:34)

総見院の庭園と鐘楼120113

 大徳寺は、創建の年をいうと弘安5年だから鎌倉時代ということになる。
 ところが、臨済宗のこの寺がなぜ有名になったかといえば、歴代多くの名僧で出て、茶の湯文化と縁が深く、日本文化に大きな影響を与えてきたからだ。
 ぼくは二十代の頃に勤務先の営業係員に頼まれて、取引先の表千家の先生のところへ入門した。かみさんも一緒だった。この表千家の先生のお稽古の中に、何かというと大徳寺の和尚がああ言った、この書を書いたなどの話が出てくる。だから「大徳寺」は茶の湯の寺としてぼくの頭の中に刻み込まれている。
 Wikipedia から少し引用してまとめてみよう。
 ---- 大徳寺は、貴族、大名、商人、文化人など、幅広い層の保護や支持を受けて栄えた。室町時代以降は一休宗純などの名僧を輩出した。侘び茶を創始した村田珠光などの東山文化を担う人びとが一休に参禅して以来、大徳寺は茶の湯の世界とも縁が深く、武野紹鴎、千利休をはじめ多くの茶人が大徳寺と関係をもった。----
 上のようなことだから、大徳寺をどの時代の寺として紹介しようか、というのなら、やはり戦国時代を選ぶしかない、と思う次第だ。
 上の写真は、大徳寺の総見院という塔頭の庭園で、建物は鐘楼である。堀秀政の寄進だそうだ。


総見院信長と家臣団の墓121013

 まず最初は、大徳寺「総見院」だ。
 なぜなら前回の記事から続く…、という意味がある。つまり、ここに信長の墓がある。
 総見院は大徳寺の二十二塔頭寺院のひとつで、織田信長の菩提寺だ。創建は1583年、信長の一周忌を迎え、その追善のため豊臣秀吉が建立した、という。


総見院信長の墓121013

 当然のことながら信長の遺骨・遺灰はない。だから真偽のほどはわからないが、いろいろな話が聞こえてくる。
 秀吉は信長の木造を作らせて焼き、それを遺灰としたとか、あるいは最初は「阿弥陀寺」に法要をしたいと声をかけたが断られ、仕方なくこの寺を創建して法要を営んだが、「阿弥陀寺」はけしからんと腹を立てて、後に蓮台野にあった阿弥陀寺を無理矢理現在の場所に移転させ、衰えさせたたとか…。
 いずれにせよ、なにしろ「天下人」のやることだから、墓地の様子などは阿弥陀寺よりもずっと立派だ。
 木造の信長公座像(重要文化財)があり、当院に安置されている。


総見院茶室への回廊120113

 総見院は龐庵(ほうあん)、寿安席(じゅあんせき)、香雲軒の三茶室で有名で、庭園内の茶室への道には回廊が建てられている。

回廊上部へ保存された信長座像の輿121013

 この回廊の天井には写真のようなものが保存されている。
 説明によると、明治初年の廃仏毀釈によって総見院は堂塔伽藍や多くの宝物が失わた。そのとき「織田信長坐像」は大徳寺本山へと遷され安置された。その後当院は大正年間に再興され、信長380年忌(1961年)に「織田信長坐像」は総見院に戻ってくる。その座像を「輿」でお迎えしたのだと言う。
 写真はその輿をここへ保存しているということだ。 


総見院の侘助の木121013

 十月のことなので花は咲いていないが、写真は秀吉が千利休から譲り受けたと伝えられる侘助だ。
 茶花として珍重される椿で、通常の椿より小さく、全開しないで筒咲きとなるのが侘助の特徴だ。


清正が朝鮮から持ち帰った石の井戸121012

 加藤清正が朝鮮から持ち帰った石で井筒の部分を作ったと言われる井戸。


総見院の庭園と門120113

 庭園と総見院の門。門は秀吉創建時のものが残っているそうだ。


庭木用の特殊な針葉樹121013

 北山高雄で生産される北山杉を、このような形に仕立てるのを台杉仕立てというそうだ。
 案内の方に説明してもらってわかった。昨年1月に伊勢神宮でも見かけて、これはいったいどういう杉かと疑問に思っていた。
 主に、茶室からの勧賞用につくられているらしい。


 -----------------------

 17日にスポーツジムへ行き、18日午前中は根岸森林公園を散策したりして何も問題はありませんでしたが、18日昼頃から急に左腰が痛み出しました。19日はSan Poの会を休まなければなりませんでした。
 昨夕頃から改善傾向にありますが、無理はできません。みなさんのブログへおうかがいするのは、明日になってからとさせていただくつもりです。
 原因はやはり、雪掻きの疲れでしょうか。
コメント
kawazukiyoshi さん、
ああ、なんのことかわかりました。
バカな発言をする人ですね。
ぼく自身、自分が患者の立場になったら、というシチュエーションの発言としては同感ですが、財政と結びつけて発言すると「老人はさっさと死ぬのがよい」と言っていることになる。
それを言ってしまうんだから、バカで軽率としか言いようがない。
【2013/01/21 22:18】 | ディック #- | [edit]
kawazukiyosi さん、
副首相がいったい何を言ったのかと、ネットで調べましたがとくに見つからず、わからないままとなっております。
【2013/01/21 20:36】 | ディック #- | [edit]
安人 さん、
おもしろいと感じて読んでもらえて、楽しんでいただければ幸いです。
当方は三軒屋砲台のことを知らず、安人さんの記事に驚いております。
【2013/01/21 20:35】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、
パンフレットなどに蘊蓄はいろいろあるわけですが、「どれが肝となる情報なのか」ぼくなりにそれをピックアップしてお届けしているつもりです。
知っていれば写真を見るのも旅をするのもおもしろくなります。
多少筋力を付けたから雪掻きくらい大丈夫、と思ったんですがねぇ…。やはり年齢なんですね。
【2013/01/21 20:32】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
ここ二年腰痛は引っ込んでいたので、もう大丈夫と油断して、雪掻きをやり過ぎたのかも知れません。
その日のうちにカイロプラクティックへ行って手当てしましたので、悪化ではなく改善の方向へ転じたのが幸いです。
【2013/01/21 20:28】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
秀吉と信長像の話、ほんとかどうかは存じませんが、秀吉ならやりかねないという感じがしますね。
ちょっとふつうじゃないぞ、という感じが怖いかな。
【2013/01/21 20:26】 | ディック #- | [edit]
大徳寺も立派な建物ですね。
残念ながら、今日の私はノースマイルです。
ごめんなさい。
お元気で。
【2013/01/21 15:06】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
ディックさん おはよう御座います

大徳寺総見院  知らなかったです
色々な説明の上に検索しました

良く?解りました 有難う御座います

ディックさんを始めて教えて頂いたのが走水神社を地理佐渡..さんでしたね

凄いblogに感激しました
これからも宜しくお願い致します
【2013/01/21 07:57】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
おはようございます。

大徳寺のこと。勉強になりました。
京都の魅力。こうしたことがわかると
なお一層引き立ちます。

さて、腰の具合。現在はいかがですか?
僕も腰に不安があります。時折り体幹
筋力を鍛えねばなりません。

【2013/01/21 06:22】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
知らなければ見過ごすことだらけです
何事にも造詣の深いディックさんならでは、の解説ですね

お身体の具合を悪くなされたとか
心配しております
【2013/01/20 22:50】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
や、やはり……雪かきは本当に大変な肉体労働ですから……また身体も冷やされたことと思います。どうぞお大事に。

お墓を作るために、信長公の像を造って焼くというのは、ある意味、こわい話だと(笑)。
秀吉はやることも派手ですね。
【2013/01/20 22:44】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
ディックさん、こんばんは。
私の様なものでも心に留めてくれている方が居た事に嬉しく成ります。
もっと早く復帰したいと思ってましたが、事情が有り今日まで時間が掛りました。

これから、皆さんの処にコメントを入れられる事に感謝したいと思います。
【2013/01/20 19:23】 | ななごう #- | [edit]
多摩NTの住人 さん、
バスの通り道なので、金閣寺の帰りに寄ったわけですが…、塔頭寺院を四つも拝観すると、もうその日は終わりです(笑)
織田家のあと、細川家、大友家、畠山家が出てきて、戦国大名づくしの1日でした。
【2013/01/20 19:04】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、阿弥陀寺の記事に続く「信長の墓」の記事、お楽しみいただければ幸いです。
台杉仕立てはときどき見かけますので、ここで教わってよかった、と思いました。
【2013/01/20 19:01】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
大徳寺本山の境内はあまり大したことがなくて、立ち並ぶ塔頭寺院の庭園や茶室が見どころのようです。だからわかりにくいし、記憶しにくいかも知れませんね。
「台杉仕立て」はぼくもわかってほっとしました。
【2013/01/20 18:59】 | ディック #- | [edit]
ななごう さん、
空見さんとななごうさんの消息を噂しておりましたが、帰省されていたそうですね。復帰歓迎いたします。
腰痛のほうは、本日午後くらいから、どうやら快方へ向かっているようです。
【2013/01/20 18:56】 | ディック #- | [edit]
ディックさん、こんばんは。

久し振りです。
雪かきで腰を痛めたんですか。
ディックさん宅の雪かきですとかなり大変でしたでしょうね。
車庫から、出るにも全部どかさないと出られないと思います。
腰は大事にして下さい。

これからも宜しくお願いします。
【2013/01/20 18:42】 | ななごう #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

大徳寺、信長のお墓ということで、
頭に突き刺さってきました。
はじめて聞きます、台杉仕立てです。
茶室からの景色は風流なのでしょうね。
どうぞご無理をされませんように、
でも、先ほどはありがとうございました。
【2013/01/20 18:08】 | 紗真紗 #- | [edit]
大徳寺へ行ったことがあるのかよく覚えていないのです。
いろんな言い伝えのある寺ですものね。
いつもこの木の仕立て方を知りたいと思っていました。
台杉仕立てというのだそうですね。

少しゆっくりされてくださいね。
【2013/01/20 17:06】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
こんにちは。
大徳寺にも行かれたんですね。
多くの塔頭があって見ごたえがありますね。
詳しいご説明で、何十年も前に訪れた時のことを思い出しました。
先ほど、庭の固まった雪をほぐして、日当りのいい場所に広げました。
今日はジムには行かず、ランニングとこの雪かきの腕の筋トレで終了です。
腰痛はどうぞお大事になさってください。
【2013/01/20 14:33】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5137-bfee7955