FC2ブログ

足利時代から戦国時代へ 〜 阿弥陀寺・織田信長の墓

2013.01.14(11:42)

阿弥陀寺の門121012

 相国寺、金閣寺、銀閣寺は、足利時代に創建された臨済宗の寺院だ。
 そうなると、ぼくの京都旅行の記録の書き方からは次はいよいよ戦国時代になるわけだが、まずは織田信長に焦点を当てたい。
 本能寺の変で織田信長の遺体は見つからなかったというのが、いまでは歴史の常識だと思っていた、が、信長の墓が存在するという。
 都合のよいことに、御所の北に位置する相国寺の北の端からまっすぐ東へと向かっていくと、賀茂川へぶつかる手前の通りに、阿弥陀寺、十念寺などの小さい寺が並んでいて、そのうちの「阿弥陀寺」に信長の墓があるというのだ。


阿弥陀寺121012

 阿弥陀寺というくらいだから、浄土宗の寺院だ。
 清玉上人というお坊さんの開創だ。清玉上人は織田家と深い親交があり、本能寺の変の折いち早く駆けつけ、信長、信忠及び家臣百有余名の以外を当寺に埋葬したという。
 調べると信長の墓というのはどうもたくさんあるようで、真相はわからない、としか言いようがない。


阿弥陀寺境内121012

 ちなみに、この京都旅行の一連の記事では、紫式部が源氏物語を書いた紫式部邸の跡に建てられた盧山寺を訪れている。
 紫式部といえば石山寺(滋賀県大津市)だ。紫式部と石山寺の話はよく知られていて、ぼくは2008年9月に横浜美術館で開催された「源氏物語1000年」展を観に行っている。石山寺で満月の光を浴びながら想を練る紫式部の様子を描いた絵が、後世に何枚も描かれているのだった。
 念のため石山寺のホームページをよく確認すると、以下のように説明されている。
 ----1004年、紫式部は新しい物語を作るために石山寺に七日間の参籠をしていた。
 村上天皇皇女選子内親王は、まだ読んだことがない珍しい物語を一条院の后上東門院に所望したが、手許に持合わせのなかった上東門院が、女房の紫式部に命じて新作の物語を書かせようとした。このため紫式部は祈念のために石山寺に籠ったのだ、という。
 折しも八月十五夜の月が琵琶湖に映えて、それを眺めていた式部の脳裏にひとつの物語の構想が浮び、とりあえず手近にあった大般若経の料紙に『今宵は十五夜なりけりと思し出でて、殿上の御遊恋ひしく…』と、ある流謫の貴人が都のことを想う場面を書き続けていった。これが後に、源氏物語の須磨の帖に生かされた、という。----

 すなわち、正しくは、紫式部は石山寺で源氏物語の着想を得た、想を練ったということだろう。あのように長い物語を書き続けるのに寺に籠もっていたのでは宮廷の仕事ができない。自分の屋敷で書き進めただろう、と考えるのがふつうだろうか。


織田家討死衆の墓121012

 実際に何があったか、歴史の真相はわからないが、いろいろと伝承が残るのは、織田信長や紫式部に対する後世の人々の想いの深さを表しているのだろう。
 余談だが、講談社文庫の瀬戸内寂聴さん訳の『源氏物語』は読みやすい。途中何度か中断しつつ、ようやく最後まで読んだのだが、注目すべきは後半3分の1くらいで紫式部の書き方が変化している、ということだ。
 宮中のエンタテインメント用に描き始めた貴人の女性遍歴物語が、いつの間にか社会的立場の弱い女性の生き方に焦点を当てた近・現代小説へと変化している。古くて長いから文学史上評価されている、というのではないらしい。著者の作家意識が変化して、近・現代の小説家が生まれてくる姿そのものを、読者はこの物語を通して見つけることができる。


 --------------------------------------

 おお、外を見たら大雪ではないですか! 
 すぐにカメラの準備を整えなければ…。

 追記(13:05) 根岸森林公園ではあちらこちらで木の枝の折れる音が…。
        これは写真撮影どころではないと引き返しました。
        庭の木々の救出に努力しましたが、次々と積もってくる。
        1、2時間したらもう一回やらないと…。
        冷えた手が痛くて、長時間続けられません。
コメント
こんにちは
大阪に住んでいながら阿弥陀寺にまだお参りしたことなく、色々勉強させていただきました。
慣れない積雪で大変だった様ですね。
【2013/01/15 10:35】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
ミステリアスな話は信長公。
石碑には「信長信忠討死」とありますね。
昔聞いた話では事件のあった本能寺は今の場所とは別だった・・・とも。
【2013/01/15 05:52】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
おはようございます。

信長の墓とか紫式部のこととか、
京都だからこその何かゆかりめ
いたものに想像をふくらませる
ことができましょう。そして、
そう思いたくなる寺の風景がセッ
トになる。良いものです。

さて、雪の方は大変のようです。
昨日ネットで観測地を確認しま
したら一時10㎝台へ。これはそ
ちらにしましては大変な値です。

今朝はどうでしょうか?
とにかく足下にご注意ですよ。

【2013/01/15 05:37】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
戦国武将の多くが信長の薫陶を受けていたことを考えれば、心のよりどころとして、墓所を設けたいと思うのも当然なのかもしれません。

紫式部の創作のあり方が変化していったということですね。面白いです。そういう見方でもう一度読み返したいです。
【2013/01/14 23:51】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
高野山に織田信長の墓がありました
あれほど高野聖を殺害した織田信長なのに、
高野山は受け入れた、と思うと不思議でした

寛大、と受け止めたほうが美しいと思いました
【2013/01/14 23:31】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
信長のお墓はたくさんあるようですね。
もし信長が生きていたら・・・というのも同じです。
信長ファンが多いのでしょう。
ところで、ビブリア(ドラマ)を最初の方だけ観たのですが、設定からちょっと違いました。なので、途中からお風呂にしました。録画はしてあるのですけど・・・。
【2013/01/14 23:12】 | 山ぼうし #- | [edit]
瀬戸内源氏はおもしろいですね。
一昨年、一気に読みました。
石山寺行ってみたいなー。
横浜の雪、けっこうすごかったですね。
【2013/01/14 22:21】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
YAKUMAさん、
あっという間に降り積もるので、びっくりしました。
信長の遺体はどうなったか…、これはもうわからないのではないか、とそんな気がします。
【2013/01/14 21:34】 | ディック #- | [edit]
空見さん、
「信長の野望」が好きでして、信長にそのまま天下を取らせたい、いや信玄に取らせたいとか、ずいぶんとやりました。
【2013/01/14 21:32】 | ディック #- | [edit]
nekocchi さん、
>満月の光と紫式部…絵になりますね~~
後世の数多くの画家が、そうした想いで絵を描いたようです。
【2013/01/14 21:30】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
雨がどんどん降っている状態からこれだけ積もったというのは、最初から雪だったらとすると、たいへんな量ですね。
【2013/01/14 21:29】 | ディック #- | [edit]
自然を尋ねる人 さん、
>今の世の中が進歩しすぎてこの本では色の話は幼稚な 物語にしかとれないようになりました。
ああ、でも、紫の上なんて幼いときに拉致されて育てられ、結局源氏の○○になるのですよ。
これって罪状を現代風に表現すると、○○拉致監禁から始まって、とんでもない重罪です。
あまり直接的表現をとると、よからぬサイトからの訪問が増えるのでやめておきますが…。
【2013/01/14 21:27】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
今日の雪はあっという間に積もってきて驚きました。
織田信長の、真相はもうわからないのでしょうか。
【2013/01/14 21:25】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
nakamura さん、
このあとに、大徳寺にある信長の墓の記事になる予定です(笑)
【2013/01/14 21:22】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
阿弥陀寺をご存じでしたか、さすがです。
小さなところでして、ぼくはもっと有名な石山寺へ行ってみたいです。
雪の様子はまた明日に…。
【2013/01/14 21:21】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは~
ずいぶん詳しく書いてありますね、労作たいへんだったでしょう。
ゲームでも戦国時代が、特に信長は人気のようです、お墓だけに・・はかない気分、なんちゃって(笑)
横浜が大雪とは、TV見てビックリです、爆弾低気圧。うちの庭木も風雪に翻弄されておりました、強剪定してあるので助かった、という思いです。
源氏物語ね、これがまた難解で、ひたすら逃げ回っております(苦笑)
【2013/01/14 20:25】 | 空見 #- | [edit]
満月の光と紫式部…絵になりますね~~^^
【2013/01/14 20:01】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
えらい降っとります。雪、塀の上10センチあります。
これなら北国の人から「フンッ」などと馬鹿にされないでしょう。
10センチ。どこへ出しても恥ずかしくない。
【2013/01/14 14:12】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
信長のお墓があったお寺ですか。
歴史は好きでよく本を読みますが信長は特に好きな武将
桶狭間で2000人が数万人の今川を破った話は特に好きです。
また紫式部の恋愛話は読めば読むほど先が知りたくなるのですが
今の世の中が進歩しすぎてこの本では色の話は幼稚な
物語にしかとれないようになりました。
世の変化は進み過ぎても問題が起こりますね。
【2013/01/14 12:54】 | 自然を尋ねる人 #VgfFJ5pE | [edit]
阿弥陀寺に憧れていたのですがなかなか行けません。
石山寺は何度も行きましたが・・・

大雪ですか?
こちらも少し屋根に積もっています。
【2013/01/14 12:18】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
こんにちは。

信長の墓所ですか、出かけてみたくなりました。納骨がなくとも、納得です(笑い)。
【2013/01/14 12:10】 | nakamura #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5124-9a4a656a