紅葉の臨春閣 〜 三渓園 12.12.05(2)

2012.12.15(17:00)

臨春閣奥部分正面121205

 横浜市・三渓園の「臨春閣」です。
 「臨春閣」は和歌山県岩出市にあった紀州徳川家の別荘「巌出御殿(いわでごてん)」を移築したものと言われています。紀州から徳川家八代将軍となった徳川吉宗は幼少期、巌出御殿に遊び育ったのだそうです。
 前回の記事で、臨春閣の座敷からは紀州の殿様気分を味わえると書きました。
 贅沢な庭の風景を味わっていただきたい、と思います。


黄色いカエデの臨春閣2121205

 建物が違うのではないか、と戸惑われるかも知れません。
 大きく二つの建物がL字型に繋がっています。
 手前部分は池に張り出し、奥の座敷は山際に寄っています。


黄色いカエデの臨春閣121205



臨春閣から架け橋の紅葉を臨む121205



臨春閣庭園のカエデ121205


臨旬春閣座敷の見通し121205


臨春閣内部から架け橋と松と紅葉横121205


臨春閣内部から張り出し部分を臨む121205

 奥の座敷から、池へ張り出した部分を見ています。


臨春閣廊下から内部と外121205

 建物の繋ぎの部分から奥の座敷のほうを見ています。


臨春閣座敷内部121205

 上の写真の真ん中辺りを、下の写真では正面から見ています。


火灯口121205

 禅宗寺院の「花頭窓」と同じ形をしています。
 「火灯口」と言い、二階へ上がる階段が見えています。


杉之絵の間天井

 「住之江の間」の天井の形にご注目。おもしろい区切り方をしています。


臨春閣庭園の架け橋室内より121205


臨春閣の蹲い121205

 「瓢箪紋手水鉢」というそうです。豊臣秀吉が愛用したもので、後年藤堂高虎が下賜され、伊賀上野城にあったものだそうです。これは7月22日の記事でも紹介しています。

 クリックしてみて下さい → 三渓園・7月の臨旬閣
コメント
おはようございます。

書院造りなのでしょうか和風の美ですね。
小さい頃は貧相でも同じ流れの和室でした。縁側などが貴重な団らんの場でありました。
金閣寺を含めてお座布団を・・・。
【2012/12/17 08:37】 | nakamura #- | [edit]
あまりにも綺麗に撮れていて、カメラの性能差を、ため息をつきながら眺めました。
撮影情報を見られるかなと思って、写真を保存してExif情報を見てみると、こんなに絞り込んでも明るく撮れているのに、驚きました。
【2012/12/17 07:08】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
こんばんは。

贅沢の尽くしかた。

色々ありましょう。今回紹介の風景は
きらびやかとは真逆の精神性の贅の姿
と見受けました。

下手をするともっとそぎ落としたい程
のものがありつつも、庶人の為にも少
しはわかりようものをと言った丁寧さ
を潜ませているのかも知れません。

【2012/12/16 22:12】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
ディックさま^^こんばんは♪

カエデのカーテンの奥にある、
臨春閣のなんとも言えないたたずまいは、うつくしい。。。
葉の色のなんと味わい深いことでしょうか。。。

これでもこれでもと、絵巻なかのお散歩のようです。
はじめて、これは、「火灯口」というのですね。
お座敷にとけ込んだ雰囲気はさすが日本の美ですね。。。
【2012/12/16 17:08】 | 紗真紗 #- | [edit]
しっとりと落ち着ける紅葉と建物ですね。
3枚目の写真のように中から外を撮りたかったのですが・・・・
いい感じに撮れましたね。

娘が横浜に住んでいた時にいいところだと教えてくれました。
【2012/12/16 10:47】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
ななごうさん、
ひとつだけ注意!
臨春閣は、「紅葉の時季のみ内部公開」です。その他の時季は外からの覗き込みのみ可。
三渓園は本牧市民公園駐車場にバイクを止めて、裏から入るのがベストです。
ランドマーク、クイーンズスクエアなど、モダンでおしゃれな街は、ぼくはまた大好きです。コンサートホール、美術館などの行き帰りに楽しんでおります。ランドマークの72階だったか、レストランの夜景がきれいです。
わが家へはいつでも何回でもどうぞ!
【2012/12/16 09:13】 | ディック #- | [edit]
nekocchi さん、
12月5日の撮影ですが、この頃が横浜の紅葉のピークでした。そろそろ厳しい冬に突入です。
【2012/12/16 09:07】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
外廊下で繋がる和室群、効率重視ではなく、風情を大切にするのが日本家屋のよさでしょう。
わが家のの古い部分もそうですが、夏は住みやすくても冬は少し厳しいですよ。
【2012/12/16 09:05】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
前庭の大きく広がった部分が、じつはやや殺風景な気がします。その辺は撮影していないのですが(笑)原三渓が移築させた建物群があるわけですが、彼が生きていた頃とは、かなり景色が変わっている可能性もあるでしょう。
【2012/12/16 09:01】 | ディック #- | [edit]
住之江の間、おもしろい天井ですね
どんな意味があるのか、興味が湧きました

関西に住んでいるせいもあり、
8代将軍吉宗公に親近感を覚えます
テレビドラマの影響もあり、いい部分だけが有名ですね
【2012/12/16 03:15】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
ディックさん、おはようございます。
そうなんです。
まだ、上がった事が無いと云うより行って
ません。(笑)
ランドマーク横はしょっちゅう通過してますけどね。
来年は、楽しみが増えました。
三溪園に行って来ます。
三溪園、本牧、根岸一度に回ります。
時間が有ったら、ディックさん宅にも寄らせて頂きたいと思いますが、いかがでしょうか。
【2012/12/16 03:15】 | ななごう #- | [edit]
この時期を境に紅葉もどんどん終わりに近づいてましたね。和の庭園がみごとですよね~~^^
【2012/12/15 23:54】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
こんばんは
天井の形にも趣がありますね。
こんな間取りの家、住んでみたいものです。
【2012/12/15 22:39】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
本当に贅沢な、美しい建造物ですね。
畳の間に廊下にと、無邪気に走り回る幼い吉宗の姿が見えるようです。

お庭も、紅葉に松の緑がよく映えています。
ディックさんの画像を見せていただくと
つくづく日本の美しさを想いますね。
【2012/12/15 22:21】 | takae h #XC9HH1gc | [edit]
山ぼうし さん、
橋の真ん中の部分、おっしゃるように東屋を兼ねて、ひと休みできる腰掛けがあったと記憶しています。
花頭(火灯)窓は中国から伝わったもので、禅宗寺院の窓に使われたのが最初だと思います。デザイン性がよいので、いろいろと使われるようになったのではないでしょうか。
天井は卍型との説明書きがありましたが、これもデザイン性を意識したのではないか、とぼくは思います。
デザイン感覚というのは、写実に走った西欧と違い、日本ではもう江戸時代から非常に洗練されていた、とぼくは評価しています。浮世絵とか、西欧の近代絵画は日本を真似たところも多かったはずです。
【2012/12/15 21:09】 | ディック #- | [edit]
(私が)最初斜面に見えたのは、池への張り出しだったのですね。けっこう高さがあります。
橋の中ほどにある東屋のような(目的は分かりませんが)建物は、屋根の構造や仕上げがしっかりしていて、ちょっと気になります。
「火灯口」は本来茶室の出入口の形式のようですね。それを2階の入口に使ったり、住之江の間の天井にしても、今で言うデザインを意識したのかな~?当時としてはどのように思われていたのかな~と、これもちょっと気になります。
【2012/12/15 20:50】 | 山ぼうし #- | [edit]
ななごうさん、
ランドマークにまだ行ってない?
展望台に登っていない、ではなくて、行ってないのですか?
【2012/12/15 20:45】 | ディック #- | [edit]
私もあと10数年行かなかったら、ディックさんと同じ状態ですね。(笑)
余りにも近すぎるからでしょうか?
ランドマークにもまだ行ってません。大(笑)
【2012/12/15 20:34】 | ななごう #- | [edit]
ななごうさん、
数年前にかみさんと行ったのが、50年ぶりくらいだったでしょうか。
古い記憶というのは、かなりいい加減です。よく見ればなかなかよいところがたくさんあって、楽しめますよ。しかも、四季それぞれに…。
【2012/12/15 20:13】 | ディック #- | [edit]
三溪園、良い景色と黄葉が楽しめる処ですね。
一度しか行ってませんので、詳しくは判りません。しかも35年程前です。
かなり空きが有ります。

来年は候補の一つに入れておきたい処に成りました。
【2012/12/15 18:56】 | ななごう #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5085-773e95a7