鹿苑寺・金閣

2012.12.14(17:00)

金閣正面オーソドックス121013

 日本漢字能力検定協会が発表した2012年の世相を表す「今年の漢字」は「金」だそうだ。
 10月の京都旅行の次の記録記事は臨済宗の本山「相国寺」を紹介してから「金閣」「銀閣」を書いていく順番にしようと思っていたが、地味なお寺の記事が続いていたから、たまにはきらびやかなのもよいだろう、と「鹿苑寺金閣」から始めることにしよう。


金閣池映り前景なし121013

 今回の京都旅行は、基本的に京都市内の中央から右側、つまり東山を中心に左京に限るつもりだった。
 ところが宿泊した松島橋のたもとのホテル前、河原町通りを金閣寺行きのバスが走っている。それなら交通の便がよいからと、金閣寺と大徳寺も行ってみることにした。


金閣・横から見上げ121013

 しかし、二日目には「哲学の森」を歩いていたから、「臨済宗相国寺派」の寺院で一番最初に訪問したのは「慈照寺銀閣」になった。その日はずうっと歩いて行ったから、銀閣寺到着は三時前くらい。陽の向きが悪かった。銀閣寺が逆光でよく見えないし、写真を撮っても味わいに欠ける。
 このときつくづく反省した。「美しい」と評判のところは「勝負は午前中」なのだ。午前中から昼前までよく陽が当たるように建物を建てる、というのはごくふつうのことで、だから午前中に行けば当たり外れはないだろう、と思う。
 というわけで10月13日朝一番の金閣寺、上の判断に間違いはなかったのである。


金閣・鳳凰見上げ121013

 「きんきらきんのものを見て何がおもしろいのか」とそれまでは半ばバカにしていた。自然を生かした建物であってこそ美しいのであって、人工的にきらきらした建物など、俗悪な趣味だろう、とそう思っていた。
 しかし、朝陽を浴びる金閣は美しい!
 やはり自分の目で実際に見てみない限りわからないものだ、とまたつくづく反省した次第だ。


金閣・池のアオサギ121013

 俗に金閣寺、銀閣寺というが、金閣寺と銀閣寺は相国寺の塔頭寺院の一つ、という扱いであり、相国寺は室町幕府第三代将軍足利義満によって創建された臨済宗の大本山となる寺院だ。じつをいうと、ぼくも今回の京都旅行で初めて知った。


金閣・池映り縦121013

 境内は金閣以外にもいろいろと見どころはあるのだが、金閣(正式には舎利殿)のあまりの迫力に、書院がどうのとか方丈がどうのとか言ってみても所詮は影が薄い。
 ここはすなおに鏡湖池の畔に建つ美しい眺めを味わい尽くしたい。 


金閣横側から松の向こう121013

 ところで、この金閣が炎上した事件は昭和25年のことだそうだ。ぼくはその年に生まれた。火を放った学僧はいったい何を考えていたのか。現在の金閣は、以前の解体修理の際に作成された旧建物の詳細な図面や写真・古文書・などをもとに、昭和27年から3年を掛けて復元再建されたものだそうだ。


金閣左横121013


金閣正面右斜め内部見える121013


 ---------------------------------

 毎年この時季になると慌てて年賀状の準備をします。
 数年前から、画像のデザインは次女に依頼するようにして、全体の調整や文字入れだけをぼくが担当。
 昨日は「自分がカットするつもりだった余分な尻尾の部分まで入れて、へびの画像が小さくなりすぎ」と次女からダメ出し。「今年はお父さんはやる気がないのか」とかみさんが尋ねられたそうで…、やれやれ…。
 最終的に夜になってようやくOKが出ました。

コメント

仰る通り、「わざわざ金閣に行くの?」という気にもなりますが、やはり実際に見ると、その美しさに圧倒されますね。
こちらの写真を拝見してまた行きたくなりました。
年賀状はお疲れさまでした。私も先ほど終えたところです。
【2012/12/16 19:19】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
私が金閣寺を見たときは、こんなにキラキラしてませんでしたし、屋根も古びた感じに見えました。きっと修復工事をする前だったんですね^^
【2012/12/15 23:41】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
とんとん さん、
基本的に陽の光はある程度横から、やわらかく当たっているのが引き立ちますね。たまに西日が当たるといい、なんていうのもあるようですが、西日は強いし、ふつうは朝〜午前中にきれいに見えるよう建てるでしょう。
【2012/12/15 20:57】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、
雪の金閣、行ってみたいですね。冬の京都は、寒さ覚悟で行くのでしょうね。
【2012/12/15 20:54】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
最近はデジタル画像などで寺院や神社の当時の色を再現するのが流行っているようですが、昔はけっこう華やかな色合いだったようですね。
【2012/12/15 20:52】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
銀閣のほうが訴えてくるのではないか、と期待していたのですが、午後の混雑と逆光に、ちょっと幻滅でした。
金閣寺もいずれ是非ひと目実物をご覧になって下さい。
【2012/12/15 20:51】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
「美女」もですか…、それは知らなかった…(笑)
【2012/12/15 20:47】 | ディック #- | [edit]
朝の柔らかな陽光に輝く金色だから美しいのでしょうね。
百聞は一見に如かずですから、体験したいものです。
アイサギがちゃんといてくれて、良い庭園ですね。
【2012/12/15 12:15】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
金閣寺しっくりしていますね。
庭の松など、池、バランスがあって引き立つ建築のようにも感じます。
そこに立つ金閣寺に引き付けられますね。
雪の金閣寺も見事でしょう~
【2012/12/15 10:39】 | ころん #- | [edit]
就学旅行で行きました。
幼き小肥り少年の素朴な感想は・・・
「これはお寺じゃない・・・」でした。
子供心にお寺とはもっと地味で沈んでる建物・・・と思ってたのね。
【2012/12/15 09:06】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
2枚目、水面に映る金閣見事ですね。
まだ、見た事無いんですよ。
銀閣は何とか見たんですが、やはり金閣は素晴らしいですね。
【2012/12/15 03:06】 | ななごう #- | [edit]
うわー、のっけからすごいインパクトです。
昔、立体的に見える絵葉書がありましたよね。それかと思いました━━笑。
ほんとに美しい……。金閣寺は私も俗物的だと思っていたのですが、ディックさんの画像を見て思いを改めました。
そうか、建物と美人は午前中がいいということですね♪
【2012/12/14 23:49】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
紗真紗 さん、お褒めいただきましてありがとうございます。
陽に輝いているのです。きんきらきんですが。安っぽくはない。今までバカにしていてごめんなさい! という気持ちです。
【2012/12/14 23:29】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
有名で人がたくさん集まるようなものをバカにする、ぼくにはそういう傾向がある、と認めます。
いつでも行ける、というのは、内心そういう気持ちもあるのかも知れませんよ。
次女は家族の中で一番の本好きでアート好き。ぼくにはない女性的な感覚も持ち合わせているので、年賀状デザインについてはぼくは引退して、次女に任せることにしました。
【2012/12/14 23:27】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
読んだのが若い頃のことなので内容をさっぱり憶えていませんが、三島由紀夫の『金閣寺』はかなり有名です。金閣寺放火事件を題材にしています。
【2012/12/14 23:22】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
金閣寺、本当に金色で美しいですね。
修学旅行で見て以来行っていません。
焼失、再現されていたとは知りませんでした。
勉強不足、反省です。
【2012/12/14 23:04】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

今年の漢字は、「金」となりまして、出てまいりました!
さすがにフォトジェニックな美しさを放っています。
ディックさまにかかりますと、凄いです。
金閣寺がこれほどまでに美しいとは知りませんでした。


鏡湖池は、ピィーンと張りつめたその名の通りなのですね。
下から4番目のふぉとが好きです。。(#^.^#)
【2012/12/14 22:47】 | 紗真紗 #- | [edit]
レベルの高いお嬢さんで幸せですね
自分を甘やかすととめどないことを知っているので
適当に自分へ、鞭を打っております

中学の修学旅行で行ったきり、
京都赴任時代も金閣へは行っておりません
いつでも行けるという思いが、先送りにしているようです
【2012/12/14 22:42】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5083-42133d72