FC2ブログ

東福寺町を歩く

2012.11.22(17:45)

東福寺町のタクシー121010

 京阪に東福寺という駅があるから、東福寺へ行くにはここから歩くのだろうと考えてその通り実行すると、かなり歩くことになる。駅の名前は東福寺に行くための駅ではなく、東福寺という町を訪れるための駅と考えた方がよい。
 この日の朝、松原橋近くのホテルから清水寺まで歩き、五条坂を下って鳥辺野の跡地の墓地を確認し、河合寛二郎記念館を見学して、方広寺の鐘楼を見て、隣の豊国神社へ進み、近くで昼食を食べてから、さらに三十三間堂まで歩いた。あまりに疲れたので七条の駅から東福寺まで一区間は京阪電車を利用したような気がするが、着いたところは東福寺町の端っこだったのだ。
 結局この日も一日中歩いていた。


東福寺町洛東園121110

 東福寺は臨済宗東福寺派の大本山。1236年の創建だ。摂政九条道家が,奈良における最大の寺院である東大寺に比べ,また奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で,「東」と「福」の字を取って名付けたと言われる。
 三時が近づいてくると焦ってくる。三時を過ぎるとあっという間に日が傾くからだ。なのにその東福寺へ着かない。
 町が広いのだ。タクシーが停まっているここは、東福寺の支援でできた養護老人ホーム「洛東園」だった。


東福寺・栗林庵121010

 東福寺のこの塔頭は栗林庵。「墓地募集中」の看板がある。こういう塔頭がたくさんある。
 日が傾くと困ると思いつつも、ぼくは東福寺に辿り着く前に、東福寺の塔頭のひとつ「霊雲院」というところで脱線してしまった。
 とりあえずは座敷でひと休みして、のんびりと庭でも眺めていたいというのは、さすがに疲れていたからだ。


【遺愛石と九山八海の庭】

遺愛石と九山八海の庭121010

 「霊雲院」の第七代の住職が細川忠利と親交があり、和尚が住職になるときに細川家から五百石を贈る話が出たが、和尚さんは修行の妨げになるからと辞退。そこで石を賜るということになった。
 細川家は「遺愛石」と銘を付けて須弥台と石舟を作って贈った。
 その遺愛石を中心としたのが、書院前庭の「九山八海の庭」だ。


九山八海の庭・遺愛石左側121010

 書院の廊下を歩き進んで振り返る。「遺愛石」は見えている画面の右側にある。


【書院から庭を眺める】

書院から九山八海の庭121010

 書院の奥から眺めている。遺愛石は左の端のほうに見えている。
 書院を右奥の茶室「観月亭」のほうへ回っていくと、「臥雲の庭」がある。


【臥雲の庭】

臥雲の庭121010


臥雲の庭一部121010


【九山八海の庭へ戻る】

九山八海の庭に戻る121010

 臥雲の庭をしばらく眺めて、また書院の廊下を戻っていく。
 九山八海の庭の全体を、最初とは反対の方向から眺めることになる。

 東福寺に辿り着くまで、ここからまたかなり歩いたのだった。
コメント
臥雲の庭というのが気になる。
白い砂利と茶色の砂利の関係はどうなってるんだろう。
数日前、BS放送で羽田美智子嬢が巡る京都は加茂川逍遥を放送してまして・・・いい番組でした。
【2012/11/23 16:12】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
hirugao さん、ありがとうございます。
>東福寺は知っていてもどれだけ見ていたのか
たまたま行き当たった霊雲院に誘われるように入ったまでで、本来のコースでもないし…。方丈の庭や開山堂、通天橋などをご存じなら、十分ではないでしょうか。
【2012/11/23 14:38】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

緑が清々しい、東、福、寺だったのですね。。。
九山八海の庭、壮大な景です。
やはり庭園には宗教観をも感じさせます。
凛とした気持ちでこの景を望んでみたいです~♪
それにしましても歩かれた一日、お疲れになられたでしょうね。。。
【2012/11/23 14:34】 | 紗真紗 #- | [edit]
東福寺は知っていてもどれだけ見ていたのか
こうしてお写真を拝見して思いました。

紅葉真っ盛りの今、こうしたみどりはまたすがすがしいですね。

つい歩き過ぎになってしまいお疲れが出ませんように・・・。
【2012/11/23 11:55】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
FREUDE さん、
京都の中心部を東山中心にうろうろと回りました。
学生時代に三千院とか宇治とか嵐山とか行ったことがあるので…。
当時とは興味の持ち方が別人になっていますけど…。
【2012/11/23 08:37】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
東福寺はあまり有名でない寺というイメージでしたが、とんでもない大寺院でした。この時点では、まだ本堂すら見ていないわけです。
【2012/11/23 08:35】 | ディック #- | [edit]
山ぼうしさん、
二色の色分けは、たぶんひとつが水の流れ、もうひとつが雲の流れでしょう。
東福寺が支援して建てられた老人ホームですから、料金も安いのではないか、なんて思うのですが、どうでしょうね。
歯は今後も日常の管理をしっかりやりましょうね。
【2012/11/23 08:33】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
いえ、東福寺町がとても広いという一例のつもりで出しました。小学校も見つかりましたし、「墓地募集中」の塔頭の数もとても多い。
秋はどうしても落ち葉が多くなるでしょうし、庭の状態を保つのはたいへんでしょう。
臨済宗はわかりませんが曹洞宗ですと、掃除ほか日常の仕事そのものが「修行」だそうです。
【2012/11/23 08:30】 | ディック #- | [edit]
門構えといい瓦葺きといい立派な老人ホームですね~。
関東の感覚からすると、相当高いのだろうな~と思ってしまいます。

「臥雲の庭」は2色の砂が印象的ですが、何を意味しているのでしょう。

↓ユリカモメですよね。キレイなものですね。
 
それにしても、長く歩けるようになったのですね~感心します。
そんなディックさんからすると笑われてしまいそうですが、
初めて抜歯を経験し、半ば心が折れていました。
【2012/11/22 22:56】 | 山ぼうし #- | [edit]
あれこそ、と目指し
着いてみたら老人ホーム……
という気持ちがにじみ出ているような
「洛東園」の画像です(笑)。

霊雲院のこのお庭、すばらしいです! 
座敷から全景を目にしたいですね。
この庭をこの姿に整えるのに
日々僧たちがどれほど努力しているか。
実に贅沢な空間です。

【2012/11/22 21:53】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
京都で撮影に訪れたいところを巡るには
1か月でも足らないでしょうね

心休まる光景の場所を訪れられたようです
あとあと
いい思い出になりそうですね
【2012/11/22 21:36】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こんばんは。

東福寺。名は知っていながら行ったことが
無いです。庭の良いお寺ですね。たくさん
歩いてもその甲斐はありましょう。
それにしましてもこうした京都歩き旅。
うらやましいです。


【2012/11/22 19:34】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
mico さん、
「もう歩くのはいい加減にして、東福寺で終わりにしよう」と決心したものの、なかなか辿り着かないほど「東福寺町」が広いので…。
疲れましたけど、元気に歩けた一日でした。
【2012/11/22 18:54】 | ディック #- | [edit]
nekocchi さん、
健康で歩いていられる時間は次第に残り少なくなってきた、と…、そんな思いもありまして。
【2012/11/22 18:52】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
東福寺に辿り着くまで大変だったようですね。
素晴らしい庭園を居ながらに樂しませて頂きました。
【2012/11/22 18:13】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
この頃時間を惜しむかのように歩いていらっしゃいますね^^  九つの山と八つの海・・壮大な世界?
【2012/11/22 18:11】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5043-4a0392d0