FC2ブログ

坊主DAYS

2012.11.20(18:10)

【建仁寺・勅使門】

建仁寺勅使門121008

 臨済宗・建仁寺について、前回は襖絵・屏風絵・天井画を中心の記事としたので、今回は境内の様子などの写真を紹介していきたいと思う。
 前回、「臨済宗」には「○○派」というのがたくさんある。師が「公案」(いわゆる禅問答)を通じて弟子に教えていくので、大人物の師が出てくると、そこで一派を形成する、というのがその理由らしい、と書いた。
 そのせいか、曹洞宗は考え方の筋道がすっきりと通っていてわかりやすいが、臨済宗はどういう考え方をするのか、どうもわかりにくい。
 ただひとつ、はっきりしているのは「修行によって悟りを得る」ことが目的なので、修行はとても厳しい、ということだ。


【建仁寺・三門】

建仁寺三門121008

 臨済宗の修行がどのようなものか、その様子を描写していくと切りがないので、『坊主DAYS』というコミックを紹介する。
 なんだ、私の仏教関係記事の元ネタはコミックなのか、とおっしゃる方があるかも知れないが、これはみなさんにとってもたいへん有意義な読書になるはずだ。著者は、家を継いで臨済宗の住職になった兄を持つ女性マンガ家だ。兄の生活をずっと見ていて、本山での修行の様子などはしっかりと取材して描いている。タイトルをクリックすると「ディックの本棚」の感想記事にジャンプする。


【建仁寺・法堂】

建仁寺法堂121008

 禅宗は、浄土宗のように衆生を救うという性格の仏教ではない。自ら修行して「悟り」を得ることが本来の目標だ。ではそもそも「悟り」を得るとはどういうことなのか。このあとの記事で、書いていく余裕があれば、私なりの考え方を書いていこうと思う。
 
 上の写真「法堂」は、例の小泉淳作画伯の「双龍図」の天井画があるところだ。
 写真に見えている人たちはみな、天井の「双龍図」を眺めている。


【建仁寺・本坊】

建仁寺本坊121008

 ご参考: ある大学の先生が各宗派のお寺に対してアンケートを実施したことがある。「霊」の存在についてのアンケートだった。臨済宗・建仁寺の回答は「個人としての禅僧が見解を示すことで、統一的解釈はなされていない」というものだった。臨済宗各宗派の本山の回答は、それぞれ多種多様だった。
 ただ、突き詰めていった場合、「霊の存在ないし不存在」や「死後の世界はあるのかないのか」等の問題について、仏教の本来の立場は釈迦の一言「捨置」に尽きる。「そんなことは放っておけとして、説かない」という立場だ。
 一般に知られている仏教とはなんだか違うではないか、と思われるかも知れない。ややこしいことに、仏教には「方便」という考え方がある。人はいくら説いても聞きたくないことは聞かない、という頑迷性を持っている。そうした人々を救っていくには、原則を曲げて説くことも、仏教では方便として許されてきた歴史がある。


【建仁寺・本坊中庭「潮音庭」】

建仁寺本坊中庭潮音庭121008

 眺めている方たちはすっかりリラックスしている。
 よい庭とはそういうものなのだろう。


建仁寺本坊の庭121008

 「潮音庭」と同じ本坊の別庭だったと記憶している。


コメント
建仁寺立派な建物ですね。
庭も建築と相まって眺める方は・・
リラックスそのものでしょうね~
【2012/11/21 17:17】 | ころん #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

潮音庭・・・、
>よい庭とはそういうものなのだろう。
別に、普通にというたたずまいのようですが、
それだからこそそうさせるのでしょう、とても不思議です。。。
一日、身をおいてみたいです。
【2012/11/21 16:28】 | 紗真紗 #- | [edit]
hirugao さん、
撮った写真を整理してブログ記事にしていくと、自分の記憶も整理されて、しっかりと頭の中に残っていく…、という効用がありますよ。
【2012/11/21 13:50】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
このお庭はとても心が安らぎました。
写真に写っているみなさんも、それぞれゆったりと落ち着いていらっしゃる様子が見受けられるではありませんか。
【2012/11/21 13:49】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
悟りとはなにか、十年くらい前からずっと頭の片隅にある問題ですが、考え続けていると、自分なりになんとなく「こういうことかな」というのはできてきます。
【2012/11/21 13:47】 | ディック #- | [edit]
自然を尋ねる人 さん、
ぼくも22時頃には「あとは風呂へ入って寝るだけ」という態勢になっています。
【2012/11/21 13:45】 | ディック #- | [edit]
空見さん、
>煩悩というのはある種生命力の強さの表れだ
よく納得できます。
ぼくが空見さんに「ディックさんは欲張りだ」と言われているうちは、まだ生命力に溢れているのだ、と思います(笑)
【2012/11/21 13:42】 | ディック #- | [edit]
お庭もすっきりとして美しいですが
建物が酢がらしいですね。

この壮大な写真に行ったことがあるのに
覚えていません。
3枚目に凄い~を感じました。
【2012/11/21 10:09】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。
素晴らしいお庭ですね。
心が洗われそうです。
「悟りを開く」私にはできそうにありませんが色々考えさせられました。
【2012/11/21 09:02】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
こんばんは
悟りとは何か
言葉は知っていても、これまた内容まではわかりません。
坊主DAY、そういう読み物もあるのですね。
【2012/11/20 23:18】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
やっぱりお寺さんを見ていたら
何処かほっとした気持ちになります。
この時間になりますとパソコンの
文字化けが目立ちますのでまた来ます。
【2012/11/20 23:11】 | 自然を尋ねる人 #WPD1z/r6 | [edit]
こんばんは。
見事なお庭ですね、手入れも行き届いている感じです。
最近禅宗のお坊さんの言葉で、煩悩というのはある種生命力の強さの表れだ、と聞きまして、なるほどなぁ~と思った次第です。
生きている状態とは、煩悩まみれ、でもあるのかもしれませんね。まぁ人に言われて「ハイ、そうですか」とスンナリは行きませんが(笑)
【2012/11/20 23:05】 | 空見 #- | [edit]
takae h さん、
>己を恃む心を持ちたい
同感です。自分で考えず、自分で努力せず、神や仏にすがったり、新聞やテレビのいうことを信じ込んだり…が多すぎます。
自分自身で考えることが大切なのだ、と思います。
【2012/11/20 22:38】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、
ぼくも曹洞宗の考え方はある程度理解していますが、臨済宗はよくわかりません。
これは不勉強というよりは、臨済宗とは、宗派の特性上、そういうもの…、なのではないか、と思っております。
【2012/11/20 22:32】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
ぼくの理解では、「生死のことはわからないのだから捨て置け」という。この問題を考えると、「いまの生」に執着するか、「死後の世界があってほしい」と執着するか、どちらかになってしまい、どちらにしてもこの世界を生きることに悩み(煩悩)が生まれ、つらくなる。生死のことなどどうでもよい、と超越した境地に至らねばならないようです。
【2012/11/20 22:29】 | ディック #- | [edit]
建仁寺には女性プログ仲間三人で出かけました。
潮音庭を眺めながら、長い間おしゃべりをしていた覚えがあります。
そんなゆったりした時間を過ごすことができたのは幸せでした。
あそこで生死のことを考えていたら、悟りに至っていたかもしれません(笑)。

捨置という言葉があるのですか。

真理というのは、自分の心の中にあるのでしょうね。
教わるものではなく、自分で到達するものなのでしょう。
己を恃む心を持ちたいです。
【2012/11/20 21:40】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
こんばんは。

塀に囲まれたこの寺の前を通った記憶が
あります。臨済宗の寺。栄西さん。一体
何を言っているのかが不勉強で分かりま
せん。それでも禅宗の一大宗派ですから
ねぇ。

【2012/11/20 20:44】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5036-3358824d