FC2ブログ

風神雷神図屏風

2012.11.17(18:30)

【俵屋宗達・風神雷神図屏風】(複製写真)

俵屋宗達「風神雷神図屏風」121009

 栄西が建仁寺(けんにんじ)を創建したのが1202年で、これが臨済宗の最初の寺院だと言われることが多い。実際には「京都では…」と限定すれば正しい、ということのようだ。
 すでに紹介した六道珍皇寺が建仁寺派であり、摩利支天堂のある禅居庵は建仁寺の塔頭だ。建仁寺があるのは六波羅の辺りなのだ。
 本尊は釈迦如来、京都五山第3位の大寺院である。


【海北友松・雲龍図】(複製写真)

海北友松「雲龍図」一部2121008

 禅宗というのは、修行することによって「悟り」得ることを目標とし、思想としてはもっとも釈迦の考え方に誓いのではないか、とぼくは思っている。
 ぼくは道元(曹洞宗の祖)の「正法眼蔵」の解説を読んだのがきっかけで仏教を学ぶことになった。キリスト教もそうだが、「宗祖は何を言っていたのかを知ることがやはり一番わかりやすい」と思う。
 さて、禅宗の中でも「臨済宗」というのは「○○派」というのがたくさんある。師が「公案」(いわゆる禅問答)を通じて弟子に教えていくので、大人物の師が出てくると、そこで一派を形成する、というのがその理由らしい。
 今回はこれ以上深入りせず、建仁寺について語ろう。


海北友松「雲龍図」アップ121008

 建仁寺には襖絵などの文化財が多い。
 まずトップの写真が俵屋宗達の「風神雷神図屏風」。CANON が協力した精巧な複製を屏風に再現したもので、撮影は禁止されていない。これは「琳派」の始まりと言われる有名な作品だ。俵屋宗達の「風神雷神図屏風」をモデルにして尾形光琳、鈴木基一、酒井抱一らがほぼ同じ構図で「風神雷神図屏風」を描き、これらの画家が「琳派」の画家と呼ばれている。
 (ぼくは尾形光琳と鈴木基一の「風神雷神図屏風」を2008年東京国立博物館の「大琳派展」で、酒井抱一の「風神雷神図屏風」を今月11月15日帝劇ビルの出光美術館で観ている)
 「光琳図案という呼び名があるように尾形光琳は革新的なデザイナーだった…」と琳派について始めたいところだが、今回は控えておこう。
 なお、俵屋宗達の現物は京都国立博物館に寄託され、保管されている。


海北友松「雲龍図」一部121008

 襖絵としては、方丈にある海北友松の「雲龍図」「竹林七賢図」が高精細デジタル複製化されている。これの現物は京都国立博物館にある。
 部屋の襖絵として入り口から眺めるのなら、事実上区別は付かないのだから、「襖絵」を当初と同じように味わうことができるという点で、とてもよい試みだ、と思う。


海北友松「雲龍図」座敷121008

 旅先で部屋の中を撮りたいときに、「多少薄暗くても手持ちでシャッターを切ることができるほど高感度に強い」というのが CANON のカメラを選んだ理由だったので、今回撮影ができた。「よい買い物をした」と満足している。


【海北友松・竹林七賢図(部分)】(複製写真)

竹林七賢図121008


【建仁寺・法堂】

小泉淳作「双龍図」121008

 法堂では小泉淳作画伯の「双龍図」を見ることができる。今年の1月に亡くなられた方だ。
 とくに撮影禁止との札もなかったので、ちょっとだけ…。


【自宅と自宅付近の季節の花】(付録)

モミジバゼラニウム121112

 モミジバゼラニウムです。


キヅタの花121112

 キヅタの花です。


ヒメフウロ121112

 ヒメフウロだったはず。
コメント
見事な風神雷神ですね。
博物館で単独で見るより、こうして実際にあるべきところにある状態で見られるのが良いですね。
とても迫力があります。
【2012/11/19 12:55】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
hirugao さん、
モミジバゼラニウムは赤ばかりかと思っていました。それもよさそうです。
襖絵や天井絵は、雰囲気を楽しんでいただければいいな、と思いました。
【2012/11/18 11:37】 | ディック #- | [edit]
山手の木々さん、
保存のためには博物館へ…、というのは仕方ない流れのようですが、その美術品がどういう環境で鑑賞されていたか、というのは、とても重要な要素で、それ抜きで形だけ見る…、というのは片手落ちなんですよね。
【2012/11/18 11:34】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
熱海って、尾形光琳の紅白梅図屏風でしょうかね。
日本の美術は西欧の一歩どころか何歩も先を走っていて、ようやく時代が追い着いてきて、再評価の段階です。
【2012/11/18 11:31】 | ディック #- | [edit]
安人 さん、
横須賀の方とお付き合いができてうれしいです。ブログの前のほうを拝見しながら、ぼくも結構横須賀方面へたびたびでかけているなあ、なんて思いました。
【2012/11/18 11:29】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
俵屋宗達、本阿弥光悦、尾形光琳、それに続く琳派の画家たちはすごいですよ。日本が世界に誇りうる先駆的デザイナーたちです。
是非是非突っ込んでみてください。
【2012/11/18 11:19】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
フラッシュは禁止がふつうですし、広い範囲には届かない。それにぼくがあまり好きでない。
電灯が付いていますでしょ。ひとつ明るいのがあれば、ISO25600ならなんとかシャッターを切れます。あとは練習あるのみ…(笑)
【2012/11/18 11:16】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
剣形の根元の子房のところが、反り返って上へ丸くなるようですね。ひとつの花に子房が五つあるのかな、それが巻き上がるのです。
玄関前のピンクのヒメツルソバが密生している辺りに夏にヒメフウロが出てきて、今ごろこんなふうになります。
【2012/11/18 11:11】 | ディック #- | [edit]
迫力のある襖絵ですね~
法堂の双龍の写真凄いです!

モミジバゼラニュ-ムの赤ですね。
我が家は白なのです。
花のあとも絵になりますね。
【2012/11/18 10:17】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
ミコシグサと云われる花、皆さんのサイトで見まして私も目黒の自然教育園で見る事が出来ました。
ディックさんの写真の様に、いっぱいの姿では無く2つ位の姿でしたが、楽しむことが出来ました。
これは、花たくさんの処ですか?
【2012/11/18 10:07】 | ななごう #- | [edit]
襖絵の迫力はすごいですね。
写真の技術というのも相当なものですね。

本物は博物館ですか。しかしまあ、こうして
寺院にあるのが一番いいですね。
凛とした空気が張り詰めています。

【2012/11/18 08:28】 | 山手の木々 #- | [edit]
おはようございます。

迫力の林風・・・良いものですね~、まずはお座布団を。
熱海でしたでしょうか、生で見た時は立ちすくんだ記憶があります。なお、キヅタもすごいマクロさんです。
【2012/11/18 08:03】 | nakamura #- | [edit]
ディックさん おはよう御座います

昨日は挨拶変わりにとURLを有難う御座いました

アングルで写真は全然変わりますね
安人なんか正面からのみの撮影です

地理佐渡..さんが言われてた様に本当に素敵な写真です

少しづつでも真似が出来ればと思っています
これからも宜しくお願い致します

先日(4日)に観音埼フェスタを狙って行ったのですが3日の土曜日だけで終わってました(笑)・周辺を歩いて来ました
【2012/11/18 05:12】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

見事な複製です。
充分に迫力感を覚えます襖絵ですね。
ちなみに、俵屋宗達という人物には興味があります。

小さな宇宙を感じさせるキズタ、こんな感じで咲いているのですね~!
ディックさまの腕とともに素晴らしいお写真をありがとうございました。

【2012/11/18 00:57】 | 紗真紗 #- | [edit]
今日のお花、おもしろいですね。
特に最後の二枚は、飾るということを排した
おもしろい姿です。

建仁寺、襖絵を見て行ったことに気付きました。室内はどこも薄暗く、確か現在持っているカメラを持参したはずですが……まともに撮影出来たのかしらん。天井の龍は、なかなか迫力がありましたね。
画像を見て、またチャレンジしに行きたくなりました。
【2012/11/18 00:52】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
とんとん さん、
カメラとレンズ一本だけで、景色と室内の両方に対応でき、大きな伽藍なども広角で撮影できる…、と旅行対応の仕様です。
だから花の撮影には不都合なところもありますが、持って歩くことを考えるとあまり重くすると機動力が落ちますし…、よい選択だったのではないか、と思います。
美術品を撮影、再現する技術の発達には、目を見はるものがありますね。
【2012/11/17 22:13】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
EOS 5D MarkⅢ はISO25600 まで試しました。
カメラのノイズリダクションは使わず、Photoshop のノイズリダクションで調整しています。
5枚目がISO25600、絞りF4.0、シャッター速度1/25 だったようです。
【2012/11/17 22:05】 | ディック #- | [edit]
室内でお洒落な写真をとるには高感度が欲しくなりますよね。
こういうタッチの日本画は好みです。
博物館などででよく水墨画の絵ハガキなど買ったものでした。
本物そっくりの高精細デジタル複製って、すごい。
科学技術の進歩には目を見張ります。
【2012/11/17 21:55】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
YAKUMAさん、
本物ですといわれても、ぼくはすなおに信じると思います。区別などつきません。
キヅタはたまたまとても陽当たりのよいところで、とてもきれいでした。そのままに写ってます。
【2012/11/17 21:54】 | ディック #- | [edit]
子どもの頃、本で風神雷神図を見てから
俵屋宗達の名を覚えました

Nikon D300SでISOを上げるに耐えられない性能のため、
世界で最も暗い場所に強い、という言葉にのせられ
Nikon D3Sに買い替えました

本当に世界一だったかどうかは検証できませんが
それなりに気に入っております
【2012/11/17 21:15】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こんばんは
美術品にも疎いのですが、複製でも雰囲気を味わえるといいですね。
実際に見たら迫力があるのでしょう。
付録の写真も素敵です。
個人的にはキヅタの花が気に入りました。
【2012/11/17 21:12】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
moon さん、
相国寺でも天井の「蟠龍図」というのを見ています。
画家が「描いてみたい」と思う気持ちが理解できるように感じます。
【2012/11/17 21:04】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
風神雷神図屏風は、いまでいうイラストのはしりだと思います。この図案にたくさんの追随者が続く。
そこにこうした絵図の道を切り開いた俵屋宗達という創案者のすごさがあるのです。
【2012/11/17 21:01】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、
モミジバゼラニウムはご近所の擁壁の上だったので、低いアングルで撮れました。北隣の叔母の家にもあるので、以前から目を惹かれているのです。
ヒメフウロ、背景の白いのは自分の自家用車でしょうか。背景を考慮して撮ったほうの数枚は肝心のミコシグサがよく撮れていませんでした。
【2012/11/17 20:57】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
ゲンノショウコほかフウロソウの仲間は、通称ミコシグサといって、花を咲かせたあとに剣形の実が残り、最後にこんな形にまるのです。
【2012/11/17 19:58】 | ディック #- | [edit]
「双龍図」この構図では初めて見ます。
迫力がありますね~~。
【2012/11/17 19:53】 | moon #1Cu4NBlg | [edit]
これは「今の複製技術はすごい」ということですよね。
風塵雷神や雲竜はよく知られていても・・・
そうか、書物でしか見たことないなあ。
【2012/11/17 19:15】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
襖絵 大画像で見せていただき感謝です。

もみじ葉ゼラニウム紅葉して綺麗です。
赤いお花が可愛く咲きましたね。
ヒメフウロ・・終焉の美です。
【2012/11/17 18:51】 | ころん #- | [edit]
見事な襖絵ですね。
遥か昔の方の絵画には素晴らしいものが多いですね。

季節の花も紅葉している感じですね。

最後の花、面白い形をしますね。
【2012/11/17 18:43】 | ななごう #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5029-9e6b4041