方丈記

2012.11.09(18:00)

河合神社門121012

 方丈記と下鴨神社とどういう関係かと思われる方があるかも知れない。
 しかしなにしろ姓が鴨だ。鴨長明は下鴨神社の神事を統率する鴨長継の次男として生まれた。下鴨神社には「河合神社」という摂社があって、長明はそこの禰宜(ねぎ)(神官の最高位)の地位に就くはずだった。ところが「あいつはふさわしくない」と横槍が入って果たせずに拗ねたらしい。
 (上の写真は「河合神社」の門)


河合神社境内121012

 歌の道など芸術方面ばかりに熱心で、神職のほうを真剣にやってこなかったことが禍したらしいのだが、禰宜の職に就き損ねて、ますますそういう方面ばかりに熱心になった。
 琵琶の名手なのだが、琵琶の師が亡くなったあとに、演奏することを許されていない曲を演奏したりして、それがバレたりしている。和歌の道もなかなかのもので、後鳥羽院に認められて新古今和歌集の編纂室に寄人として迎えられたりしている。
 (上は河合神社の境内の様子)


「定家と長明」展チケット  スタジオ・ジブリの「定家と長明」という組み合わせは目の付け所がおもしろいが、京都産業大学の小林一彦教授は「長明は定家からあまり好意的に見られていなかった」と書いている。


方丈の草庵2121012

 さて、長明は晩年、日野山(京都市伏見区日野町)に方丈(一丈四方)の庵を結んだことから、自ら書いたものを『方丈記』と名づけた。
 その方丈の庵が河合神社の境内に再現されていた。
 草庵の生活といえばなんだか格好いいように思うが、覗き込んだ印象では、冬のことなど考えると、私はまっぴら御免だ。


方丈の草庵121012

 有名になった『方丈記』だが、平安末期は飢饉など庶民の暮らしが大変だったと私が書いてきたその証拠は『方丈記』の天災・飢饉に関する記録にもあり、すさまじい迫真力ある描写で、読むと当時の人々が気の毒になる。
 安元の大火(1177年)、治承の辻風(竜巻)(1180年)、養和の飢饉(1181年)、元暦の地震(1185年)と、わずか 8年間のあいだに立て続けに続くのだ。
 このような世の中では、社会的な有力者となり、財を蓄えて裕福になったところで、家屋だの物(もの)に執着していれば心配で仕方ないだろう。いっさいの執着を断った草庵の生活こそ理想だ、と長明は格好よく構えて見せる。そのくせ、歌道とか琵琶とか、そちらの方面には激しい執着があった人だ。

 ほんとうに悟っているなら、わざとらしく『方丈記』と題した随筆など発表しなくてもよいのだが、「どうだ、おれはこういう心境に達したのだぞ」と世間の奴らに言ってみたい、見返してやりたい、のだった。
 NHKのEテレで10月に「方丈記」を講義された小林一彦教授(京都産業大学)によると、『方丈記』の人気は、上で書いたように、著者長明が、立派に悟っているようでじつは悟りきれない、等身大の人間として感じられるところにあるのではないか、とのことだ。

 さて、こんなことを書いてしまうと身も蓋もない話になってしまうが、他人の観光旅行の写真なんて、眺めてもたいしておもしろいものではない。
 ところが当方は自分の記録の意味もあってブログを書いているので、当然のことながらギャップが出てくる。
 これを多少なりともおもしろくするには、物見遊山の記録ではなく、いろいろな情報を盛り込むことだと思っている。自分の心の中を探ってみれば、いろいろな背景知識やら、事情やらがあるから、自分も楽しかったのであって、それをさらけ出して記録しなければ、自分の記録も大して意味のないものになってしまうではないか、と思うのだ。


【庭の花々】(付録)(11月7日撮影)

玄関前のヒメツルソバ121107

 ヒメツルソバはいまが最盛期。これは玄関前の様子です。
 11月下旬になると、急に葉が汚くなって傷み始め、霜が下りたら終わりです。ほとんど刈り取ってしまっても、少しでも残っていれば春になると復活します。


庭のツワブキ121107

 北東向き花壇のツワブキ。葉もきれいです。


庭のキク1121107

 以下は、亡父から受け継いだキクの仲間。品種名はわかりません。
 色飛びさせたのかと思われるかも知れませんが、色も形も妙に不揃いなのがこの花の魅力と言えば魅力。
 濃いピンクのほうは、色も繁殖力も安定している感じがします。


庭のキク2121107


庭のキク3121107


庭のキク4121107


 ---------------------------------

 明日10日はまた、San Poの会があります。ブログはお休みさせていただきます。
コメント
大変、興味深く拝見しました。
ジブリにこんな映画があったかなと思いましたが、これは展示だったんですね。
確かに映画では興行的には苦労しそうですね。
お庭は静かな秋の風情で良いですね。
【2012/11/11 16:47】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
kawazukiyoshi さん、
心臓の心配がなくなるというのはいいですね。
昨日は箱根でのハイキングに参加できました。
手術に成功していなければ、とても無理だったでしょう。
【2012/11/11 14:59】 | ディック #- | [edit]
自然を尋ねる人 さん、
著者がどんなことを考えながら書いていたか、それがわかってくるとおもしろくなるのは、どの時代の作品も同じですね。
【2012/11/11 14:57】 | ディック #- | [edit]
山手の木々 さん、
ここで鴨長明の草庵と出会うとは思ってもみませんでした。
一人旅も、こういう出会いがあると楽しいものです。
【2012/11/11 14:55】 | ディック #- | [edit]
樂 さん、
細かいところまでよくご覧いただいて、ありがとうございます。
【2012/11/11 14:52】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
菊の咲いている庭を見ていると、たとえバラが咲いていても「やはり、ここは日本だ」と感じてしまいます。
San Po の会は快晴に恵まれました。
【2012/11/11 14:51】 | ディック #- | [edit]
とんとん さん、
生きのびるだけでも大変な世の中を、先祖たちがなんとか凌いできたから私たちが生きているわけです。
そう考えると、大したものではありませんか。
【2012/11/11 14:49】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
「定家と長明」アニメの抜粋のようなものを展示で読むしかないのですが、なかなかおもしろい。
でも、もしもアニメ制作を実行していたら、興行的には大失敗しているだろうなあ、なんて思いましたよ。
父が一昨年になくなり、昨年はとんでもない「荒れ庭」だったのです。今年初めに大改造しました。
【2012/11/11 14:47】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
その方って、あまりにも各方面に手を広げすぎて、何ひとつ秀でたものを持てない、器用貧乏な方ではありませんか?
【2012/11/11 14:44】 | ディック #- | [edit]
空見 さん、
そうか、鴨下さんという苗字がありますね。
由来がわかるかなあ。一度調べてみます。
「ウォッチ・ミー」ですか。人間は社会的動物だから、社会的な出世欲を捨てたとは言っても、最後に「ウォッチ・ミー」だけは残るのでしょうね。
【2012/11/11 14:42】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、山ぼうし さん、
庵という言葉を使えば品がよいですが、冬越しをここでやって、何年も過ごすなんて、考えただけでいやになりますね。
ヒメツルソバ、葉が赤くなったらすぐ汚くなります。そうなったら刈り取りするしかありませんよ。
【2012/11/11 14:39】 | ディック #- | [edit]
方丈記を好きで好きで
全部暗記している友人がいます。
現代にも通じる心を感じたのかもしれませんね。
調子はよいですか。
無理は禁物ですよ。
私は怒ったり、笑ったり
だいぶ精神状態はおかしくなっていますが
妻曰く
大丈夫
ふふふ
今日もスマイル
【2012/11/11 13:23】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
庵ってずいぶん質素だな~と、鳥見小屋?みたいな。気になって調べてみると
庵というのは「執務に用いる質素な佇まいの小屋」のことのようですが、
だとすれば基本は通いになりますよね。
でも、庵を結ぶというのは、そこに住まうことになるわけですね。
ここで何年も暮らすなんて、本当に冬はどうやって生き延びるのでしょう。

これがご自宅のヒメツルソバですか。紅葉は楽しめないのですかね。

私もブログは記録並びに備忘録だと思っています。
【2012/11/11 12:03】 | 山ぼうし #- | [edit]
ななごうさん、
それは残念でした。なにやら忙しなく、外出も多くなっております。ジュード・ジ・オブスキュアは、大きくは開かないで終わる種類のようですが、香りがすばらしい。いまはサザンカと、この写真の菊が最盛期です。
【2012/11/11 12:00】 | ディック #- | [edit]
先日伺いましたが、留守でしたので帰って来ました。
玄関先のバラ、綺麗でした。記事に出て居たバラです。
高価な花もまだ咲いてましたね。
花屋さんに行ったかと思ってました。(笑)
【2012/11/11 11:03】 | ななごう #- | [edit]
行く川の流れは絶えずしてしかももとの水に・・
頭の部分は一生懸命覚えましたが
ある所からは落語家の山の穴―アなー同様で覚えられませんでした。
鴨の意味も方丈記を書くまでの事も分かったような気になりました。
まくらの草紙、平家物語、と共に好きな書物です。
【2012/11/10 20:21】 | 自然を尋ねる人 #VgfFJ5pE | [edit]
いやー、面白いですね。
ディック版方丈記ですね。

高校の古典で習った以来の古典。
古代は古代でいろいろ確執があったんですねえ。
ディックさんの旅行記は読みごたえがあります。
【2012/11/10 18:56】 | 山手の木々 #- | [edit]
ツワブキは、斑入り種だったのですね。
手前のジンチョウゲの葉とともに、水滴で、艶が増幅されていますね。

【2012/11/10 07:03】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
鴨長明のお話興味深く拝見しました。
行く川の流れは・・・
暗記しましたね。

小菊が上手く咲いてきましたね~
我が家はどうしても白が多くなってしまいました。
散歩の会、お天気だと良いですね。
【2012/11/10 06:20】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
あの[行く川の流れは絶えずして・・・」で有名な鴨長明の話、面白かったです。
方上記の名前の由来も初めて知りました。
それにしても、本当に寒そう。竪穴式住居の方がずっと住み易そうに感じます。
平安の頃、ご先祖様はどんな人生だったのかと思いを馳せているところです。

色変化する菊、素敵です。
倍楽しめますね。
【2012/11/10 05:15】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
お父様からお花を受け継ぐって、とてもすてきだと思います。
私なんて、荒れ庭を残しそうだ……


ジブりのこの展覧会(?)のこと、今日ラジオで初めて知りました!
下鴨神社と鴨長明がそんな関係があったなんて。とても行きたくなりました。 
【2012/11/09 23:45】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
書いていらっしゃる方丈記の解説を拝読し、
あるかたのことを思い出していました

多方面に優れ如才なくていらっしゃるのに、
いつも謙虚です
残念ながら体調が優れないご様子、
それでも無理のない程度に散歩や旅行を愉しんでいらっしゃいます

そのかたの写される作品がすばらしく
私など友人にご紹介したくらいです
爪の垢でもお分けいただきたい思いなのです
【2012/11/09 22:46】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
毎度こんばんは~
面白い記事が続いて、ちょっと待って~と言いたいくらいですが、じつは更新が早くてなかなか追いつけていません(汗)
鴨下さん、という名前の人は結構いますよね。それも何か由緒がありそうな・・。
「方丈記」は有名ですが、一度も読んだことがありません。子供向けの簡単なものなら読んでみたいですが^^;
さて、どんな悟ったような人にも、「私を見て」とか「ウォッチ・ミー」という潜在的な願望はあるのではないでしょうか。う~ん哲学的(笑)
【2012/11/09 22:25】 | 空見 #- | [edit]
こんばんは
長明、なんだか名前の記憶がある程度です。
方丈記とはそのような意味があったのですね。
草庵、冬はつらそうですね。
【2012/11/09 22:19】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
紗真紗 さん、
>人間的な、あまりに人間的な・・・、ですね。。。
おもしろい人なんですよ、鴨長明って…。
菊の写真の魅力は、モデルのパワーがそのまま伝わっていくのでしょう。いまが最盛期です。
【2012/11/09 21:39】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは^♪

昨夜、方丈記で面白くなると・・・、
なぜと思いましたら、鴨つながりだったのですね~!
この方丈記、人間的な、あまりに人間的な・・・、ですね。。。

ヒメツルソバのふわっと絨毯のよう。。。
私的には、最後の菊のお写真の雰囲気の良さにはまいります。。。
【2012/11/09 21:33】 | 紗真紗 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5011-01266bdb