「賀茂」と「鴨」

2012.11.08(18:30)

下鴨神社鳥居から境内を覗く121012

 「賀茂川」と「高野川」が合流して「鴨川」になるその合流地点に、「下鴨神社」がある。
 「ならの小川」の記事で「下鴨神社」の字が「下賀茂神社」になっていたのではないか、と記憶している方がいらしたら、それは気のせいだ(笑)。
 下鴨神社は正式には「賀茂御祖神社」(かもみおやじんじゃ)というが、そんなことは憶えてもすぐ忘れる。
 「上賀茂神社」とともに賀茂(鴨)氏の氏神を祀る神社で、両社の祭事である「葵祭」で有名だ。
  仏教と違って、経典があるわけではないので、時代の変化も流行も無関係だ。
 だからこの記事はどこで入れてもよいように思われるが、このあと鴨長明をフィーチャーする都合上、この順番でなくてはならない。


【舞殿】

下鴨神社舞殿121012

 この日、下鴨神社では「酒サムライ叙任奉告祭」というよく訳のわからないイベントをやっていた。酒造業者のイベントで、洋酒に対抗してもっと日本酒の地位を上げようということらしい。じつはこのイベントを甘く見すぎた。


舞殿での奉告祭式典121012

 拝殿で祈祷があったあと、舞殿で「十二単の舞い」をやっていたらしいのに、肝心のときにスタジオ・ジブリの「定家と長明展」というのを見ていた。表へ出たら、もう叙任式になっていて、それが終わるとお開きだった。十二単の舞いを見損ねてしまった。


舞殿での選任式121012

 写真は「酒サムライ」の叙任式だと思われる。
 また、スタジオ・ジブリの「定家と長明展」はなかなかおもしろくて、今回の記事は、間接的にせよ、じつはかなりその影響を受けているのだが、それはまた次回にでも書くことにする。

 以下、下鴨神社で撮影した写真を、簡単な説明を付けて並べていくことにする。


【供御所】(くごしょ)

供御所121012

 「供御所」(くごしょ)も神饌を調理するところ、との表示があった。結局「大炊殿」(おおいどの)との区別がはっきりわからないままだ。


【御井】(みい)

御井121012

 「御井」(みい)は神饌の御水や若水神事などの御水の祭事が行われるところだそうだ。説明を読むと、その説明の中味の説明が必要になり、結局「細かいことはまあいいや」となってしまう。上屋のある井戸全体を御井とよび、文化財に指定されているそうだ。


【楼門】

下鴨神社楼門121012

 「楼門」の写真は観光案内にもよく出てくる。二階建てで上部に屋根をもつ門を「楼門」と呼ぶ。


【御手洗】(みたらし)

御手洗121012

御手洗説明書121012


【糺の森】(ただすのもり)

糺の森121012

 「糺の森」(ただすのもり)は下鴨神社の境内にある林だ。つまり、記事の最初に戻るが、賀茂川と高野川と合流地点にできた原生林で、下鴨神社はこの「糺の森」の奥にあることによって、神聖な雰囲気を漂わせている。
 この日は、下鴨神社を後にしてこの「糺の森」を歩いて帰ることになった。
 「舞殿」の写真をご覧いただくと、日がかなり低く横から射していることがおかわりになるはずだ。「糺の森」の参道を歩き始めたときはもう日が暮れる寸前で、かなり薄暗い。本記事の写真は、全体にかなりカメラの感度を上げて撮影しているので、やや粒子が粗い画像となっている。
 さて、参道を通ってそのまま帰るつもりが、途中で「下鴨神社」の摂社「河合神社」を見つけることになった。
 ここでスタジオ・ジブリの「定家と長明」展を見ていたことが役に立ったのだった。詳しくはまた次回。

 ------------------------------

 少し頭痛がします。
 朝起きたとき、喉に違和感を憶えるようになり始めました。かみさんも同様らしい。
 空気中の湿度がどんどん下がっています。
 昨年は近所の耳鼻科で、夜間に加湿器を使うのは11月下旬からでは遅すぎる、と叱られました。
 今日は加湿器を掃除して、使い始めました。
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
【2012/12/21 15:10】 | 履歴書 #- | [edit]
ころん さん、ありがとうございます。
今回はどちらかというと、書いていて自分ではあまり興に乗れません。
「とりあえず、見てきたよ」という記録記事から、もっと抜け出たいのですが…。
【2012/11/09 21:21】 | ディック #- | [edit]
多摩NTの住人 さん、
ぼくもセンスの持ち合わせはありませんけれど、『源氏物語』とか、折に触れて詠まれる歌がなかったら、おもしろさが半減どころか、もっと減ってしまうでしょう。
現代人としては、それが感じられれば、よいのではないのでしょうか。
【2012/11/09 21:18】 | ディック #- | [edit]
自然を尋ねる人 さん、
隣町が加茂町? へえ、加茂川というのがあるんですね。語源とか名前の元とか調べられるとおもしろそうですが…。
【2012/11/09 21:15】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
京都は最後は新撰組まで行くべきなのですが…、どうも幕末史に弱いため、壬生だとか、新撰組関係の史跡を回っておりません。
【2012/11/09 21:12】 | ディック #- | [edit]
nekocchi さん、
みたらし団子はここが発祥地です。糺の森にある御手洗池(みたらしのいけ)の水泡を模して、この団子がつくられた、と言われています。
【2012/11/09 21:10】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
万城目学さん、森見登美彦さんなどの小説を通じて、京都の学生生活と触れています。青春をおおいに楽しんだ、というのが、実感としてわかります。
【2012/11/09 21:08】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、hirugao さん、mico さん、ころん さん、
十二単の舞い、めったに見られないものを見逃したんでしょうね。あ〜あ…。
【2012/11/09 21:01】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
その右京区、左京区というのが、どのラインを境に、どういう基準で右と左を言っているのか、ぼくはまだわかっていません。
できれば、ご教示をお願いいたします。
【2012/11/09 20:59】 | ディック #- | [edit]
京の歴史が深くて、散策も奥が深くて
お勉強になりました。
十二単の舞い、どんな舞いなのでしょう~
ゆっくり拝見しました。
お写真も丁寧に撮られていますね。
【2012/11/09 16:09】 | ころん #- | [edit]
やっぱり京都ですね。
スケールがでかすぎます。
加茂と鴨
私の隣の街が加茂町、川には鴨が沢山います。
【2012/11/09 13:35】 | 自然を尋ねる人 #WPD1z/r6 | [edit]
おはようございます。
いろいろ勉強になりました。
「十二単の舞」見損なったのは残念ですね。
下鴨神社はいつの素通りばかり、「糺の森」の散策に行きたくなりました。
【2012/11/09 09:54】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
あゝ新撰組
♪ 加茂の河原に 千鳥が騒ぐ
  またも血の雨 なみだ雨
  武士という名に 命をかけて
  新撰組は 今日も行く
【2012/11/09 09:33】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
この季節でも緑の濃いところですね。

京都の凛としたところを拝見しました。
十二単の舞、私も気になりました・・・

我が家も全員風邪気味です。
どうぞお大事に


【2012/11/09 08:49】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
下賀茂と書かれていても下鴨と書かれていてもそのまま読んでしまいます。
ここは下鴨なんですね。
新古今ですか。
受験で覚えた選者は今でも言えますが、歌を鑑賞するセンスが無い私です。
【2012/11/09 08:33】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
御手洗と書いて、「みたらい」という名前の先生がいました。 みたらし団子と関係があるのかな? 滑車付きの釣瓶井戸を見たのは久しぶりでした。
ディックさんも奥様もお大事になさってください。
【2012/11/08 23:15】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
下賀茂神社、やはり気のせいですね――笑。
姪っこが大学時代、このすぐそばに下宿していました。京都は大学の街、青春をおおいに楽しんだようです。

と、姪っこの下宿には二度ほど遊びに行ったのに、こちらの神社には行っていませんでした。井戸といい、心が清められるような神社ですね。ぜひ行ってみたいです。
【2012/11/08 23:12】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
こんばんは
十二単の舞い、どんなものだったのでしょうね。
神社の緑は清々しい思いがします。
写真で見てもいいものですね。
【2012/11/08 22:27】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
京都市の地名で上賀茂は北区、
下鴨は”鴨”に変わって左京区になります

ここでは理由を書けませんが、左京区の
「葵小学校区」が京都市内で最も人気のある学校区です
【2012/11/08 22:07】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
紗真紗 さん、
今日の記事は京都の歴史にでも興味がないと、あまりおもしろくなかったのではないか、と思います。
おもしろいのぼくの失敗談くらいでして…。
このあと『方丈記』に繋がると、少しはおもしろくなります。
【2012/11/08 21:56】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

鴨と賀茂・・・、
糺と直澄・・・、
たいへんお勉強になります。。。

この糺の森は、水の聖地なのですね。
緑色に染まりながらゆっくりと歩いてみたいです。。。
あぁ~十二単の舞が気になりますが・・、ゴメンナサイ。。。
ディックさま!どうぞお喉お大事にされてくださいね。。。
【2012/11/08 21:40】 | 紗真紗 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/5010-54f61cd8