FC2ブログ

鳥辺野

2012.10.28(18:30)

【鳥辺野】

鳥辺野の墓地121010

 「戻り橋」や「六道の辻」の記事で話題にしたように、平安京の人々にとって「死」は常日頃から隣り合わせにあるものとして意識されていた。
 上は清水寺から五条坂をくだってきた付近、「大谷本廟」(浄土真宗本願寺派(西本願寺)の宗祖親鸞の墓所)の裏手の墓地の光景だ。
 平安京の時代にいう「鳥辺野」(とりべの)はこの墓地の辺りを中心に広がっていたという。

 『源氏物語』では、まだ年若くてもいとも簡単に人が亡くなる。あの紫の上でさえも…。
 ---- はるばると広い鳥辺野の野原いっぱいに、立錐の余地もないほど、おびたただしく人や車が立て込んでいて、この上もなく厳粛な葬儀でしたけれど、紫の上は、ついに、いいようもなくはかない煙になって、あっけなく空に立ち昇っておしまいになりました。それはこの世の常の定めとはいえ、今更どうしようもなくあまりにもはりあいのない悲しいことなのでした ----(瀬戸内寂聴さんの『源氏物語』から「御法」の一部分)


大谷本廟境内121010

 写真は「大谷本廟」の境内。


【清水寺】

清水の舞台縦121010

 鳥辺野跡の墓地は、現在の清水寺の本堂舞台の上からは木々が生い茂って見えないが、もしも平安京の時代にこの舞台があったとしたら、舞台に立った人々の下に見えるのは広大な葬送の地「鳥辺野」であったろう。(現在の舞台は江戸時代初期に再建されたもの。)


清水の舞台広角121010

 清水寺(きよみずでら)の本尊は千手観音。元は法相宗。
 元は…、とことわるのは、法相宗は1882年に興福寺、薬師寺、法隆寺の三寺が大本山となったが、第二次大戦後、法隆寺は「聖徳宗」を名乗って離脱し、清水寺も「北法相宗」として独立したからだ。
 法相宗はもともと学問の寺という色彩が強い。貴族たちでさえ死と隣り合わせに生きていた。生きることが「苦」であった庶民の心の支えには、そのままでは清水寺はおそらくもの足りなかっただろう。
 

清水の舞台横121010

 清水寺の舞台は本堂の一部分だ。本堂だから本尊の千手観音立像が安置されている。(秘仏でありめったに開帳されることはない)
 そして建物の前の部分が山の斜面にせり出すようにして建てられ、139本といわれるケヤキの柱に支えられている。張り出し部分は少し前方に傾斜していて、ちょっとこわい。
 後から写真を眺めると、つい先ほどまでの自分も含めこれほど大勢の人々が舞台に乗って、ほんとうに大丈夫なのだろうか、と不安を感じさせる。


清水寺三重塔121010

 さて、平安中期以降、清水寺は本尊の観音信仰のおかげで栄えた。西国三十三箇所観音霊場の第十六番札所となった。『枕草子』では「さわがしきもの」の例として「清水観音」の縁日を挙げている。前回の記事で紹介したように、いまは毎日観光客でごったがえしてさわがしい。
 観世音菩薩はあまねく衆生を救ってくれる。法相宗というより、真言密教や浄土信仰の広がり、深まりとともに観音信仰が盛んになり、清水寺は栄えていったとみるべきだ。
 真言宗の考え方では、聖観音、十一面観音、千手観音、馬頭観音、如意輪観音、准胝観音を六観音とする。六観音は六道輪廻の思想に基づき、六種の観音が六道に迷う衆生を救うという考え方なのだ。
 清水寺の観音様は千手観音だ。手が多いので、救済を求める庶民にとって、観音様の手が回らずに取り残されるという不安がないのかも知れない。
 (写真は重要文化財の三重塔。寛永再興時の再建で昭和62年に解体修理された。トップの鳥辺野跡の墓地の写真の一部にちらりと姿を見せている。これで位置関係がある程度把握できる)


清水寺鐘楼121010

 以上のように、「六道の辻」の記事の続きに「鳥辺野」と「清水寺」が出てくるのは、このように内容が繋がってくれるからなのだ。
 (写真は清水寺・鐘楼) 

 -------------------------------

 陰陽道や民間の迷信の話題から、ようやくまともな仏教の話へ進んできました。今回は真言密教の話題も登場したので、京都の旅のシリーズの次回は「東寺」となります。
コメント
多摩NTの住人 さん、
源氏物語、読み始めの頃と後半と、かなり印象が違いますね。ぼくはあと少しで全巻読み終わるところです。
高校生の頃にぼくが読んでいたら、死生観に関する部分など重要なところを理解できず、女性遍歴の物語として読んでいたかも知れません。
たぶん、途中で投げ出していたというところが正解でしょう。
【2012/10/29 23:12】 | ディック #- | [edit]
dezire さん、
清水寺の二枚目はかなりの広角になるので苦労しました。Photoshop で強引に修正しています。
「リヒテンシュタイン展」は友人から招待券をもらったばかり。これからです。
近いうちにお伺いいたします。
【2012/10/29 23:07】 | ディック #- | [edit]
樂 さん、
ここ十年ばかり、仏教のことをずっと考えてきたことの総決算のつもりで書いています。
寺院の写真など、たくさんならべたところでさほどおもしろいわけではないので、文章のほうに力を入れています。
【2012/10/29 23:03】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
正直に書きますと、清水寺はあの大舞台に驚いただけで、さほど感銘を受けなかった寺のひとつです。
小さな寺で、心を洗われるようなところがたくさんありました。観光客が多すぎるのでしょう。
【2012/10/29 23:01】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、
南海地震とか起きたとき、この清水の舞台にはいたくないですね(笑)
現地の方の話では、紅葉のときはとてものんびりとお庭の拝観とかできないそうで、行列だそうです。
【2012/10/29 22:58】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
奈良時代の学問仏教のままだったら、清水寺はこれほど発展しなかったでしょう。
京都に五泊六日もいると、いろいろなことに思いを馳せます。
【2012/10/29 22:56】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
観音崎の灯台とか、清水の舞台とか、危険な手すりに近いところが下がっているのはなぜでしょうね。
死の意識の仕方は人それぞれですが、ぼくは宇宙の歴史全体の中で考えています。所詮ほんの一瞬の人生で、何か名を残したところで、いずれ地球ごと太陽にのみ込まれてしまいます。墓なんかどうでもいい、というのが本音です。
【2012/10/29 22:54】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
小説などを読むのが一番で、平家物語、源氏物語などを読むと、当時の人々がいかに死を意識しつつ生活していたかがわかります。それを感じ取って初めて、信仰がどのように生まれ、変わってきたかがわかります。
現代人がそれを意識するのは、ぼくのように病気をしたり、年をとって残りの人生を数え始めてからですね。
あの舞台、どうしてああいう造りになっているのでしょうね。怖いです。
【2012/10/29 22:49】 | ディック #- | [edit]
山ぼうし さん、
鳥辺野のは、平安京の時代は風葬の場所でした。そこがいまは墓地になっています。そのような場所が、蓮台野、・化野(あだしの)なのほかにもあったのです。とても回れませんでしたけど。
【2012/10/29 22:45】 | ディック #- | [edit]
源氏物語は某W大の入試に必ず出ると言われて、当時、円地文子さん訳の全集を読みました。
入試問題に出たかどうかは覚えていませんが、その全集を、先ごろ少し読み直してみました。
高校生の時とは全く違う面白さがありますね。
【2012/10/29 21:30】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
こんにちは。

京都の清水寺、いいですね。
私も京都に行く機会には必ずと行って良いほど立ち寄るお気に入りの場所です。
真冬に出張の帰り雪のある清水寺の風景を見たときは感激しました。
ものすごい寒さで震えながらでしたが。
2番目写真は最高のカットですね。
今度行ったときはこの角度から清水寺を見てみたいと思いました、

ところで私は「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」が開催されルーベンスの傑作が出品されていますので、ルーベンスの絵画の魅力について書いてみました。ご感想、ご意見などブログにコメントなどをいただけると感謝します。
【2012/10/29 18:01】 | dezire #tLX0El8c | [edit]
清水寺は、どの角度でも立派で歴史を感じながら~^
舞台から見る光景は素晴らしいです。
何年か前ですが、舞台の支柱を見ました・
かなり古く感じましたが、
お手入れでしょうね。
京都の紅葉一度行ってみたいものです。
【2012/10/29 13:10】 | ころん #- | [edit]
清水寺は京都へ行くと必ず立ち寄るところです。

いつも観光の人でいっぱいですね。
さくらの時期に少し見えている道を歩いたことを
思い出しました。
【2012/10/29 11:41】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
コメントするような知識もないので、ただただ感服しながら見させてもらっています。
【2012/10/29 06:18】 | #M8XIDdVw | [edit]
おはようございます。

北法相宗。法相宗そのものが身近に
感じられないところで、北法相宗と
は知りませんでした。南都仏教を代
表するものの一つですね。

さて、清水の舞台。久しく行ってい
ないし、見ていない風景です。うら
やましいですねぇ。

【2012/10/29 06:11】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
清水寺のせり出し部が、斜めに成って居るとは知りませんでした。まだ、行った事がないので尚更です。
139本のけやきで上物を支えて居るんですか。どれほどの重量が地べたにかかっているんだろうと気に成りました。

自分は果たしていつまで生きるんだろう?と云うのが私の中に渦巻いて居ます。
自分の墓は要らないといつも云ってますので、はかない命かも知れません。
こーゆう考えを持って居ると長生きできるかなー?なんても考えてます。
【2012/10/29 00:53】 | ななごう #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪
いろいろな意味で「死」を意識しないで、
暮らせる世の中に感謝しかありません。。。
魅力的なお写真に、解説でお勉強させていただきます。。。

清水寺には、何度か訪れましたが、
あの舞台の不気味に感じる斜度がイヤですね。
【2012/10/29 00:07】 | 紗真紗 #- | [edit]
墓地が・・・私には異様で怖い感じがします。
少し驚きました。

清水寺の舞台は、別の意味で怖そうです。
【2012/10/29 00:03】 | 山ぼうし #- | [edit]
小肥り さん、
>「尖」「暴」「隣」・・・
いやだなあ、そんなの…。
音羽の滝も行きましたし、写真も撮りましたけれど、今回の記事ではパスしました。
【2012/10/28 22:42】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
FREUDE さんがNikon なので、正直迷いましたが、画質と解像度よりも、暗さに強く部屋の中でも自由に撮れることを優先して CANON を選びました。
【2012/10/28 22:39】 | ディック #- | [edit]
takae.hさん、
おっしゃる通りだと思います。宗教への信仰はまず日常の生活でどれだけ死を意識するか、ということから始まっている…、その典型的な例が京都でしょう。
【2012/10/28 22:37】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
京都の仏教信仰の流れを概観するつもりで書いています。生意気なようですが、この連載を読んでいただけると時代と宗派の流れがどんなものかがわかるように書いていくつもりです。
まずは第1回目が奈良からの古い仏教ということでした。途中で真言密教の千手観音信仰が加わって、それが清水寺を栄えさせました。
【2012/10/28 22:35】 | ディック #- | [edit]
修学旅行の定番でありますね。
また年末の「今年の漢字」では管主さんが大筆をふるって大書なさる。
今年はなにでしょうか。「尖」「暴」「隣」・・・
もうひとつは上方落語の「はてなの茶碗」かな。清水寺をくだって
音羽の滝の茶店でひと休みしていたのが骨董屋の茶金さんでした。
【2012/10/28 21:50】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
こんばんは
仏教、宗派があるのは知っていますが、
どのようなものか、はっきり知りません。
そういうところが、深まると京都や奈良の観光も見方が変わるのでしょうね。
興味はある、で終わっています・・・
【2012/10/28 21:44】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
5年ほど前に一眼レフを買おうと思った時、
CANNON KISS X2を考えていました

清水寺ですれ違う人は、圧倒的にNikonだったため
Nikon D90を選択した記憶があります

いくたびに何かしらの思い出ができる寺院でもあります
【2012/10/28 21:11】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
きらびやかな都の外縁に、すぐ葬送の場が広がっていた。そういう現実を初めて知ったときは衝撃的でした。考えれば当たり前なのですが…人の死を日常的に見聞きするから信仰心が深まったのでしょうね。
仏教のことはわかりにくく、とても勉強になります。
【2012/10/28 20:34】 | takae.h #eVGPBDOs | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4993-333c4e2b