FC2ブログ

ならの小川

2012.10.24(00:01)

上賀茂神社外幣殿121012

 10月12日、上賀茂神社へ辿り着いたのは午後三時少し前だ。十月ともなると、三次半頃になれば陽がかなり傾いたと感じ始め、今日の散策はもうここまで…、と諦めねばならない。神社や寺院の受付も四時で閉めてしまうからだ。
 旅行の初日には八坂神社が華美なばかりであまりにも風情がなくがっかりしていたので、この日もさほど期待はしていなかった。紫式部邸跡に建てられた廬山寺から相国寺などを回って賀茂川の畔まで出たとき、たまたまバス便があったので上賀茂神社まで来てしまった。
 予想はよい意味で裏切られた。
 写真は上賀茂神社で真っ先に目につく建物で「外幣殿」だが、檜皮葺きの屋根が優美で美しい。
 (注:「外幣殿」は上皇や摂関家などの偉い方々がお参りにこられたとき、真っ先にお通しする建物「著到殿」として使われていた、と立て札あり)


上賀茂神社楼門121012

 上賀茂神社というと旅行ガイドブックなどに必ず掲載される朱塗りの「楼門」も檜皮葺きで、八坂神社よりずっと上品に感じられる。


上賀茂神社の蝶と萩121012

 楼門を通ってお参りを済ませる。
 萩や藤袴が美しい。


上賀茂神社の藤袴121012

 秋の七草のひとつ藤袴の写真は当ブログでは初めてだ。


ならの小川横121012

 参拝を終えて上賀茂神社を後にしようとする頃、もう日は傾き初めていた。
 木々が生い茂る中を、川に沿って歩いて行く。水量がかなりある。あれは何か…。


ならの小川と紅葉縦121012

 抑揚をつけた、祈祷と掛け声の混じったような響きが聞こえる。彼らは神官たちらしい。


上賀茂神社ならの小川の禊ぎ121012

 木の間からのぞき見ると、肌の色がまぶしい。川の流れから上がると、輪になって儀式的な舞踊を行う。これが「禊ぎ」だろうか。

 風そよぐ ならの小川の 夕暮は みそぎぞ夏の しるしなりける
 藤原家隆 が詠んだ百人一首の98番歌である。

 なんという偶然だろう、まさにこの歌とおなじような場面に出会っていた。
 (季節は夏ではなくもう十月で、水がずいぶんと冷たそうに感じられたが…)


葵橋からの賀茂川121012

 「ならの小川」と詠まれたこの川は、現在名は「明神川」という。
 今回の京都の旅では川にこだわった。古来から京都にとって水はとても大切だったからだ。陰陽師や密教の僧侶たちの祈祷においても「雨乞い」は重要な仕事だった。
 それに、「川」を知れば、京都の地理も容易に理解できる。
 上賀茂神社の脇を流れている川は「賀茂川」だ。
 写真は下流の葵橋から撮影した賀茂川である。


賀茂川合流地点121012

 「賀茂川」は下鴨神社の南方で「高野川」と合流し「鴨川」になる。
 上の写真で左側が高野川、右側が賀茂川、合流地点から先が鴨川だ。

 京の宿は鴨川に面して、十階のレストランからは高台寺ほか東山の寺院がよく見える。
 弁慶と牛若丸が出会ったとされる「五条大橋」西詰(西側の袂)から少し北へ歩いた「松原橋」のすぐ近くだ。本来の五条橋は、この松原橋の位置だという。伝説の牛若丸と弁慶の出会いはこの旧橋ということになる。
 豊臣秀吉が1589年に現在の五条通に架け替えさせた。
 こんなふうに、何かと「川」が脳裏を離れぬ旅となった。

 (注: 京都の上賀茂神社で「ならの小川」というのは紛らわしいですが、調べたところ「なら」は「楢」のようでした)

 -----------------------------------------

 帰宅してみると、旅行中に apple 社からPCのリコールの知らせが届いていました。
 近日中にハードディスクの交換のためもう一度数日間お休みさせていただきますので、ブログの再開日を少し早めました。

コメント
お帰りなさ~い(^_^)/
神社仏閣のお手本ともいうべき建物は、見事の一言で終らせられないですね^^
こちらでは見られそうもないこの風景は、心和む思いです。 ディックさんが目を輝かせて撮影に没頭する姿が目に浮かびます♪
【2012/10/26 01:22】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
神社のフジバカマ、期待通りとても綺麗。
このくらいの咲き加減が最高に美しいですね。
写真のサイズが今まで出されたことのない横長でまた新鮮です。
家のOSが又へんなのかな?
心配になります。
【2012/10/25 20:36】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
御無事でなによりです。
上賀茂神社と下賀茂神社というのがあるのですよね。
何かで読んだのですが、何だったか?元々一つの神社だったとか?
先日、藤袴を見たのですが、もっと赤みがありました。品種が違うのかな?
賀茂川が鴨川になる!かぐや姫の『加茂の流れに』は加茂ですよね、何だろ?
【2012/10/25 19:57】 | 山ぼうし #- | [edit]
お帰りなさい

早速素敵なお写真が拝見できました。

萩に蝶なんてラッキーでしたね。

川の風景私も憧れです
いつか撮ってみたいです。
【2012/10/25 11:01】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おかえりなさい! 
やはりこの鮮明な画像には心惹かれます。
実際にその場に足を運んだような気になりますね。

京都、大阪、そして神戸は古来から
川と海、運河を利用して、
今では考えられないほど緊密に結ばれていたようです。
関西に発達していた水運を忘れると
歴史を見誤るような気さえします。
【2012/10/24 23:29】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
こんばんは
お帰りなさい。
京都の旅は楽しめましたか。
川の風景、いいものですね。
旅の記録、楽しみです・・・
【2012/10/24 23:09】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
予定より早めだと思ったら、PCハードディスクの交換ですか。
データ移動等考えると、大変な作業になりそうですね。
じっくり回られた関西旅行の写真、これからが待ち遠しいです。
【2012/10/24 23:05】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
古都の旅堪能されて、
珍しい光景にも出会われました。
古都歩きアップ楽しみです。

萩に藤袴も秋のお花しっとりしますね。
【2012/10/24 16:50】 | ころん #- | [edit]
お戻りになられたんですね。
お帰りなさい。古都の旅をずいぶん堪能されたご様子で、たくさんの写真から、ディックさんの目の輝きが想像できます。
旅の記録を楽しみにしております。
【2012/10/24 15:48】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
ディックさま^^おかえりなさい♪

第1弾ですね!
いい風景ですね、京都の旅のご様子が分かります~!
禊の場面など、なぜかいつも呼びよせるのですね~♪
きょうもありがとうございます~♪
【2012/10/24 14:55】 | 紗真紗 #- | [edit]
京都の秋を満喫されましたね。
珍しい光景にも出会えたそうで羨ましいです。
【2012/10/24 13:53】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
お帰りなさいませ。
京都もしばらく行っておりませぬ。
実は「ならの小川」の葛藤に身もだえしておりました。
「楢」であるとの種明かしで葛藤は氷解いたしました。
ありがとうございます。
・・・しかし何故「楢」なんだろう・・・
【2012/10/24 11:34】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
おはようございます。

うらやましい風景が並びました。
これからしばらく楽しめるか?
いやいやどうもリコールでPC
がドック入りとか..(苦笑)。

【2012/10/24 07:02】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4985-615a7550