旧岩崎邸庭園(2)

2012.09.18(18:30)

旧岩崎邸玄関の塔120903

 旧岩崎邸庭園見学の続きです。岩崎邸庭園といいましても、こちらのおもしろさは主として洋館、和館、撞球室の三棟の建物であり、庭園はさほどのことはありません。
 それなのに、最初に、残念なことを報告しなければいけません。建物内部は「撮影禁止」なのです。
 そこで建物の外観や、庭園側から撮影できる範囲の写真で、あとは想像していただかなければならないのです。

 上の写真は正面玄関上部の塔を見上げています。
 下の写真は、同じ塔を北西側の下から見上げました。光線の関係で色が変わっていますが、実際の色は上の写真をやや濃くした感じだったと思います。単純に、日陰は色が濃く、陽の当たっているところは白っぽくなりますが、カメラのホワイトバランスがそれを勝手に中間状態に修正しようとするので、後から本物の色がよくわからくなります。


旧岩崎邸の塔120903

 まず、洋館ですが、設計者はジョサイア・コンドル。明治十年に明治政府の招聘により来日した建築家で、当ブログ内には「三菱一号館美術館」などの画像があります。

 追記 : 「旧島津公爵邸」の画像もありました。やはりジョサイア・コンドル氏の設計です。

 岩崎久彌氏 の家族は通常は和館で生活されていて、洋館は年一回の岩崎家の集まりや、外国人や賓客を招いてのパーティーなどに使ったのだそうです。

 アラビア模様風の壁紙など、内装はとても凝っています。2階の2部屋に2種類の金唐革紙という手製の高級壁紙が使用されています。現在のものは復元品が貼られているのだそうですが(復元製作主任は日本画家の後藤仁氏)、西欧では革を使って浮き彫りのような凹凸を表現するところ、日本の気候に合わせて和紙で作られたのだそうです。額に入れた一部の壁紙を触ってもかまわないようにして展示されていますが、実際に触ってみて、とても和紙で作られているとは思えません。製造工程の説明がありますが、まさに手製であり、手数の掛かった職人仕事に驚かされます。


洋館の角から庭を120903

 内部を見学した後、東側を回って、南側の庭園のほうへ出て行きます。
 東側には張り出し窓があり、その一部と庭園が写っています。


洋館庭側120903

 南側の庭園の芝生奥から撮影しています。
 洋館の建て方については「どこそこは何々様式」との説明があるわけですが、説明はなかなか複雑でして、いろいろなスタイルを採り入れたジョサイア・コンドル独自のものと言ってよいかと思いました。 


洋館裏庭斜めから120903

 洋館南側一階二階ベランダの列柱、東側の張り出し窓などはとてもお洒落で、このようなところで開かれたガーデンパーティーを想像すると、そんな体験を一度してみたいものだ、と思います。


洋館張り出し窓120903

 上の写真は東側の張り出し窓です。
 今回は洋館のみの写真を出しています。和館のほうは一見質素な感じのする建物でした。この洋館の西側と繋げて建てられています。
 洋館の様子は、列柱の近くから撮影した写真を次回もう一度紹介します。 

 
 ------------------------------

 CANON のカメラでの撮影ですが、細部の解像力が高く、その点は満足しています。ただ、使っているレンズは広角で糸巻き型の歪みが生じていて、これを直すのがなかなか厄介です。このような建物写真だと、直すのが下手だった場合、あとから冷静に見たときに目立ちます。
 下から3枚目や最後の写真は、十分に直しきれずに糸巻き型の歪みが残っています。
 たぶん 24〜105mmではなく、24〜70mmに買い換えればよいのでしょうが、価格が高く、しかも重くなります。ウォーキングに適しているとは言えません。
 Olympus のレンズだとこういう心配はないのですが、カメラのほうは感度を高くできません。出かける前に、明暗差の激しい写真や、室内撮影が予想される場合、Olympus を持って行ったら撮れない写真が出てきます。悩ましいところです。
コメント
とんとん さん、
コメントをいただいたななごうさんのように、建物の歪みに敏感ですぐに気がつく方もいらっしゃいます。
自分で画像編集していると、わずかなことも気になります。
【2012/09/19 19:12】 | ディック #- | [edit]
kawazukiyoshi さん、
当時はよかったでしょう。しかしいまやヒートアイランドの真ん中。冷房がありませんから、温暖化の日本では夏は厳しいですよ。
まあ、ここを使っていたような金持ちたちは、夏は避暑地へ行くのですかね。
【2012/09/19 19:09】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
ハーバーランドは素敵でした。
まあ、たしかに、細心の価格の高いカメラほど写りがよい、という傾向はありますが、余計なものがいろいろと付いて、複雑になっています。
カメラと同時に、レタッチを憶えることが重要になります。
【2012/09/19 19:06】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
ぼくもよく小説を読むものですから、ここを舞台にした商談とか、家庭生活とか、具体的にどんなふうだったろうか、と想像をたくましくしてしまいます。
【2012/09/19 19:03】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
窓とその周辺の装飾、柱や手すりなど、きめ細かにお洒落していました。その雰囲気が伝われば…、と思います。
【2012/09/19 19:01】 | ディック #- | [edit]
空見 さん、
旧島津公爵邸などの洋館と比較すると、あまり重厚という感じではありません。列柱も細めですし。
細部の装飾が凝っていて、とてもお洒落に感じました。
冷房がありません。けっこう暑かった!
【2012/09/19 18:59】 | ディック #- | [edit]
一生懸命糸巻き型の歪みを探しましたが、見つけられませんでした。(^^ゞ
奇麗に見えます。

単焦点マクロとズームレンズの解像力の違いは自分の写真を見比べて
よく分かるのですけれど・・・(ーー゛)

【2012/09/19 17:49】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
楽しくなりますねー。
こんな洋館はちょっと住んでみたくなりますね。
内部撮影禁止とは、残念。
お元気で。
今日もスマイル
【2012/09/19 11:20】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
なんとも重厚な建物ですね~

ということだけでなく私のコンデジではお手上げです。
昨日の
ハーバーランドの写真でやはり少しいいカメラが欲しい病が
再発しました(笑い)。
【2012/09/19 10:42】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
神戸の北野町や須磨に、かつての栄光を思わせる洋館がたくさん保存されていますが
さすがにこの規模のものはありません。
すごいものです。
ここで開かれたパーティーって、どんなのだったのだろう……想像がつきませんが
そういうパーティーが商売を大きくし、ひいては日本の貿易を盛んにしたのでしょうね。
【2012/09/19 00:17】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

かの岩崎邸、素晴らしいです~!
この色合いといい、ディテールに至るまで
気を抜かずに造られたという印象で、
この洋館からリズムを感じるようでした。。。
優美さを放つお写真をありがとうございました~♪
【2012/09/18 22:22】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。
すごい建物ですね、ビビります(笑)
内部は撮影禁止とか、警戒厳重ですねぇ、でも重厚で華麗な雰囲気など想像しております。
【2012/09/18 20:58】 | 空見 #- | [edit]
地理佐渡さんへ追伸
調査しましたが、島津邸も岩崎邸も、どちらの建物もロケ地ではないようです。
明治村を使ったような気配がします。
【2012/09/18 20:20】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
未確認で申し訳ありませんが、「坂の上の雲」で撮影に使われていたのは、清泉女子大学構内の旧島津公爵邸のような気がします。同じジョサイア・コンドル氏の設計です。
お父様がかなり弱られたように感じられたとのこと、心配ですね。来年も田植えのときはできるだけ手伝ってあげてください。
【2012/09/18 20:13】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
コメントにまったく同感です。とてもお洒落な建物です。
清泉女子大の構内に旧島津邸というのがありまして、やはり列柱などがとても美しいのですが、細部の意匠の完成度が違います。
岩崎邸はいままでぼくが見た中でベストだと思います。
【2012/09/18 20:04】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
コメントの冒頭でおっしゃっているように、画像が画面の中央に向けて凹む歪みを糸巻き型の歪みと言うようです。レンズのせいです。
根岸森林公園建物は Olympus のレンズで、それまでそのような歪みに気がついたことがほとんどなく、建物自体の歪みだろう、と思っていました。
【2012/09/18 20:00】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

とても良い感じです。もしかしたら
NHKの『坂の上の雲』のロケ地と
しても使われませんでしたかね。
記憶が曖昧で申し訳ないのですが..

さて、週末撮影の佐渡の風景をご覧
いただきました。ありがとうござい
ます。母はともかく、父が随分弱っ
てきています。佐渡に単身で赴任し
て以来4年目となりましたが、この
四年間の中でも随分よわったなと感
じているのです。

来春は長岡に戻る可能性があるので
すが、やはり田植え稲刈りの時は
休みを取ってでもかなぁと感じてい
ます。

【2012/09/18 19:51】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
説明に有ります下から3枚目の写真ですが、右側部分、1Fと2Fをじーっと見ますと1Fは垂直に2Fの方は外側に反って見えますね。
これもレンズのせいでしょうね。

前の記事で根岸競馬場の建物の写真も、歪んで見えてました。
先日、行った時に確認して見ましたら建物自体が上に向かって斜めに狭まって居ました。
【2012/09/18 19:43】 | ななごう #- | [edit]
興味ありますねえ。こういう意匠の洋館。手元に二冊の本がありますがどちらも絶賛です。
都心に残る洋館の白眉と言うておりますね。建築様式の話など難しいことが書いてありますが
印象だけで言えば「こんなにお洒落な建物」といった感じ。
撮影禁止は残念。
【2012/09/18 19:29】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4948-43ed1175