FC2ブログ

湯島天神下から旧岩崎邸へ

2012.09.16(18:30)

湯島天神下交差点120903

 三菱一号館美術館へ何回も展示を見に出かけていた関係から、一度は旧岩崎邸庭園を見に行ってみたい、と思っていました。
 どうせなら使ったことのない駅で下りてみたいと千代田線湯島駅から歩くことにしました。
 上は湯島の「天神下」交差点です。
 通りを上っていくと左側が湯島天神、通りを少しだけ歩いて右へ折れ、狭い通りを歩いて行くと旧岩崎邸庭園ですが、交差点の近くでおもしろいものを見つけてしまいました。


湯島ハイタウン1120903

 「湯島ハイタウン」が竣工したのは1970年。現在の大規模高層マンションの先駆けとなった2棟は、総戸数394戸、間取りは2LDK~6LDK、高さは45m、16階建て、当時日本初の超高層住宅と言われたそうです。
 写真はそのB棟。


湯島ハイタウン2120903

 レンズを向けたくなる気持ちをわかっていただけるとよいのですが…。


岩崎邸への導入路120903

 では、路地を少し歩いて岩崎邸の門を入ります。
 写真のような通路が少し小高くなったほうへ上っていまして、わくわくとしてきます。


岩崎邸玄関側正面全体像120903

 おお、これは!
 この洋館は岩崎彌太郎の長男・久彌邸として、三菱一号館などと同じジョサイア・コンドル氏が設計したと聞いておりましたが、この外観にはおもわず感嘆の声が出ます。


岩崎邸庭の境の装飾120903

 左のほうを振り返ると、庭園との境を区切る塀でしょうか。
 この装飾など、ずいぶんと洒落ています。


岩崎邸正面玄関アップ120903

 正面玄関に辿り着きましたが、本日の記事はここまで。
 「湯島ハイタウン」などで脱線しましたので、詳しい記事は先送りさせていただきたい、と思います。


 --------------------------------

 ところで本日は朝10時頃 ななごうさんがお見えになり、パンパスグラスほか、わが家の庭の様子などをご紹介しました。かみさんはスキップを連れて根岸森林公園へ出ていたので、失礼させていただきました。
 当ブログへいらっしゃる方の中では、実際にお会いした初めての方になります。
 バイクで颯爽と登場されまして、初めてでもすぐにわかりました。


【特別出演 : ななごうさんが見つけられた庭のライラックに潜む幼虫】

ななごうさんが見つけた庭の幼虫120916

 「幼虫図鑑」で調べましたが、似たのが多い。ブドウスズメ、エビガラスズメなんていうのが近いかな、と思われますが…、どうでしょうか。


 ---------------------

 本日の記事、見直していくと、岩崎邸洋館の角度がいまひとつ不安定です。
 次回以降、訂正していきますのでご容赦ください。
コメント
山ぼうしさん、
湯島合同庁舎って、どこの庁舎かなあ、なんて横目で見ていました。
マンションは写真だけ撮り、気になって後から調べました。
岩崎邸はすごいです。贅沢な建物でした。
【2012/09/18 21:11】 | ディック #- | [edit]
以前、岩崎邸の隣に庁舎があり(今もあるのかな)、
いやいやながら何度かいきました。
岩崎邸の庭の芝が「隣の芝は青く」見えました・・・。
大きなマンションは気になっていましたが、なかなか歴史のある建物なのですね。
【2012/09/18 18:59】 | 山ぼうし #- | [edit]
dezire さん、
ここでいつも言われることですが、ぼくはどうもかなり「欲張り」なので、折り合いを付けるのが難しく、悪足掻きばかりしているようです。
ま、そんなことではいけないと、ご忠告を入れて少しスローダウンしようかな。
また、うかがいます。
【2012/09/17 20:40】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
湯島ハイタウンと旧岩崎邸を並べると、これが同じ建築物なのか、と思いますね。
それでも、湯島ハイタウンは湯島ハイタウンなりにアートしているのがおもしろい、と思いました。
【2012/09/17 20:37】 | ディック #- | [edit]
ななごう さん、
眠いのに眠れなくなるのが困りますね。年のせいだとは思いますけど。ベランダがなくて室外機が並んでいるこの光景は、現代のマンションに慣れていると異常な感じがするのですが、いまでも高層マンションはこうなのでしょうか?
なんて質問するとまた眠られなくなるかも…(笑)
【2012/09/17 20:35】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
ど迫力なのは写真が大きいからでしょう(笑)
湯島ハイタウンはCANON のカメラで思い切り絞っています。この写真のポイントは近くから遠くまでシャープに撮ることだ、と思いましたので。
細部は後から Photoshop のシャープ処理でひと工夫しています。
【2012/09/17 20:31】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、空見さん、紗真紗 さん、
「意図せず創り出された模様が、なにやら繰り返しのリズムをもって迫ってくるおもしろさ」とでもいいましょうか。なかなか上手に表現できませんが…。
湯島ハイタウンの看板も撮影して、蘊蓄は後からネットで調べてわかったことでした。
【2012/09/17 20:27】 | ディック #- | [edit]
こんにちは。

旧岩崎邸は趣ある場所で時々行きます。
この建物は私も好きです。

美術展のブログはいつも終わるころになってしまい、お叱りを受けていますが、私も時間がとれず、見るのが終わりに近づいしまうことが多く仕方ないところがあります。

お体のことも、私はブログに良いことしか書きませんが、実は私もいろいろ病気と闘いながら精一杯のできることをしている状況なので、ご理解いたします。結局人生自分の置かれた状況に折り合いをつけながら、その中で精一杯楽しみを作っていくしかないと思っております。
これからもよろしくお願い致します。
【2012/09/17 13:10】 | dezire #9vUGVcnE | [edit]
古い建物もその当時は最先端だったのでしょうね。
何処か懐かしさを感じます。

旧岩崎邸の重厚感に装飾の美しさ
素敵~と言ってしまいます。

ゾクッとしました、この幼虫の写真・・・
【2012/09/17 10:50】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
窓、よーーーく見たら開きそうですね。

これで寝られそうです。(笑)
【2012/09/17 06:19】 | ななごう #- | [edit]
ディックさん、おはようございます。

今では、何処に行っても高層ビルが立ち並びあまり目にも留めませんが当時では珍しかったでしょうね。
外壁に空調機のステー。漫才の地下鉄の車両と同じく、どうやって外に出るのか?
考えていたら朝に成ってしまいました。
目が痛いです。いや、頭もです。
窓は開かない様ですし。
下の階は梯子で何とか?出来ても上階はロープで?まさか、窓拭きのロープ使いの様に?

岩崎邸、立派な造りですね。
個人の家には見えませんね。

東京駅も改修工事が終わった様ですし、少しずつ廻ってみましょうか。

ライラックに留まる幼虫、大きかったです。
私の処にもキンカンの葉にアゲハが良く卵を産み付けますが、大きく成る前にスズメに食べられてしまいます。
腹の色からして、擬態だろうと思って居ます。
しかし、大きかったです。
鳥の餌に成る前に、ネットで囲むとどんなチョウに成るか見られますね。

【2012/09/17 06:16】 | ななごう #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

おもしろいですね~!!
湯島ハイタウンの無機質な力が迫ってくるようで、
もう、ディックさまの洞察力の深さに敬服です!!
いつも、洋館で気になりますのは、窓です~!
ほんとうに、おお、これはです!気品あふれる瀟洒な建物です。

おぉ~!バイクのななごうさまとお会いになられたのですね♪
これは^^幼虫さんには見えなくて。。。(笑(#^.^#))))
【2012/09/16 23:31】 | 紗真紗 #- | [edit]
湯島ハイタウンも岩崎邸も、
どちらも迫力です! 幼虫も! ――笑

私が撮影したものだと
ここまで大きくしたら
ピントの甘さが目立ってしまいますね
あるいは、構図の悪さが! 

うーん、勉強になります。
【2012/09/16 23:25】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
こんばんは。
湯島ハイタウン・・着工当時は案外と近くを通りましたのに、記憶にありません。
これは面白いものを見つけられましたね~
岩崎邸、こちらもワクワクして来ました♪楽しみに拝見したいです。
【2012/09/16 21:07】 | 空見 #- | [edit]
湯島ハイタウンの作品がアートですね
よく見ると室外機のメーカーが違い、
個々に取りつけたことがわかります

もうひとつの岩崎邸を撮影したくて、
今、こっそり野望を計画しております^^
【2012/09/16 20:03】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4942-0c49985f