FC2ブログ

蓮華寺と哲学堂公園など 〜 第66回「San Poの会」のウォーキング記録(最終回)

2012.08.26(17:30)

 8月4日第66回「San Poの会」のウォーキング記録の最終回です。
 ここでちょっと地図を確認しておきましょう。



大きな地図で見る

Googleの地図は「A」が新井薬師、南の「中野ブロードウェイ」から「新井薬師」を通り、沼袋駅と新井薬師前駅の中巻辺りを通って、北の「哲学堂公園」までのコースでした。
 沼袋・氷川神社を出た後は、青い線で表される妙正寺川沿いに歩きます。
 哲学堂公園の少し北に蓮華寺があり、その東に野方配水塔があります。


苔の擁壁のある道120804

 どの付近で撮影したか定かではありませんが、左側に妙正寺川があったように記憶しています。


蓮華寺へ向かう道120804

 蓮華寺に着きました。


蓮華寺120804

 蓮華寺には、これから向かう哲学堂をつくった井上円了さんの墓があります。
 井上円了氏は仏教系の哲学者で、東洋大学を創設された方です。
 哲学堂公園を散策するとわかりますが、西欧や東洋のさまざまな哲学を自分なりに集大成した哲学観を持たれていた方で、じつに生真面目で真っ直ぐな学者だったように思いました。
 しかし、世間に知られたのはなんと「妖怪博士」という名前でした。
 井上円了さんは、いまだ迷信や妖怪の類を信じていた明治期の、とくに地方の人たちに対して、そういったものはじつは存在しないのだということを、科学的な根拠をもって明らかにし、多くの講演会を行って人々の迷信を打ち破ることに力を注いだのでした。
 生じつに真面目に、妖怪は実在しないことを証明するために妖怪研究を行ったというのに、「お化け博士」「妖怪博士」などとおもしろおかしく呼ばれるのでは不本意でしょう。


水の塔120804

 さて、蓮華寺の横の道を通って「水の搭公園」へ向かいました。ここの配水塔は、Wikipedia では「野方配水塔」り名前で出てきます。1929年3月末に竣工し、配水塔としては1966年に使用を停止。跡地及び配水塔を東京都水道局が管理してきたが、現在は中野区の災害用給水槽となっている、そうです。
 公園内でちょうど江古田町内会の方たちがお祭りの準備をしていました。
 どんな様子かとのぞき込んだら、わざわざ冷たい麦茶を御馳走になりました。「あとからまた寄ってください」との誘いの言葉に適当な返事をしてお茶をご馳走になり申し訳なく思っていますが、この後かなりの大雨になりましたので、あれからどうされたのかと気になります。
 見上げる角度が急すぎて、古い建物らしい雰囲気が台無しです。よい写真がないので、Wikipedia などでご覧いただけたら、と思います。


雨の哲学堂公園120804

 この後、最後の訪問地である哲学堂公園へ行きました。
 ここで夕立に会い、入り口の妖怪門(哲理門)でしばらくは雨宿りする羽目になりました。
 「哲学堂公園」のホームページによりますと、
 ----哲学堂公園は、明治37年に故・井上円了博士によって精神修養の場として創立された、哲学世界を視覚的に表現し、哲学や社会教育の場として整備された全国に例を見ない個性的な公園です。昭和50年に中野区立公園となってからも、古建築物の修復、整備を重ね、また中野区内でも有数の花の名所として親しまれる公園となっています----
 ということなのですが、
 あれ?
 ----哲学堂公園の地は、源頼朝の重臣である和田義盛の城址でありました----
 というコメントがあります。
 和田義盛の名前が出てくるとは思いませんでした。私の祖先が和田義盛に仕えていたとの話があるからです。

 調べてみました。
 あるホームページには「哲学堂のある場所は和田山と呼ばれ、言い伝えでは、衣笠城に居た和田義盛が各地に設けた陣屋の一つがあったという。また、子孫が当地で帰農したともいう」と書かれています。
 まあ、私のほうは和田義盛の本拠地のほうが本家ですから、話題の一つとして憶えておきましょう。

 哲学堂公園にはたくさんの建物があり、写真は「六賢台」という東洋の六賢人を祀った建物ですが、じつは写真はこれしかありません。雨が強くなったため、コンデジカメラを濡らしたくないのでしまいこんでしまったからです。
 いつか晴れた日に、もう一度ゆっくりと散策してみたいところでした。

 雨が上がって、新井薬師駅の踏切を渡り「新越泉」という銭湯へ向かいました。ここはビルの中の銭湯ですが、番台から地下へ降りて行くという変わった作りです。中の設備はまだ新しく、空調もきいており、設備の割にお客も少なく、なかなか快適な銭湯でした。
 お風呂でさっぱりした後は新井薬師駅前のひもの屋で、ほぼ貸切状態でゆっくりと懇親会を行いました。

コメント
紗真紗 さん、
井上円了さん、名前をご存じというだけでも「物識りだなあ」と感心です。地理佐渡さんは郷里の方ということでした。リーダーのNさんは、テレビで見て憶えていたと…。博学であることは大切ですね。
【2012/08/27 20:11】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
本で読んだこの配水塔を憶えている、なんてすごいですね。それだけ有名なんだ。
近寄るときには忙しくて撮れず、遠のくときに撮ろうと思ったらビルが入ってよく見えない。
イスラム教のモスクに似ているかどうかは知りませんが、おもしろい形でした。みなさんに見ていただくことができず、残念です。
【2012/08/27 20:08】 | ディック #- | [edit]
山ぼうしさん、
仲間を追いかけるようにして歩いていて、配水塔が見えたときには撮らなかった。離れていくときに撮るつもりでいたら、あいだにビルが入ってしまって撮れませんでした。
六賢台の棟瓦とか、とにかく近くに寄るには雨の中へ出ていかねばならず、濡れないで済ますのに一生懸命でした。
【2012/08/27 20:05】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
暑いせいか、なんだか苔の壁とか、雨の景色とか、みなさんそういうところに惹かれるようですね。
【2012/08/27 20:01】 | ディック #- | [edit]
多摩NTの住人 さん、
お子さんの小さい頃は遊ばせるのに精一杯、そんなものでしょう。
ぼくが歩いたのはせいぜい九品仏と等々力のあいだをいろいろ歩き回ったくらいです。おっしゃるコースは1.5倍くらいありますね。
【2012/08/27 19:59】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
哲学堂公園はさまざまな建物があり、井上円了さんの思想と並べて紹介するとおもしろそうなのですが、なにしろ雨が激しくて、落ち着いて散策できず、写真も撮ることができなくて残念でした。
【2012/08/27 19:53】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
現代でさえ、根拠のない思い込みで妙なことを信じてしまう方たちがいるようです。
人は思い込むと、反対意見を最初から聞こうとしなくなるようです。
【2012/08/27 19:51】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

ぎっしりと苔むした壁、
ある種の芸術ですね。。。

井上円了氏の、漢字があっさり印象でしたので、
名前だけは知っておりました。
哲学堂公園は面白そうですので涼しくなりましたら出掛けたいです。

静かな画像が続いておりますね~♪
v-22
【2012/08/27 17:44】 | 紗真紗 #- | [edit]
配水塔。
どこかで見たことがある。どこで見たんだろうと思案を巡らしました。
わかりました。「東京珍景録」(林望著、新潮文庫)にありました。昔の東京には配水塔がたくさんあったようですね。今でも配水塔は都内にいくつか残っているそうです。この本ではイスラム教のモスクに似ていると書いてあります。
【2012/08/27 15:49】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
苔の擁壁はスゴイですね。哲学堂公園も面白そうです。
個人的に一番興味をひいたのは「野方配水塔」です。
配水塔というものを初めて見ました。都会ならではですね~田舎にはありません。
仰せの通りに他のWebサイトも見ましたら、2年前に国の文化財に登録されているのですね。
アールの窓やドーム屋根が見上げるポジションでは見えないのが残念です。
六賢台は3階建てなのか単に塔にしているのか分かりませんが、
姿形が特徴的ですね。棟瓦は睨んでます?
【2012/08/27 12:43】 | 山ぼうし #- | [edit]
苔の感じがとても魅力的ですね~

そして水の塔公演ではお祭りの準備、
哲学堂公園の六賢台の珍しい建物に突然の雨、
がいい雰囲気を作っていますね。

お疲れ様で↓。
【2012/08/27 10:28】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
以前この先の南長崎の社宅に住んでいたことは書きましたが、その頃は子供たちが小さかったので、哲学堂ももっぱら外を走り回らせることが多かったです。
哲学堂の由緒などを全く知らなかったことを今さらながら反省しています。
とても良い散歩会ですね。
私の同期散歩会は次回は10月で、東横線多摩川駅から等々力渓谷方面に向かう10キロほどの行程で、最後は瀬田温泉で宴会です。
【2012/08/27 08:13】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
一枚目の画像の
コンクリートの苔むし方
ただものではないです!
こうなるには年月がかかるはずですが……

ここまでくるとすてきですね。

給水塔も六賢台も良いたたずまいですね。
哲学同公園なんて知らなかったのですが
おもしろそうです。
【2012/08/26 23:22】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
科学で説明できないことを説得するのは
難しいですね
固定概念が凝り固まっており、
なかなかほぐれないような気がします
【2012/08/26 22:54】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
nakamura さん、
>二枚目の写真、コケが魅力的ですね。
ああ、ボツにせず残してよかった。こういうのはほとんど好き嫌いと感性のままなので、理解していただけて嬉しいです。
フヨウは、退院後ではもっとも注力して撮っておりました。
【2012/08/26 22:33】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

二枚目の写真、コケが魅力的ですね。
こういう雰囲気は大好きです(笑い)。
なお、フヨウがお見事、鮮明に良く写っています、お座布団を・・・。
【2012/08/26 22:27】 | nakamura #- | [edit]
地理佐渡さん、
ああ、長岡の方ですね。
ぼくはこの人の思想に親近感と興味を抱いていますが、ご存じの方が果たしていらっしゃるかどうか、と危ぶんでおりました。
NHKのテレビ番組の特集があったそうですが…。
【2012/08/26 21:36】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

井上円了さん。間違えていたらごめんな
さい。新潟県出身の方だったような。
現在長岡市ですが、旧越路町出身です。
三波春夫さんと故郷を同じくするものと
思います。

お題の隅をつついたような感じになりま
したが、何となく嬉しくなりました。



【2012/08/26 20:22】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4896-33e089b1