FC2ブログ

駒込・富士神社

2012.07.27(18:30)

水のマークの碑120704

 これはいったい何と読むのでしょうか?
 いわゆる「三つ巴紋」の一部を抜き出したようなマークであることから連想はできます。三つ巴紋は古くから神社の軒丸瓦に使用され、防火のまじないとして使用されています。つまりは水を表すのですが、そのうち一部だけをマークにしても水を表すのでしょうか。尾形光琳の「紅梅白梅図屏風」の真ん中の川などを見ていると、「二つ巴」だって「水」でよさそうだし、ひとつでもよさそうです。
 ネットなどずいぶん調べましたか、こういうことを書いてあるところは見つかりませんでした。

【追記】ななごうさんから、「つ組」と「れ組」ではないかと
    ご指摘がありました。
    防火担当地域も「つ組」に駒込浅嘉町があります。
    間違いは、こういうこともある、という例として
    残しておきます。ブログの醍醐味でしょう

   
水組の碑120704

 この写真を見ると、まあ、「水の」マークということでいいのだろう、とは思います。
 どうも江戸時代のとび職の方の組、火消しなどと関係がありそうに思います。というのは、この付近は「八百屋お七」の墓などがありまして、防火にはとくに気を遣ってきた土地柄です。

 (注)マークといろはの組名の勘違いは別にして、「八百屋お七」や防火の話題には間違いはありません。


富士神社階段120704

 場所は例の駒込・六義園から少し歩いたところ、駒込・富士神社です。Wikipedia によれば、祭神は木花 咲耶姫このはなさくやひめ)。建立年は不明。拝殿は富士山に見立てた富士塚の上にある。江戸期の富士信仰の拠点の一つとなったそうです。
 (この写真、階段上の葉の照り返しを防ぎきれず、少しご覧になりにくいと思います)


富士神社正面下から120704

 川柳があります。「駒込は一富士二鷹三茄子」。富士神社と、鷹匠屋敷、富士神社裏のナスが名物として知られていたのだそうです。文京区がきちんと説明書きを立ててくれていました。
 富士塚はぼくが都内各地で見てきたものと比較すると、あまりそれらしくありません。昔は登り口があり、何合目とかあったのでしょうけれど、いまはそういうのは崩れて判別できなくなり、正面の階段を登れば神社の拝殿になります。


富士神社横から120704

 階段を登って横から。左側が拝殿、右側が本殿でしょうか。コンクリート造りになっていて、古い感じが薄れ、有名な割にはおもしろくありませんでした。


色鉛筆のオブジェ120704

 富士神社を出て少し歩くと、こんなオブジェが見つかりました。


講談社フェーマススクールズ120704

 講談社フェーマススクールズ。へぇ、こんなところにあったのか…。美術の総合通信教育スクールです。
 もうはるか昔のこと、受講を真剣に考えたことがありますが、金もないし、きっと続けられないだろう、と諦めました。
 雑誌に簡単な実技の鉛筆デッサンとその他美術のセンスを問う問題が並んでまして、それを送ったら添削して帰ってきました。実技はまあまあ、構図に関しては満点。あとはよく憶えていません。
 そんな方向へ走っていたら、いまのような老後の安楽な生活はなかったかも知れませんが、もしかしたら…、おもしろおかしい人生が待っていた可能性も…なんてね。
コメント
多摩NTの住人 さん、
少し調べてみたのですが、つ組 と れ組 のまといは右の図の中にはないようなのです。
検索の仕方さえ間違わなければ、なんでもネットでわかる。便利な世の中になりました。
【2012/07/29 13:50】 | ディック #- | [edit]
駒込・富士神社の記事を興味深く拝見しました。
確かに水のことを思うと、巴紋や水の字に見えてきますね。
れ組の石板の隣に見える纏の絵も面白そうですね。
【2012/07/29 12:56】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
ななごうさん、
身内によくないことが続くので、昨年川崎大師へ厄払いに出かけました。どうもそれからも次々と悪いことが続くのですが…ね。
いずれ、もう一度行ってみましょう。
【2012/07/29 09:12】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

一部訂正です。

安産祈願では無かった様です。
子授祈願の様でした。
どの様なものか?見に行った事が有ります。

既に子供は居ましたので、祈願はしませんでした。
立派です。

大師駅を降りて、藤崎信号に向かって右側に有ります。
【2012/07/29 07:50】 | ななごう #- | [edit]
小肥り さん、
神社の階段というのはどうしてこんなに急なのか、と思うことがあります。高所恐怖症気味のぼくはどうも嫌いです。
大概は脇から回る道が付いているのですが、簡単には見つからないことが多いですね。
【2012/07/28 15:35】 | ディック #- | [edit]
ななごう さん、
あ、そっちか、了解です。うかつに書くとそっち系の迷惑コメントが来る怖れがありますし、お気遣い感謝いたします。
【2012/07/28 15:32】 | ディック #- | [edit]
此処に堂々と書いてはいけない言葉ですね。多分。
一応、言葉としては知ってますが書けないもどかしさ。
書いたら軽犯罪法違反に該当するかもです。

あっ、でも川崎市川崎区大師にこれを祀った処が有ります。
安産祈願に有意義との事です。
判れば、ディックさんもそう云えば他にもこの様な祀った処があるなーと思いますよ。

日本各地に有ります。
【2012/07/28 14:23】 | ななごう #- | [edit]
ななごう さん、
ありがとうございました。
ところで、へ組、ひ組、うん組を嫌うのはわかるのですが、「ら組」はなぜなのかなあ、と。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/libr/qa/qa_03.htm
ではただ「ら」は隠語だからと。なぜ、隠語なのでしょうね?
【2012/07/28 14:11】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
なるほど、納得しました。
「つ組」の担当地域が「駒込浅嘉町」になっているようです。「れ組」のほうは知らない町名が出てきますが、「根津」が近いことは知っています。
【2012/07/28 13:51】 | ディック #- | [edit]
スミマセン。
4文字は、へ、ひ、ら、うんでした。
【2012/07/28 13:41】 | ななごう #- | [edit]
再び出て来ました。
写真1枚目は多分ひらがなのつを表していると思います。
2枚目は、れ組に見えます。
東京消防庁雑学辞典の中で見たのですが、徳川吉宗が大岡越前に命令して江戸市中に町火消いろは48組を組織させたと有ります。
いろはの内、4つ程言葉の聞こえが悪いひ、し、うん、もう一つは別の名が使われて居ます。

間違っているかも判りません。
あくまでも参考でお願いします。
【2012/07/28 13:34】 | ななごう #- | [edit]
この石段、傾斜が急すぎでしょう。
横から見ると45度よりも垂直に近いですよ。
ハッハッハ・・・
色鉛筆のオブジェ、気に入りました。12色ですね。
【2012/07/28 12:18】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
地理佐渡さん、
東京には「特別区」があるので、地元の伝統的遺産の保存にはたいへん積極的です。よいことだと思います。
マンガ家になりたくて出版社やマンガ家の方の自宅を訪問したり、そんなこともありました。そういう意味では、写真にこだわっているのも、急に思い立った、というわけではなくて、こういう方面への興味はずうっと引き摺っているのです。
【2012/07/28 11:30】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
このマークは「水」を表したに違いないと思いますが、この図案ひとつで「水」を表すと書かれたものが見つかりません。
おっしゃるように、ところどころ溶岩を積み上げたような感じが残っていて、江戸時代は立派な富士塚の体裁を整えていたのだろうと思われました。
【2012/07/28 11:26】 | ディック #- | [edit]
空見さん、
いずれ「八百屋お七の墓」を掲載の予定でいます。秋の入り日と八百屋お七の連想ですか。ちょっと怖いですね。
【2012/07/28 11:20】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
よく読んでいただきたいのですが、「字」ではなく「水」を表す図案だと推理している、というのが、今回の記事の内容です。火消しを受け持った鳶の「水組」を表していると、推理しています。
【2012/07/28 11:18】 | ディック #- | [edit]
一枚目の写真、江戸火消組の模様でしょうか?
この字が何と書いて有るのか?判りません。
つにものにも見えるんですが。

いろはのどれに該当するんでしょうか。
【2012/07/28 10:29】 | ななごう #- | [edit]
おはようございます。

駒込・富士神社。初めての風景です。
東京都下には色々な神社・仏閣があ
りますね。緑に乏しい都会の中にあっ
て、わずかな緑地の提供もしていま
す。

一方後半に講談社○○と学校のよう
な..。真剣に考えたことがあると
のことですが、出会いが人の人生を
帰る事って多々ありますよね。

さて、今朝はロンドンオリンピック
の開会式をしているようです。ラジ
オで聞いています。

【2012/07/28 06:01】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

まだ訪れたことのない駒込富士神社でして、
この富士塚を上れば立派な神社が鎮座しているのですね。
その階段横は、溶岩のようにも見えて意味深く、
それにしましても石碑に朱字が際立っておりますね!
巴紋の解説など、お勉強になりました。(#^.^#)

ほんとうに人生って、
Crossroadsいえ、Ifの世界、不思議ですね~!!
【2012/07/28 00:33】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。
八百屋お七の墓もあるという地域性、こういう記事は面白いですね、興味が出てきます(^人^)
萌える?様な夕日を見て(笑)こんな句を作ったことがありました↓

「秋入日八百屋お七もそこに入(い)る」
【2012/07/27 23:17】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4862-61da5fa0