三渓園・臨春閣

2012.07.22(19:22)

臨春閣右翼全景120710

 三渓園には、子どもたちがあまり入ってこない静かな一画があります。
 「臨春閣」という建物です。
 紀州徳川家初代の徳川頼宣が1649年に和歌山県那珂郡岩出町の紀ノ川沿いに建てさせた夏の別荘で、「巖出御殿」と言われ、吉宗もここで育ったそうです。
 それを大正6年に三渓園へ移築したのがこの「臨春閣」ということで、書院造りの建物を繋げたようなかたちになっており、とくに池へ張り出した廊下の部分など、たいへん美しく見えます。
 三渓園の建物でベスト1を挙げよと言われたら、ぼくは三重塔よりも先に「臨春閣」をベスト1に推すでしょう。


臨春閣右翼部分の内部120710

 ここへは門をくぐって一枚目の写真のずっと右の方からはいってくるのですが、全体像もよくわからないまま、座敷の内部を覗くことができます。

臨春閣右翼部分内部2120710


臨春閣左翼正面120717

 トップの写真の左側にはまだ建物が繋がっていまして、こんなふうになっています。


臨春閣張り出し部分120710

 廊下が池の上へ張り出している部分をズームアップします。


臨春閣張り出し部分正面120710

 庭園を左へ左へと回っていきます。


臨春閣張り出し部分左から120710

 見え方が少し変わってきます。


手水120710

 瓢箪紋手水鉢というそうです。豊臣秀吉が愛用したもので、後年藤堂高虎が下賜され、伊賀上野城にあったものだそうです。


ガラス戸越しの臨春閣張り出し部分120710

 先ほどの全体写真の二枚目、左側に繋がっていた建物のところから、廊下のガラス戸越しに外を見ています。


臨春各左翼座敷内部120710

 ということは、当然内部も覗くことができます。


臨春閣左翼から張り出し部分120710

 前庭へ出られるところまで出て、構図が一番よさそうなところを捜しました。

 えー、ぼくのように大昔の思い込みから「三渓園なんて…」思われている方がいらっしゃるようなら、横浜近郊にいてこの景色を楽しまないのはもったいないですよ、と申し上げておきましょう。
コメント
コメントをいただいたみなさんへ
「三渓園」の本来の日本庭園とは別の、「内苑」とされる一画の奥に臨春閣とその庭園が広がっています。
来園者は、積極的に捜そうとして足を踏み入れる意志を示さないと、見逃しやすいところに位置しています。見どころを紹介するパンフレットに地図がなかったり、案外と不親切なところがあり、知っている人は知っている、みたいなところがあるのが「三渓園」です。
だから、ご存じない方も多いのではないか、と思いました。「知らなかった」ではもったいないように感じます。
YAKUMA さん、「三渓園」の見どころは庭園というよりも「建物」だと思います。是非一度ご来園下さい。ほかにもたくさんの建物があります。
小肥り さんもぜひ一度ご来園ください。
ひろしさん、細かいところまで読んでいただいていることがわかります。ありがとうございます。
【2012/07/24 10:11】 | ディック #- | [edit]
そっくりな写真を私も撮りました。
とても懐かしいです。
建物の中はその時は公開していなかったのですが、遠くても言ってよかったと思える素敵な庭園でした♪
【2012/07/23 16:25】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
ここだけは別空間のような雰囲気ですね。
日本家屋の一番いいのは余分な飾りが無いことかもしれませんね。

すっきりとしていて落ち着いた感じですものね。
【2012/07/23 11:27】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
前に行った時は若い時でした。

今はかなり年も重なり考えも少しずつ変わってきていますので、これからでしたら素直に見る事が出来るかも?判りません。
【2012/07/23 10:21】 | ななごう #- | [edit]
おはようございます。
居ながらに楽しませて頂きました(感謝
叶いそうにありませんが訪れてみたくなりました。
伊賀上野城にあったという瓢箪紋手水鉢に興味津々です。
【2012/07/23 06:58】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
これは「ますます行かなければ・・」と感じた次第。三渓園。
紀州のお殿様の持ち物だったのですか。
「鞠と殿様」に出てきたのが紀州の殿様でしたね。
お国入りしてこの別邸で過ごしたのか。
【2012/07/23 05:48】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
美しいですね。モダンな感じすらします。吉宗が育ったところ、歴史に思いをはせて訪れてみたいですね。
【2012/07/22 23:19】 | fullpot #A5.soH/6 | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

あらためて臨春閣の見所を拝見しました。
絵画庵のようで、
襖絵だけでもじっくり眺めていたいです~!
下から3番目のお写真がステキです!
やはりその風情は格別ですね。。。
【2012/07/22 22:24】 | 紗真紗 #- | [edit]
兄に従って紀州へと赴いた頼宣公ですね

綺麗な畳ですが、どのくらいの周期で入れ替えているのでしょう
金沢にある忍者屋敷では古い畳に
風情を感じましたが、ここは明るいようで
そうもいかないでしょうね
【2012/07/22 22:05】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
私が横浜へ引っ越してきた頃には、この場所は内庭園で、三渓園への入場料の他に、内庭園への入場料が取られました。
南堀が海岸で海水浴をしていた頃には、内庭園には入れなかったと聞きました。
それだけ、歴史的価値が高いと言うことでしょうか?
【2012/07/22 21:52】 | #M8XIDdVw | [edit]
静けさが伝わってきそうです。
欄間の飾り物は波(説明書きにあった)ですか?立派なものですね^^
【2012/07/22 21:26】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
こんばんは
三溪園は、2度位行ったことがありますが、こうして建物を見て回った記憶がありません。
久しぶりに行きたく思いました。
【2012/07/22 21:24】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
さいわい大昔の思い込みがなかった私は、三溪園はよき被写体として何度も行っています。
さらに、さいわい「一般大人の入場券」でなく入場できるので、これからも出かけて行きたいと思っています。
【2012/07/22 21:14】 | ひろし #FFrZaXh. | [edit]
こんばんは。

良い感じです。国のお宝にしても
良いですね。日本建築の美学を
感じます。見た感じでは周囲の
庭の風景とのマッチングが前提に
作られている感じです。一押しで
あること。納得です。

【2012/07/22 20:22】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4855-33fb6c3c