なぜ、これほどまでにこじれてきたのか?

2012.07.21(18:30)

戦争の遺品120711

 かねてより、不思議に思っていることがありました。
 日本国のために戦争へいき、戦死した方たちを祀っている神社へ行って、すなおに頭を下げて祈るというのは、日本人としてきわめて素朴で、当たり前の心だと思うのですが、それが「靖国神社」というだけで、なぜあれほど大騒ぎして、各政治勢力やマスコミが大舌戦を繰り広げるのか。
 戦犯がどうのこうのとか、ぼくがとくに不勉強というわけではありません。ただ心情として、なぜこれほどこじれるのかどうも納得がいかない。
 というわけで、自分の目で見てみようと出かけました。


靖国神社本殿120711

 境内には若い特攻隊員の遺書など掲げられていたりして、目頭が熱くなる内容でした。


三菱零式艦上戦闘機五二型120711

 お参りして、博物館となっている「遊就館」に入ります。


零戦のコクピット120711

 玄関ホールで零式艦上戦闘機とか眺めているうちは、このコックピットに座っていざ出撃するとき、若者たちは何を考えていたのだろうかとか思い巡らせましたが…。


艦上爆撃機彗星120711

 800円で券を買って展示室へ入室、展示物を見始める前に、映像ホールで「私たちは忘れない」という50分間の映画を見ました。日清日露戦争から始まって、太平洋戦争までの戦争史です。「教科書では教えられない真実の歴史が、今よみがえる…」という謳い文句はよいのですが…。たしかに、「かけがえのない命を国に捧げた先人たちの尊い歴史を忘れないようにしよう」という気持ちは伝わるのですが、映画が進むにしたがって、いったいどういう人がこの映画を監修したのだろう? と疑問に感じざるを得ませんでした。
 中国人、列強諸国、とくに米国が一方的に悪いのであって、日本人は経済的に追い詰められ、謀略にあってやむを得ず戦い、恥ずべきことはいっさいやっていない。こんな一方的な歴史観の映画がどうして作られるのか。戦争をやっているのですから、戦力の強い米国が勝ち、戦勝国米国の意向に合わせた教育が徹底され、戦後に教えられた歴史は歪んでいるのだという、その主張はわかるのですが、だからといって「日本人は被害者だ、日本人だけが正しいことをやってきたのだ」なんて、ちょっと無茶苦茶な映画なのでした。


靖国神社の街宣車120711

 なるほど、「これがここの神社の姿勢だ」というのなら、マスコミなどが突っつきたくなるのは無理もない、と思いました。そりゃあもしかしたら逆で、なんだかんだと世間が突き回すから、靖国神社側が身を守ろうとしてどんどん偏向していったのかも知れませんが、いまさらそんな経緯にぼくは興味はありません。
 なぜ「靖国神社」というだけで政治問題化するのか、その理由はわかったような気がします。
 その後の展示物などについては、ここだけでしか見られない充実した内容でしたが、詳細な戦争史等については、とてもひとつひとつ見ていく気にはなれません。歴史に片寄りは付きものとはいえ、かなり一方的に書かれている可能性もありますしね。


人間魚雷回天120711

 上の写真は人間魚雷回天です。これで出撃して百余名の若者たちが命を散らしたそうです。
 召集され、若くして亡くなった方たちに、上で書いたようなことというのはまったく関係のないことで、戦死者が多数祀られている靖国神社がこのようなことになっている、というのは、「日本というのは不幸な国だな」という想いに駆られざるを得ないのでした。

コメント
nakamura さん、
まあ、実地の体験談として、書きたいことは書きましたし、変に注目されて荒れるようなことがあっても困るし、このままひっそりと…(笑)
【2012/07/25 17:30】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

この記事にコメントしないと・・・(笑い)。
私もアップしたことがありますが、民間人の遺影が皆無です。軍に関係した民間人しかありません。これは不公平です。銃後でなくなった方は無数です。最初から軍国色が出過ぎているような・・・・。でも、ここを論じる時は気を遣いますね。
【2012/07/25 07:31】 | nakamura #- | [edit]
コメントをいただいたみなさんへ

新聞記事で読んだり、テレビで見たりしただけではわからないこと、というのがあります。
自分自身で行ってみて自分自身で見たり体験したりすることは大切だと思いました。
また、展示物だけさらりと見るのではなく、映画などをやっていればそれも体験しないと、相手方の真意が伝わらない場合もありますので、目も耳も、大きく開いておくことが必要でしょう。

【2012/07/23 09:22】 | ディック #- | [edit]
小さく貧弱な戦闘機、人間魚雷、皆怖さを隠して乗りこんだのでしょうか。
こういうの辛くて可哀そうで・・・・・花見には行ったことあるのですが。

映画の内容は酷いですね。今も変わらずにそのような映画を流していることが恐いです。
このような博物館とは知らなかったので、教えていただいてよかったです。
【2012/07/22 18:09】 | 山ぼうし #- | [edit]
おはようございます。

戦争を知らない世代ですので、難しい事は判りません。
御国の為と教育され若くして命を落とされた兵士、沖縄の洞窟で火焔銃などで焼き殺された民間人など戦争と云う名の下でたくさんの方が無く成られて居ますね。
靖国神社に祀られている方が前述の様な方達だけでしたら、さほど問題視しないと思うのですが太平洋戦争を引き込んだとされる方が同じ神社で祀られていると云うのが理解に苦しむと云う事ではないでしょうか?

今の平和な日本が有るのは、先人たちの命を顧みず国を守ると云う大きな考えの素に有ると思います。

先人達の考えを無駄にしない様に過ごしたいものです。

ちなみに、零式艦上戦闘機は機体の性能などが優秀で好きです。

人間魚雷、回転や特殊潜航艇などで尊い命を亡くされていますね。
【2012/07/22 09:38】 | ななごう #- | [edit]
8月ともなりますとやはり戦争の記事でしょうか。

靖国神社は実際には行ったことはありませんが
胸に来るものがありますね。
素直にお参りしてはどうなんでしょうか。
【2012/07/22 08:54】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
仙台青葉城址にある護国神社の展示物を
ひとつひとつ見て回ったことがあります
愛媛県愛南町の実機紫電改は、許可を得て撮影させていただきました

ちゃちな造りのエレベーターでさえ、事故死が発生しています
それがこんな飛行機で飛んでいたなんて
恐ろしく思いました

南京大虐殺の真偽が取り沙汰されることがあります
中国では多くの嘘が教えられているようです
それを非難しておきながら、日本もこれですよね
残念でたまりません
【2012/07/21 21:58】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

なぜか8月になりますと、戦争関連の話題が取り上げられますが、
このことを風化させることなく、未来へ繋げて行かなければならないと思います。
靖国神社へは桜とは関係ない時に行きましたが、もちろんですが、独特の雰囲気がありますね。
ほんとうに何ででしょうか?
米国のアーリントン墓地とよく比較されますが、不思議でなりません。。。
【2012/07/21 21:26】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。
靖国神社、桜の時期に桜を見に行ったくらいです。
毎年首相が参拝するしない、で報道されていますね。あまり意味が判りませんでした、したい人はすれば良いし自由案件だろう、と^^;
ディックさんのご紹介で↑なんとなくイワクあり気なアウトラインが見えてきました(感謝)
右にも左にも寄りたくない、だからと言って真ん中でもないですが、真実はどちら側にもあるのだろう、とは思いました。
【2012/07/21 21:14】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4853-c2c1d762