FC2ブログ

三渓園・三重塔と松風閣の廃墟

2012.07.19(18:02)

 7月10日の横浜・三渓園から、三重塔とその近くの展望台からの風景を紹介します。

垣間見える三重塔120710

 三重塔は、もと京都府相楽郡加茂町の燈明寺にあったものを大正3年に三渓園に移築したものです。燈明寺は天平7年(735年)聖武天皇の勅願によって建てられた寺院だそうですが、この三重塔の様式は室町時代に立てられたもので、関東では最古の塔だということです。
 三渓園には、このように京都などの建築物がたくさん移築され、保存されています。
 中でもこの三重塔は三渓園の顔といってもよいでしょう。


間近で見る三重塔120710


間近で見る三重塔2120710


松風閣の廃墟120710

 三重塔まで登って行くと、海岸側の断崖はさらに高いところにあることがわかります。
 そちらのほうへ歩いて行くと、このような廃墟が見つかります。
 これは「松風閣」です。
 「松風閣」は初代・原善三郎が別荘として明治20年頃に築造した建物で、伊藤博文が「松風閣」と命名しました。
 廃墟は煉瓦造りの玄関部分だそうです。松風閣の一室には原三溪が支援していた下村観山の「四季草花図」の障壁画があったそうですが、関東大震災で建物とともに焼失したそうです。

廃墟と現代の展望台120710

 現在は写真のように、奥の一段と高いところにはコンクリート造りの展望台が作られています。


展望台からの工場風景120710

 古い松風閣では風光明媚な東京湾を一望できたそうですが、現在はご覧の通りです。
 この真下がどうなっているかというと、下の写真のような断崖が連なっています。


三渓園の断崖と上海との友好の建物120710


 写真の建物は横浜と上海の友好のため建てられましたが、現在では老朽化し危険とのことで閉鎖されています。(ぼくは閉鎖される前に入って見学したことがあります)
 この後ろの断崖が三渓園を囲むように繋がっていて、右のほうへぐるっと回っていったその先の断崖の上に三重塔と松風閣があるようです。いつも自動車で通ってしまうので、見上げて確かめてはいませんが…。

 ぼくの記憶では、幼い頃はこの上海友好園のあるところまで浜になっていて、海水浴ができたはずです。ただ、当時(昭和30年頃)からもう海は汚れていて、気持ちが悪かったことを憶えています。この記憶がトラウマとなり、小学生時代は「海へ連れて行ってやる」と言われても嫌がっていたように思います。

 間近にこのようなところがありながら、いままでなぜほとんど紹介をしなかったかと言いますと、これにも「トラウマ」の話題が絡んできます。
 昭和30年代の横浜市中区では「幼稚園」や「小学一年生」の遠足はまず第一がこの「三渓園」というお決まりのコースになっているのです。幼稚園児や小学校の一年生をこのような日本庭園へ連れてきますと、「三渓園というのはつまらないところ」という強い印象が幼い心に刻み込まれ、それがずうっと大人になっても尾を引いて、続いていくのです。
 横浜市中区に古くから住んでいるぼくのような市民は、人から誘われでもしない限りなかなか三渓園に足を踏み入れず、実際にはどのようなところかのかよく知らない、という妙なことになってしまうわけです。

------------------------------

 昨日のクイズについて。
 「シニア割引」という制度がありまして、ぼくは「横浜ブルク13」などの映画館は1000円で利用できますが、「三渓園」は一般大人の500円でないと利用できません(笑)。免許証などの提示を求められると、そういうことになります。
 ご存じない方も多いので、「三渓園」の窓口は念のため「一般大人の入場券でよいのですね」と確認の言葉をかけてきます。だからといって、明らかに引っ掛からない外見であれば声をかけないわけです。
コメント
樂 さん、
カルガモ、いますか。どうも池はあまり注意して眺めていませんでした。
案外と広くて、隅々のほうまで入っていくと、いろいろな発見がある三渓園でした。
【2012/07/21 09:25】 | ディック #- | [edit]
三渓園には、複数回行っていますが、廃墟は知りませんでした。
三渓園で出会った人に、南の堀の部分が昔海岸で、夏になるとよく泳ぎに来たと聞いたことがありますが、その頃は無料で通れたとも聞きました。

池や南の堀にもカルガモはいます。

昨年蓮が少ないと感じたのは、行く時期が早かったのかも知れませんね。
【2012/07/20 19:30】 | #M8XIDdVw | [edit]
たまごはん さん、こんにちは。
失われた時を取り戻そうと、自分なりに横浜を中心にいろいろなものを部分の目で確かめよう、と活動しています。
三渓園は、随時紹介しますが、じつなかなかおもしろいところだった、のでした。
【2012/07/20 11:14】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
「松風閣」に限らず、三渓園にあったけれども震災で倒れたという建物はかなりあるようです。残念なことです。
【2012/07/20 11:09】 | ディック #- | [edit]
多摩NTの住人 さん、
横浜の都市化、近代化と共に育ってきたようなものですから、ぼくの思いは複雑です。子どもの頃は、京浜東北線は桜木町止まりでした。
【2012/07/20 11:08】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
フェルメール、東京ではたいへんな混雑だそうで、じつは本日夕刻の延長時間を狙って見に行くことにしていますが、さてどうでしょうね。
国立博物館平成館なんて、中高年者にとってはじつにつらい場所になっています。東京都美術館は、どうでしょうか。神戸会場があるのはよいことです。
【2012/07/20 11:05】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、
子ども時代に刻まれた思い込みには強いものがあります。いまの自分の目で見直さなければわからない、ということで、最近は短い外出を繰り返しています。
【2012/07/20 11:01】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
脇目もふらず働いて、いまの日本を築いてきたという自負がありますが、ぼくの世代(団塊の世代)は、自分たちがそうして年寄りに贅沢させてきたのに、いざ年を取ってみると若い世代に負担を残さざるを得ない。自分たちの老後にも不安がある。何がいけなかったのか、と困惑しています。政治家が目先だけで長期的視野を持たなかったことが原因でしょうが、もはや取り返しが付きません。
【2012/07/20 10:58】 | ディック #- | [edit]
fullpot さん、
古いものをしっかり残しておくことは、観光収入の手段でもあるので、最近は認識が変わってきました。しっかりと保存してほしいです。横浜は昔から「新しい物好き」の気質があり、新旧混在が目立つのでしょう。
【2012/07/20 10:52】 | ディック #- | [edit]
YAKUMA さん、
ここで海水浴をしたというのが、ぼくの妄想でなければよいのですが…。父は間違いなく、家から海水パンツで泳ぎに行った、と語っていました。
【2012/07/20 10:50】 | ディック #- | [edit]
自然を尋ねる人さん、
横浜市中区は一気に都市化が進んでいます。緑地も少なくなっています。古くからの住人としては、これ以上の開発は望まないのですが、否応なしに緑地が減ってきています。
古いものは中区では三渓園と港の見える丘付近だけ。横浜も金沢区辺りへ行くと古い史跡などが多くなるのですが…。
【2012/07/20 10:48】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
石油精製施設や火力発電所などは現代生活になくてはならないもの、広い場所が必要だからと昭和30年前後に埋め立てたのだと思いますが、いまさら仕方ないですね。
三渓園もこの断崖の内側はきれいな日本庭園です。
【2012/07/20 10:44】 | ディック #- | [edit]
初めまして。
綺麗な画像ですね。
やはり私も地元となるとなかなか足を運びません。
でも昔は興味がなかった事もこういうブログを始めてからいろんな事に興味が出てきました。
昔は立派な建物であったとしても、人の手が入らなくなるとだんだん廃れてきますね。
人が興味を持ち、どんどん足を運んでくれると再生化するでしょうか。
歴史のある重要な建造物はいつまでも残してもらたいです。

愛犬のスキップ君可愛いですね!
【2012/07/20 10:40】 | たまごはん #95EiYtG. | [edit]
三重塔が青空に映えていますね。

松風閣の消失がとても残念です。

昨日のお話やはりシニア割引なんですね。
今度の青いターバンノ少女もこれが適用されるのでうれしいです!
【2012/07/20 10:28】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
こんにちは
三重塔の移築のご苦労に思いを馳せました。
松風閣の焼失は残念ですね。
【2012/07/20 09:23】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
私も小学校の時の遠足で行ったと思いますが、あまり覚えていません。
野毛山や金沢区の鷹取山にも行きましたね。
東京湾の景色は昼間はダメですね。
ユーミンの「海を見ていた午後」の歌詞からイメージする景色と実際の景色が当時もずいぶん違っていました。
【2012/07/20 08:11】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。

トラウマが遠ざけていた。
なんとなくありそうな話だと
思い読ませていただきました。

こうして紹介していただいて
いる風景だけを我々は見ます
ので良い所ですとしか感じな
いのですが、幼いときからの
記憶を伴っていますと、見る
風景に感じるものに違いが生
じましょうねぇ。

【2012/07/20 06:02】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
シニアのかたのほうが
今の20~30代よりお金持ちなのですから
世の中、間違っていますよね

シニアのかただけでなく若いかたがたにも
利用していただきたいものです
【2012/07/19 22:16】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
なんだか不思議な世界ですね……古いものと新しいものが混在していて、たがいにエゴを主張しているように思います。今晩、夢に見そうです(笑)。
【2012/07/19 22:12】 | fullpot #- | [edit]
こんばんは
海の風景、見るも残念な姿です。
でも、産業を支えているところ。仕方が無いと納得するしかないのでしょうか。
私は、今の姿しか知りません。
この崖まで海が来ていた所を見てみたいですね。
【2012/07/19 22:04】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
天平7年と云う事は全国にできた国分寺よりも早くできた寺院ですね。

ここの記事を見ているとやっぱり都会を感じます。
でも古がところどころ出てくる構成は見栄えがしました。
【2012/07/19 19:28】 | 自然を尋ねる人 #VgfFJ5pE | [edit]
池と三重塔が有ると云うイメージが有りまして、一度だけしか行った事が有りません。
東側の357は良く通って居まして、プールの横の断崖絶壁上に有る塔なんだと思ってます。
工場群が無ければ良い景色なんですがね。
【2012/07/19 19:20】 | ななごう #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4851-1fe1f1db