よいジャンプと悪いジャンプ

2012.07.13(19:30)

よいジャンプ120624

 障害飛越の練習光景です。
 まったくの初心者クラスというわけではないようですが、障害飛越のレベルとしては、まあ、初心者クラスですかね。
 最初はせいぜい高さ30cmくらい。障害に幅のないものを跳ばせます。速歩だけでも馬は跳びます。
 障害を高くしながら、その障害に幅を持たせていきます。そうなると駆け足で行かないと跳べません。
 さらに高くしつつ、向こう側が見えない障害に挑戦させます。向こう側が見えなくなると馬は怖がりますから、騎乗者がしっかりしていないといけません。向こう側が見える障害では、連続2回、連続3回飛越などをやらせ、リズムよく跳べるようにします。
 やがて馬場内にコースを作って、巡回しながら跳ぶようにします。そこまでできてくると、見ていてもかなりおもしろいです。
 上の写真は騎乗者の姿勢がしっかりしていて、とてもよいジャンプです。馬に気迫があり、筋肉がきれいです。


悪いジャンプ120624

 悪いジャンプだということは、跳んでいる本人も自覚しているようですね。
 障害がまだ低いし、馬も利口だから、後ろ足を引き上げて引っ掛からないようにしていましたが、危なっかしいです。一枚目の写真のように、騎乗者はわずかに腰を浮かしていないときれいに跳べません。


お疲れ様120624

 お疲れ様。

 -----------------------

 お盆です。
 横浜・東京では新暦で行うことが多いです。
コメント
ななごう さん、
月並みですが「人馬一体」となることが何よりも大切です。互いに信頼関係がないと、「怖い」スポーツになってしまいます。やはり怪我とかありますし…。
【2012/07/16 19:13】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
もしぼくがいまも乗馬をやっていたら、馬がたくさん登場して、「花通信」はまったく別のブログになっていたでしょう。
【2012/07/16 19:11】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
FREUDEさんなら一度試されたことがあるのではないか、と思っておりました。バイクは大きくなると体力が必要になりそうです。馬は、むしろ、柔軟性が大切という感じです。
【2012/07/16 19:10】 | ディック #- | [edit]
fullpot さん、
踏切りと同時に騎乗者のほうは少し腰を浮かせるのですが、そのためには自分も馬と一緒に跳ぶ気になって、気持ちを前方へ持って行かないと、姿勢が安定しないのです。
【2012/07/16 19:07】 | ディック #- | [edit]
障害飛越は乗り手と馬との気が合わないと難しいでしょうね。
2枚の対比、判りやすいです。
【2012/07/15 13:16】 | ななごう #- | [edit]
おはようございます。

うらやましいスポーツです。
馬がかわいいですね。
今でもやられていますか?
【2012/07/15 05:39】 | nakamura #- | [edit]
乗馬に興味を持った頃がありましたが家内に、
重いから馬が可哀そう、と言われて
クラブ入会を断念しました

バイクもナナハンクラスになると姿勢が左右されます
ライディングポジションが悪いかたは
運転技術も伸びないようです
【2012/07/14 23:17】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
二枚目の飛越では、着地時の馬に相当の負担がかかりそうです。騎乗者も反動で落馬しかねないですね。まあ、でも、馬に教えられて上手になるのでしょう。
一枚目の方、本当にすばらしい姿勢。ぶれていません。いいですねぇ。
【2012/07/14 22:26】 | fullpot #- | [edit]
YAKUMAさん、
馬場馬術は見ていてもあまりおもしろくないですが、障害飛越は「大障害」(160cmくらい)ともなると、迫力あるおもしろいスポーツですよ。
この写真くらい(高さ60から70cm )の高さなら、恐怖感を払拭すれば、すぐに楽に飛べるようになります。
この少年、馬が先に跳んでいて、自分の身体がついていってない。及び腰だからこうなってしまうのです。
【2012/07/14 16:20】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、
騎乗者が不安を感じていると、馬は障害の前でいきなり立ち止まったりします。跳ぶんだ、という意志を馬に伝えないといけません。馬は手綱の張り方や、体重の掛かり方、騎乗者の足の位置などいろいろなところから騎乗者の意志を察知しているのです。
【2012/07/14 16:17】 | ディック #- | [edit]
空見 さん、
その昔は、このくらいの障害ならへっちゃらでした。とっくに引退しております。
馬の筋肉はきれいです。ギリシャ彫刻の競技者の裸体表現に通じるものを感じます。
【2012/07/14 16:09】 | ディック #- | [edit]
紗真紗さん、
「馬糞紙」と呼ばれていた紙の存在を知らなかったので「え? 馬糞紙ってなに?」でした。ごめんなさい。調べました。へぇ~、でした。
乗馬ですが、三年と少しやって、二十代で引退しております。
人生の中でもとても気持ちのよい頃で、余暇のほとんどを戸外で過ごしていました。嘘みたいでしょ?
【2012/07/14 16:07】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
>彼等はもとは競走馬・・・ですよね
よくご存じですね。
手綱が伸びきっているので、馬がお辞儀しても落馬の心配はないと思いますが、このまま着地すると馬の背中に騎乗者の体重がど~と掛かって、馬が迷惑でしょう。
ぼくはそもそも「馬糞紙」というものを知りませんでした。
【2012/07/14 16:03】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

馬たちがカバーしている感じですね。
人馬一体。馬の動きに合わせるのは
人間の方。たぶん馬術ってその技術
を競うんじゃないかって感じました。


【2012/07/14 08:04】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
彼等はもとは競走馬・・・ですよね。
引退して気性の荒っぽいのは遠慮してもらって穏やかな性格の馬が採用されるのでしょう。第二の馬生。
白馬の人はたしかに下手そう。手綱が千切れそうですが。馬がお辞儀すると落馬するんじゃないかな。
馬糞紙がここで製造されてる・・・のコメント読んでひっくり返りそうになりました。
【2012/07/14 06:09】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

ディックさまが乗馬をされることは、
確かディックの本棚で読ませていただきました~!

アップの画像は、
毛並も素晴らしく、優しい目をしているのですね。。。
馬糞ですが、むかし馬糞紙を使ったことがあるのですが、
この原料は、ここ?・・・と思っていた常識無し人間でした。
いつも素敵なお写真をありがとうございます~♪
【2012/07/13 22:38】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは
馬術はあまり見た記憶がありません。
写真を並べて、解説していただくと良く分かります。
色々と難しいのでしょうね、綺麗に飛ぶまでは。
最後の表情が、上手く撮れていますね。
【2012/07/13 21:16】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。
このように並べていただけると、良い悪いが見えてきますね。
一枚目、何度も見てしまいました、ふ~ん、馬の筋肉、確かに。
ディックさんは乗馬をなさるんですか?
私の田舎では子供の頃、緊急の時は隣町まで馬車に乗っていました。
よく覚えてないですが、冬の雪道は馬橇だったかもしれません。
村の雑貨屋さんとか米屋さんが馬を一頭飼っていて、文字通り車代わりに出してくれるんです(笑)
馬糞が大きくてすごかったです。
【2012/07/13 20:44】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4841-8c2d095d