FC2ブログ

駒込・六義園(2)

2012.07.09(20:00)

六義園の大木と池120626

 いろいろな本を読む私ですが、時代小説も大好きなジャンルのひとつで、そんな中で贔屓にしていたのが池波章太郎さんの『剣客商売』です。新潮文庫の全18巻は当然すべて読みました。
 主人公の秋山小兵衛の後ろ盾になっているのが柳沢吉保でして、時代小説やドラマではあまり好意的には描かれない政治家ですが、なにしろ『剣客商売』がありますので、ぼくのイメージはけっして悪役ではありません。


ブルースカイ120626

 その柳沢吉保は、隠居後は江戸本駒込(東京都文京区本駒込6丁目)で過ごし、綱吉がたびだひ訪れた六義園(りくぎえん)の造営などを行ったわけで、それを明治維新後に岩崎彌太郎が改修しつつ保全に努め、東京市に譲渡したのが現在の「六義園」ということになります。
 中央に池を配した回遊式庭園ですが、池の周りの広さが桁違いに広い。ちょっと池を外れれば、鬱蒼とした林の中の小径で散策を楽しむことができるよう設計されています。

 上の紫陽花は、たしか「ブルースカイ」という名札がありました。


吹き上げ松付近から120626


吹き上げ松120626

 さて、和歌山の吹上にはかつて「根上り松」という変わった松が見られたそうで、それを模して植えられたのが「吹上松」です。六義園制作当時と同じ位置にあって管理されているそうです。


吹き上げ松遠景120626


ツツジと浜と池120626


六義園木漏れ日の道120626

 池から離れた木漏れ日の道。なかなかよい風情ではありませんか。


つつじ茶屋120626

 ここは『つつじ茶屋』。明治時代に岩崎家によって作られたもの。柱と梁はツツジとサルスベリだそうです。
 ツツジは成長が遅く、柱として使える材を集めることは大変むずかしいということです。斜めに見えているのが「控え柱」。それは放っておいて、控え柱で支えられている柱のうち、捩れているのはサルスベリ。捩れていないのがツツジのようです。写真の一番手前の「控え柱ではない柱」はツツジです。


山陰橋120626

 ツツジと紅葉の頃が、六義園の見頃としてベストだそうで、その頃にまた来たいものです。

 門をくぐった当初は、池泉を配した庭園のあまりの美しさに圧倒されて、漠然とシャッターを切っていましたが、池の中心部を撮してもただのっぺりとしてしまって、そのような写真(7月5日の三、四枚目)では庭園の美しさを再現できないと気がつきました。
 三分の一を回った本記事の写真の頃から、近景を適宜配して、遠近感を演出しようという気持ちが働いてきました。
 一方で、よく晴れてきたために陽の射しているところと木陰ではまったく明るさが違い、この処理をどうするか、悩みながら写真を撮っていました。
コメント
夏のそら さん、
カサブランカって本来は白のはずですが、同時に白と黄色とピンクを買って、黄色が他を圧倒してしまいました。
陽射しの下の明るいところと影のところ、双方を生かすのは現在のカメラではとても困難なので、レタッチ・ソフトの助けを借りることがどうしても必要だろう、と思います。
【2012/07/10 19:16】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
最後の写真は「山陰橋」という橋だそうです。
一応、鯉も入れてみました。まともに撮ると暗くなるので、レタッチソフトで暗い部分を持ち上げています。
【2012/07/10 19:13】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
兼六園…、これは一度は訪れてみたいです。
できればここ二、三年以内に…。
【2012/07/10 19:11】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
盆栽の用語にあるのですか。おかげさまで知識が広がりました。この写真では「根上がりの松」という感じはしませんね。
都が管理しているそれぞれの公園は整備状態がよいので、近いのですから、やはり一度は見ておきたいですね。
【2012/07/10 19:10】 | ディック #- | [edit]
多摩NTの住人さん、
あ、『剣客商売』のファン二人目、嬉しいです。
史跡としての庭園と小説の世界が結びつくと、いろいろとイメージが広がり、とても楽しいです。
【2012/07/10 19:06】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
旧安田庭園、ちょっと検索して写真を見ました。
訪問予定先リストに入れました。嬉しい情報です。ありがとうございました。
【2012/07/10 19:02】 | ディック #- | [edit]
山ぼうし さん、
横浜から東京へ行くと、公園の整備にかけている資金が違うのに気がつきます。東京はとても充実しています。こういう史跡として扱われる庭園は「見学しなければ損」という気がして、いろいろと巡っております。
【2012/07/10 18:59】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、ありがとうございます。
いつも「よりよい写真を…」と工夫しています。
そのこと自体が楽しみになっているのだ、と思います。
【2012/07/10 18:57】 | ディック #- | [edit]
とんとん さん、
ミツバチには複数回刺されていますが、それ以外の蜂は今後注意していたほうがよいかも知れませんね。スズメバチは2回目以降刺されたときにショック症状を起こすのだそうですから…。
そういうわが家でも、南向きの花壇の木の陰で、巨大なスズメバチの巣を見つけたことがあります。
【2012/07/10 18:55】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
広いので街の喧騒も伝わってきません。こういう庭にいると、のんびりとして癒されます。
「剣客商売」ファン、憶えておきます(笑)
【2012/07/10 18:52】 | ディック #- | [edit]
つつじ茶屋、なんと風流なことでしょう。
私は撮影の処理などに全く頓着せず技術もないのですが、日射しの真下と木陰の違いには戸惑う事が多いです。
カサブランカ、黄色もあるんですね。
香りも楽しめてすばらしい眺めですね。
【2012/07/10 11:12】 | 夏のそら #dl2yYD66 | [edit]
今にも時代劇が始まりそうな雰囲気ですね。
つつじと百日紅のつつじ茶屋面白いですね。

最後の写真の光の妙を感じました。
【2012/07/10 10:32】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
素晴らしい庭園ですね。
何度か訪れている金沢兼六園を思い出しました。
【2012/07/10 09:56】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
盆栽で云う根上がりと云う言葉は、知って居ましたので吹上松とはどの様なものか?興味が有りました。

都内各所に素晴らしい庭園が有る様ですので少しずつ廻ってみたいと思いました。
【2012/07/10 08:59】 | ななごう #- | [edit]
六義園は本当に風情のある良いお庭ですよね。私も去年初めて行って気に入りました。
「剣客商売」は良かったですね。私も全て文庫を読みました。池波正太郎はほとんど読んだと思います。こういう庭を歩くと、小説の場面が思い浮かびますね。
【2012/07/10 08:06】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
ここはやっぱ行かねばなりませんな。
紅葉のころね。
ここがお気に入りなら両国にある「旧安田庭園」も
お気に召すのではないかしら。
なかなかいいお庭ですよ。
【2012/07/10 07:15】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
種類が豊富そう!流石都立公園ですね。
またツツジとサルスベリの構造材にひかれます。
一度は見に行きたいものです。
【2012/07/09 23:37】 | 山ぼうし #- | [edit]
シャッターを押し続けながらも考える…
とてもいい行動をなさっていらっしゃるようですね

考えることができるのは幸せですね
御身体に無理のないように
シャッターを押し続けていただきたいものです
【2012/07/09 22:15】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
二枚目の写真の左奥の道が明るくなっていて、こういう場所が大好きです。
木漏れ日の写る写真が好きです。
サルスベリの柱も素敵ですね。

我が家も生態系を保護?していたら、花壇の中に踏み込んでのモッコクの剪定で、
蜂に刺されてしまいました。
一回目が実家の庭で蜜蜂、今回はスズメバチ科の蜂なので、ちょっと心配です。
【2012/07/09 21:37】 | とんとん #5E0wk48w | [edit]
こんばんは
いい景色ですね。
このような場所を都会でも、もっと増やして欲しいものです。
剣客商売、私も好きです・・・
【2012/07/09 20:51】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4834-49b232c8