安房崎の無人灯台

2012.06.09(17:30)

安房崎の釣り人120516

 花ばかりでは自分も飽きるので、ちょっと景色を変えようと思います。
 5月16日、城ヶ島の散策に出かけました。
 城ヶ島の最も東側の岩礁地帯は安房崎と呼ばれていまして、無人灯台がポツンと建っています。
 近くでは海の中の岩へ渡って釣りをする人も…。


安房崎の無人灯台120516

 こういうところへくると、誰でも灯台のところまで行って見たくなるものですが、じつは足元は結構危なっかしいのです。
 手術を間近に控えていたぼくは、プラザキサという血液をさらさらにする薬をのんでいますし、怪我でもするとたいへんですから、しっかりと自重しています。


無事渡れるか120516

 問題はこちらのおばさん。ご主人が先に戻ってきてしまい、これからちょっと危ない個所を渡らねばなりません。


渡れたように見えますが120516

 さて、一見無事に渡れたように見えます。しかし、それはぼくがせっかくのシャッター・チャンスを逃したからでして…。


波を被る道120516

 あとから撮った写真ですけど、この女性が渡っている真っ最中には上のような感じになっていました。
 この日前日に天候が崩れていて、その余波でしょうか、海はかなり荒れていたのです。ここはまだおとなしいのですが、岩礁地帯へ下りていますと場所によってはごうごうとすさまじい波の音が響いてきまして、怖ろしく感じるくらいでした。 

 ご主人とお二人で、かなり長い時間岩に腰を掛けて靴やら何やら、乾かしていました。

 ---------------------------------

 いよいよ梅雨入りということで、しばらくはすっきりしない天候がつづくのでしょうね。

 心房細動の発作はなくなった、とさらりと書いておりますが、鼠蹊部の動脈に穴を開けてカテーテルを入れる手術というのは、そのあとの止血が大変なのでした。
 がっちりと足腰を固定されて、手術から固定具を外すまで通算14時間ですからね。
 退院後になってから紫色の痣がどんどん広がって、一昨日辺りがピーク。銭湯へ行ったら周囲の人は逃げだすでしょう。痣はなぜかいまでも外へ外へと拡大し、それだけだったら心配になるところですが、中心に近いひどかったところは薄れていく。どういうメカニズムなのか見当が付きません。
 それでも気になっていた痛みは少しずつ薄れ、それにしたがって安心して動かせる可動範囲が広くなっていってます。雨が続くとリハビリ不足になって体力の回復が遅れそうな気がします。何か用事を作ってぶらぶらと町へ出かけていったほうがよいかも知れませんが、あまりそういうことをしたくない雨です。
コメント
こんばんは。

安房地方が見える安房、良いところですね。釣りのポイントとしても良さそうです。
ご婦人は運が悪かった・・・、ですね。
【2012/06/10 21:30】 | nakamura #- | [edit]
ななごう さん、
冷や冷やしながら見ていました。岩は濡れるとすべりますし、すべって岩へ身体をぶつけたりするとかなりの怪我になりそうで、濡れる程度では済みそうにありません。
【2012/06/10 11:27】 | ディック #- | [edit]
少し元気になってきたようですね。
無理はいけませんよ。
義兄が転院をするといってきました。
手術は成功したようですが
予断を許す状況ではなさそうです。
ペース・メイカーの手術はもうできないとのこと。
歩けるあなたは、まだ幸せです。
決して、油断をしてはいけません。
そして
今日もスマイル
【2012/06/10 11:22】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
こんばんは
海辺の景色、いいものですね。
行こうと思えば、それほど遠くないのですが・・・
【2012/06/09 22:21】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
なにやら凄いところを歩いてきたようですね。
でもいいですね~
灯台を見ると歌いたくなりますね。

銚子がよろしいようですがくれぐれも
お気をつけてくださいね。
【2012/06/09 22:00】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
シャッターチャンスを逃した、と書かれるのが
ディック様のお人柄ですね
波をまともに受けられたシーンは、撮影なさっていても
公開なさらないかただと認識しております

小肥り様が書かれていますが
「喜びも悲しみも幾年月」のシーンに
幼い娘が寂しくて上まで上がってくるところがありましたね

まだまだご無理のなきよう…
【2012/06/09 21:21】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
随分と危険な事をする方ですね。
足元は濡れていて間違えば落ちてしまいます。
しかも履物がこれでは危ないですね。

関東も梅雨入りしました。
雨に濡れた花が綺麗に見える時期に成りましたね。
【2012/06/09 20:38】 | ななごう #- | [edit]
こんな良い天気でこんな灯台があると、多少濡れてでも行ってしまいますね。
手術は身体にキズを付けているわけですから、いろいろと影響はあると思います。でも痛みが薄れ、発作も出ていないようですので良かったと思います。雨空は恨めしいですね。
【2012/06/09 20:01】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
あ~あ・・・
この人・・・ズブ濡れになったのね。
旦那は?ひとり先に来てしまって。
越後には親不知という難所があるらしいけど、そんな場所かな。
今、日本には有人灯台は無くなったのかな。
「喜びも悲しみも幾年月」
【2012/06/09 19:31】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
こんばんは。

ずいぶん危なっかしい風景だった
ですね。こうした波の寄せる日に
は要注意です。よた波なんかが来
ましたら危険ですね。

さて、お体にはまだまだ注意が必
要のようです。今はただ回復をど
のようにすればよいかとか気が
かりのところですね。

しばらく撮りだめていると言われ
る三浦の風景の紹介で我慢という
のはできないですかねぇ。

【2012/06/09 19:06】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

わぁ~灯台としぶき、いい景色です~!
釣り人もいい雰囲気ですのに~、
でもこの女性、無事に渡れてよかったです。
波のタイミング読まなければならないし、
靴はびちょびちょになるし、頼りになるものはいないし、
きっと後で想いだして、喧嘩になっているかも。。。(笑)))

いよいよ梅雨入りしましてウットオシイですね。
ご順調に回復されて嬉しいです、もう少しの辛抱ですのでこらえてくださいね。
【2012/06/09 17:59】 | 紗真紗 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4780-145cd61b