乃木神社と乃木希典邸 ~ 第62回SanPoの会の記録記事(2)

2012.05.05(17:36)

 前回は高橋是清翁記念公園(是清邸跡)を訪ねた、というところまででした。
 この後は約18分歩いて乃木坂へ向かいます。乃木坂には乃木希典大将を祀る乃木神社があります。
 大正元年9月13日、乃木希典は明治天皇大葬が行われた日の午後8時ころ、妻とともに自刃して亡くなりました。殉死です。
 乃木の死去を受け、読売新聞のコラムで、乃木神社建立、乃木邸の保存、新坂の乃木坂への改称等を希望するとの意見が示され、その後、日本の各地に乃木を祀った乃木神社が建立されたということです。


結婚式の記念写真 1120421 結婚式の記念写真2120421

 乃木神社では結婚式が行われていて、記念写真撮影の真っ最中の中へ入ってしまいました。
 その様子を眺めていて、乃木神社の写真を撮るのを忘れました(笑)。


乃木希典邸120421

 乃木神社は乃木希典大将が住んでいた邸宅と隣り合っていました。
 乃木邸は明治35年に新築、殉死までのあいだ彼はここに住んでいました。将軍がドイツ留学中に見たフランス軍隊の建物を模範にして建てたというものです。建坪168㎡で簡素な山荘いった感じです。


乃木希典邸玄関120421

 表玄関です。


乃木希典邸側面120421

 右側面。応接間のようです。内部を見られるのは毎年9月12、13日のみということのようです。


乃木希典邸厩120421

 この建物には、煉瓦造りの馬小屋が付属していて、こちらのほうがずっと立派に見えるのがおもしろい。看板には「馬をかわいがり大切にした大将の人柄が偲ばれる」とありました。

厩内部120421 乃木希典邸厩裏120421

 『坂の上の雲』の描き方は乃木に対してかなり批判的なものでしたが、朝日新聞の今年2月8日の報道では、
日露戦争後に学習院院長に就いた乃木が親交のあった修道中学校の佐藤正校主に送った直筆の手紙が見つかったとのこと。
その中で、日露戦争で多くの兵士を死なせたことへの自責の念がつづられているらしい。乃木の手紙は過去にも見つかっていますが、こうした心情が率直に書かれたものは貴重だそうです。
 乃木大将は日露戦争で息子2人を失い、中国・旅順攻略を指揮した際には約6万人の戦死傷者を出したわけですが、手紙には「戦死病没者ノ遺家族ニ対シテ申訳ナク」との思いが書かれ、息子の戦死で面目を保つことができた、とする記述もあった。養子については「弊家ハ小生共一代ニテ」(自分の家は自分一代で、の意)とし、後継ぎは考えていないとの気持ちを伝えていた、とのことでした。

 乃木神社を出た後はまた次回とします。
コメント
nekocchi さん、
乃木将軍自筆の漢詩が展示されていました。ミニ博物館的な神社でもありました。
【2012/05/13 14:37】 | ディック #- | [edit]
乃木希典・・・
漢詩がいくつかある中で、戦争にまつわる詩が多いです。
乃木神社は夫婦和合の霊剣あらたかなことで知られてますね~~♪
【2012/05/12 00:41】 | nekocchi1122 #4v6QK5lk | [edit]
とんとん さん、小肥りさん、自然を尋ねる人さん、山ぼうしさん、

現地にあった説明書きによりますと、高床式ではなく、全体が半地下になっているようです。多少傾斜地なので、このような設計となったのでしょう。
乃木大将は明治39年に帰国し、40年には明治天皇から学習院院長を命じられました。昭和天皇ほか孫たちの養育を託すから、(余が生きているうちは)中国での戦い方の責任をとって自刃するなどまかりならぬ、ということだったようです。その明治天皇が亡くなったので殉死した、と言われているようです。昭和天皇には、自動車で来ずに歩くようにと言ったそうですから、言った本人は学習院までどうしていたのでしょうね。
【2012/05/07 17:45】 | ディック #- | [edit]
kawazukiyoshi さん、
明治時代の方の髭は立派ですからねぇ(笑)
手入れが大変ではありませんか?
【2012/05/07 17:34】 | ディック #- | [edit]
乃木さん家は興味深いですね。
斜面にあるようにも見えますが、半地下ですよね。
玄関は両開き?その左右はここだけ縦板なんですね。
外壁がレンガ造りで、正面が木造の馬小屋も不思議な感じ。
何かと面白そうです。
【2012/05/07 12:58】 | 山ぼうし #- | [edit]
何年も東京暮らしをしたはずなのに
この場所は初めてです。
ブログでの交流楽しいです。
その上自分で調べなくても
隅々まで教えてもらえ感謝しています。
【2012/05/07 11:27】 | 自然を尋ねる人 #VgfFJ5pE | [edit]
乃木将軍はどんな生活してたんでしょうね。戦時であれば前線司令部での不便な生活でしょうが、平時は陸軍省あたりへ毎日馬で通勤してたんでしょうかね。学習院の院長も勤めたというからここから馬で目白まで往復してたのかな。
よく知らないけど評価がまだ定まってないのかな。参謀が作戦間違えても責任を負うのは上官ですからね。
このあたり、いいところですよね。
【2012/05/06 21:14】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
高床式の家なのですね。
木々に囲まれて、快適な住まいだったでしょう。
赤坂まで通っていたことがあって、神社の前を通った記憶があります。
【2012/05/06 19:15】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
先日集会に出たとき、
「あっ、乃木大将が来た」
と冷やかされました。
鬚のことらしいです。
ふふふ
今日もスマイル
【2012/05/06 13:14】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
nakamura さん、お座布団をありがとうございます。
>今の政治家にない高潔な性格がにじみ出ている
おっしゃる通りですね。
乃木神社には、自筆の書なども展示されていました。
【2012/05/06 10:40】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
こういう場面は見ていてなかなかよいものです。やはり撮ってしまいますね(笑)
東郷公園にも銅像が…。 nakamura さんのおっしゃるように、その生き方が後世の人々を惹き付けるのでしょう。
【2012/05/06 10:37】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
乃木希典は諸外国にも評判がよかった。その理由がステッセルの待遇だった、と聞いております。現代の戦争とは違い、互いに戦わざるを得ずして戦っていても、「相手を憎んでのテロ」というようなこととはまったく違うすがすがしさを感じます。
【2012/05/06 10:33】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
乃木坂、乃木神社の由来、こんなことではないかなとは思っていても、きちんと調べてみたことがありませんでした。
現地へ行き、記事に書こうとすると、いろいろと勉強できますね。
【2012/05/06 10:30】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

乃木希典、いかにも明治の将軍でしたね。今の政治家にない高潔な性格がにじみ出ている建物です。実務的には無能でも、その生き様、死に様が鮮やかでした。大山巌とか、いろいろときら星のように輝いた明治の軍人たちでした。良いものを見せていただきました、大きなお座布団を・・・。
【2012/05/06 07:52】 | nakamura #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

萌える緑に邸宅、その佇まいに~
乃木大将の人柄、生き方が分かるようです。
そういえば・・・、
秩父御嶽神社(東郷公園)に乃木大将の銅像がありました
こと思い出しました。
結婚式っていつ見ましてもいいですね~。
ディックさまはよく結婚式に出逢われますね~ステキ~!
【2012/05/05 23:13】 | 紗真紗 #- | [edit]
旅順攻囲戦で戦ったステッセルと
その後に行き来があったことを聞いております

乃木希典殉職後に匿名の香典があったそうですが、
それがステッセルからだったようですね

    ご連絡を感謝します
    一応、試みたもののどうも満月の合焦には
    まだまだ自信がありません A^^);
【2012/05/05 22:33】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こんばんは
乃木神社や乃木坂の由来、知りませんでした。
邸宅は質素な感じですね。
【2012/05/05 19:13】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4709-967bdc91