原鉄道模型博物館の開業間近 ~ 横浜みなとみらい横浜三井ビルディング

2012.03.31(16:00)

鉄道模型展のジオラマ120327

 原信太郎さんという方は、世界的鉄道模型の製作者・コレクターとて、この世界ではたいへん有名な方だそうです。
 1919年生まれ、93歳。12才の頃から鉄道が大好き、世界の車両を模型にしたい、と「ヤミツキ」になった原信太郎少年は戦後コクヨ(株)に入社、約80年間、世界中を旅して集めたスチール写真十万枚、ビデオフィルム440時間、所蔵模型6000両。
 横浜では、横浜三井ビルディングに博物館を作って展示する予定で計画が進められており、本年夏オープンの予定で。世界最大級の鉄道模型博物館となるそうです。


鉄道模型展のジオラマ2120327

 これに先立ち、横浜そごうにて250両を展示中。8階催し物&フェア・スペースにジオラマがられて、一番ゲージ(軌間45mm)の模型が走っています。先日からテレビニュースなどで盛んに報道されています。
 そごうの展示は4月2日までですが、夏には博物館がオーブしますから、急ぐ必要はありません。
 今回はその横浜そごうの様子をちょっとのぞいてきましたので、ご紹介します。


初めての鉄道模型120327

 原さんが少年時代に初めて作成した鉄道模型です。
 学校から家へ帰っても頭の中は鉄道のことばかりで勉強ばかりするのはイヤ! だからといって成績が悪化すると「勉強しろ」と言われて帰って遊べない。だから彼は授業を真剣に聞いてノートを取って、学校で憶えるべきことは全て憶えてしまうことにした。宿題はできるだけ休み時間にやった、そうです。
 この執念あってこそ、東工大機械工学科入学、技術畑を進み、戦後はコクヨに入社、やがて関連会社の副社長さんまでやられたようです。


ドイツの機関車120327

 上はドイツの機関車ですが、ご本人はとにかく現地へ乗りに出かけて行くのです。
 今回は写真はありませんが、韓国と北朝鮮の境界を走っていた、いまでは現存しない鉄道の模型があります。見に行って、乗って、たくさんの写真、ビデオを撮って、その記録から製図を起こして模型にしたということで、とにかくふつうの努力では到底できないことです。


オリエント急行の内装120327

 奥様と乗られたオリエント鉄道は、ぼくも箱根のルネ・ラリック美術館で日本に持ち込んだ実物車両に乗ったことがありますが、内装が絶品なのです。
 模型ではその内装まで再現されています。


ドイツの列車の乗客120327

 上はドイツの列車。この模型でも乗客の様子が再現されています。


パンタグラフ120327

 模型の精巧な再現、優美さをお楽しみ下さい。


機関車のトップ縦120327

コメント
nakamura さん、
ぼくは鉄道模型にそれほど興味があるわけではないですが、それでもワクワクしていましたよ。
かなりインパクトある展示でした。写真ではなく、実物を目にしてみないと、わからないかも知れません。
【2012/04/01 19:20】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
博物館ができるそうですから、まだチャンスはいくらでもあります。全国を股に掛けて旅をしていらっしゃる FREUDE さんなら、きっとまた横浜へいらっしゃることがあるはずです。
【2012/04/01 19:18】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
夏休みが終わった頃に博物館へ行く、のがよいかも知れません。鉄道ファンでなくても、一見の価値あり、と思います。
【2012/04/01 19:15】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
>電気機関車はレールからではなくて架線からパンタグラフで電気を集めてる
本物はその通りだと思いますけど…。
デパートですから、有名駅弁とか、子供用のおもちゃとか、いろいろと販売していました。
【2012/04/01 19:13】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

好きな人にはたまらないのでしょうね。我々でもわくわくしますから・・・(笑い)。
【2012/04/01 09:40】 | nakamura #- | [edit]
これは垂涎の男性がたくさん、いそうです
夏には開館されるのですね

ここでディックさんと撮影に行けたら
どんなにか楽しいでしょうね
鉄っちゃんではない私ですが、想像するだけでわくわくしそうです
【2012/03/31 23:13】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こんばんは
この鉄道博物館は、私も見に行くのが楽しみです。
精巧な模型を作られているんですね。
会場は混みそうですね。
好いている時にゆっくり見てみたいですね。
【2012/03/31 22:18】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
「すごい!」
ものすごい人がいるもんですね。
夏に博物館が出来るんですか。見に行かねば。
電気機関車はレールからではなくて架線からパンタグラフで電気を集めてるのでしょうかね。
ネットで見たらそのように見えました。
【2012/03/31 21:35】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
樂さん、
博物館ができたらぜひお出かけください。これだけのことをやる人がいるというのを見るだけでも、パワーをもらった感じがします。
【2012/03/31 21:16】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
この精度の模型がズラっと並ぶのです。壮観ですよ。情熱、意気込みが常人とは違うのです。
【2012/03/31 21:14】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
今回の博物館の話が持ち上がる前には、「シャングリ・ラ鉄道」とか名前を付けて、自宅を博物館にされていらしたそうです。
「ヤミツキ」の力にとらわれた人物は、とてつもないパワーを発揮する。そのエネルギーが伝わってきます。
【2012/03/31 21:12】 | ディック #- | [edit]
ディックさんの知識の広さにも驚きましたが、世の中にはこんな凄い人がいるんですね。
【2012/03/31 19:49】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
電車の乗車記憶や写真から製図してほぼ同じ車両を作ってしまうとは凄い方ですね。
どれも魅力的な車両です。
子供の時に作った車両が今まで残っていたと云うのが驚きです。

写真の配列が見やすかったです。
【2012/03/31 18:48】 | ななごう #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

原信太郎という人物、はじめて知りまして、
これは鉄道好きにはたまりませんね。
息をのむジオラマたちです~!
ディティール一つとりましても、
おっしゃるように夢と優美の世界ですね~!

私は、ドイツの列車の雰囲気が好きです~♪v-22
【2012/03/31 17:43】 | 紗真紗 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4646-566c8e54