FC2ブログ

浜離宮恩賜庭園~San Po の会第60回 (3月3日)その2

2012.03.08(17:30)

三百年の松120303

 浜離宮恩賜庭園のある地(汐入、新橋と浜松町の間の海岸沿い)はもともと将軍家鷹狩りの場所でした。それが松平綱重の別邸となり、将軍家宣の浜御殿となり、以降幕末まで改修に次ぐ改修で庭園としての体裁を整えていきました。
 のちに皇室園遊の地となり、浜離宮と改められたそうです。現在は都立の公園となって公開されています。
 
 上は将軍家宣(綱吉の次の将軍)が改修時(1706年)に植えたクロマツで樹齢三百年を越え、都内最大級と言われています。浜離宮庭園の名物です。


浜離宮内堀改修後120303

 上の写真は復元工事された内堀です。舟で運ばれてきた物資がここで陸揚げされました。貴重な遺構だそうです。
 舟で運ばれてきたのは海上です。この浜離宮内の池は、じつは海水なのです。築地川から水門を通って校内へ海水を引き込んでいます。京・大坂の物資をここで荷揚げして、江戸城に運び込んだそうです。


浜離宮の梅120303

 浜離宮庭園では梅が咲き進んでいました。ビルを背景にしたこのアンバランスな光景が魅力です。


現在の水門120303

 上の写真は現在の水門ですが、この狭いところを水上バスが通過します。

通過する水上バス120303

 浜離宮庭園内に東京都海上汽船の乗船場があるのです。日の出と浅草を結ぶ隅田川ラインがの停船場です。
 浜離宮の池は潮入の池です。海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもの。現在は実際に海水が出入りしているのは、この浜離宮だだそうです。


将軍お上がり場120303

 上はどうということのない写真に見えるかも知れません。けれどもここは浜離宮庭園の名所で、「将軍お上がり場」と言われています。慶応4年(1868年)2月5日未明、鳥羽・伏見の戦いに敗れた徳川慶喜は大阪から開陽丸で逃げ帰り、ここから上陸、騎馬で江戸城へ帰還したその船着き場だそうです。


昔から使われている水門120303

 これが昔から使われ続けている水門です。この堰で海水の出入りを調整しているのだそうです。東京湾の潮の満ち干を利用して池の水位を上下させ、庭の趣に変化を持たせるように作られた「潮入の池」が浜離宮の池であることは、ここから辿っていくと「なるほど」と納得できます。


浜離宮の池120303

 第60回San Poの会(3月3日)その3に続きます。次回はアド・ミュージアム、旧新橋停車場の現代絵画展の記事になりますが、季節に合わせて花の記事を急ぐ必要があり、少し遅くなるかも知れません。
コメント
とんとん さん、
二度目なので、クロマツはこの角度からと決めていました。San Po の会のときはややこしいことをやっていると置いて行かれるので、コンパクトデジカメでカメラ任せにして撮っています。
【2012/03/10 19:43】 | ディック #- | [edit]
ムクドリの巣材運びの盛んなころに訪れた浜離宮、懐かしいです。

松がうまく撮れていますね♪
やっぱり池にはキンクロちゃんですね。^^
【2012/03/10 10:10】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
紗真紗 さん、
江戸時代の歴史を尋ねたこのあとは、アド・ミュージアムで広告の歴史を学び、それから現代アートというコースでした。
東京はいろいろと遊べるところが多いのです。
【2012/03/09 17:16】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
浅草から水上バスで帰ってくる…、というのもおもしろそうだ、と思いました。
いずれやってみたいです。
San Po の会、いろいろと発見があって楽しいですよ。
【2012/03/09 17:13】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
春になると野草も多く、なかなか楽しいところですよ。といっても、ぼくは2回目ですが…。
【2012/03/09 17:11】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
意外なところで歴史と出会う、おもしろいですね。
明治維新の歴史はあまり詳しくありません。勉強中です。
【2012/03/09 17:10】 | ディック #- | [edit]
山ぼうし さん、
仕事に明け暮れている若い頃というのは、そんなものでしょう。今ごろになっていろいろと興味を持ってぶらぶら歩き、なかなか楽しいです
【2012/03/09 17:09】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
東京はいろいろとおもしろいものがあるので、看板が出てくると取りあえず写真を撮り、あとからも注意深く熟読しています。ていねいに説明を読んでいくと、いろいろなことがわかっておもしろいです。
【2012/03/09 17:07】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
見学しながら、津波にあったらひとたまりもないな、という感想を語っている人がいました。物騒な予想が出ていますが、このまま無事に…、というわけにはいかないのでしょうか。
【2012/03/09 17:05】 | ディック #- | [edit]
自然を尋ねる人 さん、
福山城もお堀に海水を導いていたのでしたか。お堀の位置はいまは駅、でしたね。
できれば、いずれ見学にいきたいです。
【2012/03/09 17:02】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
都会の中の自然とビル、どうせなら、思い切りアンバランスなほうがおもしろいですね。
【2012/03/09 16:59】 | ディック #- | [edit]
ななごう さん、
このクロマツはいきなり近寄ると、どこに根があるのかわからなくなります。離れたところからよく見ないと…。
立派ですね。
【2012/03/09 16:57】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

どちらかと言いますと、ちょっと堅苦しさ感が否めない、
浜離宮には、長いこと行っておりませんが、
ディックさまの説明を頭に入れていま一度訪ねてみたいです。
梅と高層ビル! いかにも都心という景観です。
それにしましてもSanPoの会は凄いですね~♪
【2012/03/09 15:27】 | 紗真紗 #- | [edit]
水に春を感じました、いいところですね~
梅も咲いて来て・・・
水上バスに1度乗ってみたいですね。

散歩の会は結構楽しそうです!
ゆっくり歩いて色々楽しみたいですね。
【2012/03/09 10:53】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。
去年の夏、ホテルの窓から眺めただけの
浜離宮を楽しませて頂きました(感謝
機会があればゆっくりと散策してみたいです。
【2012/03/09 10:28】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
しばらく見ない間にビルが増えましたね。
そうか、徳川慶喜さんは大阪から船で逃げてここに上陸したのか。
意外にあっさり大政奉還したので官軍は拍子抜けしたのですね。
その後の戦のほうが大きかったのか。
【2012/03/09 06:22】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
その昔の若い頃、銀座8丁目に勤めていたことがありまして、昼休みに何度か浜離宮に行きました。
園内の茶屋(売店)にはカップ麺も売っていて、お湯をもらって食べたことを覚えています。
当時は豊かな木々はもちろん、ご紹介いただいた名所も知りませんでした。ただ、田舎者には落ち着く場所でした。
周囲は覚えのないビルもあるようですが、拝見し「行ってみたいな~」という気持ちになりました。ありがとうございました。
【2012/03/09 00:35】 | 山ぼうし #- | [edit]
こんばんは
浅草から日の出桟橋まで水上バスに乗ったとき、この水門を通りました。
意外な航路です。
何となく市か歩いたことがない浜離宮ですが、この解説を元に歩くと、印象も変わりそうです。
久しぶりに行ってみたくなりました。
【2012/03/08 22:36】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
大阪湾唯一の自然海岸と言われた、
西淀川区の矢倉海岸が護岸工事対象となり
もう10年ほど経過しました

こういう歴史の遺産を
いつまでも残しておきたいものですね
【2012/03/08 22:09】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
今回ホタルがとんでもないことを引き受けましたので、3月15日頃東京へ行きます。
その時、話す内容に福山城が出てきますがその福山城はモデルが江戸城です。
徳川家康と水野勝成が従兄弟と言うことから進められてて作ったことがわかりました。
福山城のお濠も海水ですが今はそのお濠が山陽線福山駅に変わり舟入と呼ばれる所は福山駅の南口先です。
【2012/03/08 21:51】 | 自然を尋ねる人 #WPD1z/r6 | [edit]
こんばんは。

浜離宮。良いですねぇ。色々
この地ならではの工夫もあり、
さらには歴史も伴っています
からなおのことです。

梅が咲いていました。背後の
ビルの存在が構図としては
効果的なものになっています。

【2012/03/08 20:14】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
昨日、今日と浜離宮脇を通過して来ました。
夕方にも関わらず人の通行が多かったです。

立派なクロマツですね。
大好きな形です。
人の手を加えているとは云え、中々見る事が出来ないですね。

貴重な公園です。いつまでも残して欲しいです。
【2012/03/08 19:53】 | ななごう #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4588-4a8062ec