FC2ブログ

松阪城の御城番屋敷

2012.02.22(16:06)

御城番屋敷の入り口120116

 三重県「食べ歩き」旅行の最終日、松阪城を出たところからの記録です。
 松阪城の正面を下りていくと、目の前に上の写真のような光景が広がっています。
 左側の屋敷、ずいぶんと長く繋がっていると見えませんか?


御城番屋敷土蔵120116

 左側のひとつ手前にはこのような建物があり、これは「御城番屋敷」の土蔵で、当時は城内に建てられていた米倉で、ここへ移築されたとのこと。つまりこれが事実なら、松阪城の建物としてはこれが唯一現存しているもの、だそうです。
 トップの写真の長い建物の手前を左側に曲がったところにあります。


御城番屋敷の配達便120116

 しかし、おもしろいのはこの景色。オートバイは何かの配達のようで、個人の家に配達しているわけですが、たとえば一軒の家をちょっと覗き込んでみると、こんな感じになっています。


一戸一戸は個人の家120116

 家と家の間隔は皆無で、「組屋敷」といい、昔の松阪城警護のための紀州藩士と家族のための「組屋敷」がそのまま残され、建物は左右それぞれ、向こうまで長く繋がっているのです。
 表札があり、いまでも人が住まわれているのですが、みなさん紀州藩士の子孫の方々なのでしょうか。
 一軒(西棟北端)が復元整備され公開されているそうですが、月曜日はお休みで見学できませんでした。


振り返ればそこはお城2120116

 この南北に長い通りを抜けて右側を見ますと、「松阪神社」があり、そのままぐるっと背後のほうを眺めれば、丘の上へ松阪城の石垣が広がっています。写真をよくご覧になれば、家が途切れなくずっと繋がっていることがおわかりでしょう。


振り返ればそこはお城120116

 とりたててどうこういうほどのことはないのでしょうが、このようなお城の警護の武家屋敷が残っていて、いまも一般住居として使われている、ということが、とてもものめずらしく感じました。
 石畳の道がすばらしい。お城の景色もいい。
 でも土日のたびに観光客にぞろぞろと歩かれては、お住まいになられている方はかなわないでしょう。
 それならば、天守閣の復興再建とかしないで、このままのほうがよいのかも知れません。

 -------------------------------

 昨日は丸一日快調で、スポーツクラブにまで出かけたのですが、きょうは起床と同時に心房細動の発作。ちょっとしたことで一日のスタートが変わります。きょうは発作停止まで約7時間。先日の13時間よりはマシですが、一日が半分になってしまいました。
 かみさんは11時半頃に帰宅しました。長男は「まだ腹が痛い、少し腹具合が悪い」とはいいながら、出勤したようです。結婚の話なども出ているのですが、嫁さんになる(予定の)女性にしてみると、未経験の土地で友人もなく、月曜日から金曜日まで夫のいない生活が二、三年は続くことになり、それもまた、たいへんなことです。

コメント
紗真紗 さん、ありがとうございます。
松阪城の正面を守る御城番のお屋敷ですからね。美しく、整然としています。
だからきっと、お住まいになる方は大変でも、山ぼうしさんのおっしゃるように、代々ここに住んで守っているという誇りがあるのでしょうね。
【2012/02/23 19:13】 | ディック #- | [edit]
山ぼうしさん、
石畳み、松阪城の様子など見ていると、市の財政に余裕があるとは思われず、たぶん最初からではないのでしょうか。
>ここに住んでいることの誇りもありますね。
よいことをおっしゃいます。その気持ちがあるからこそ、守っていられるのだろうな、と察します。
【2012/02/23 19:08】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、ありがとうございます。
こういう住まい方がいまだにあるのだと…、ちょっとびっくりしてしまいました。
【2012/02/23 19:05】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
生け垣があっても、ぼくのようにちょっと覗いて写真を撮ったりする人がいるわけですから、プライバシーを守るのはたいへんでしょうね。
体調は、調子のよいときは快調なのですが、朝から不安定なときもあり、気をつけ方が自分でもよくわからないで困ります。
【2012/02/23 19:04】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
懐かしさを誘う雰囲気で「いいなあ」と思います。みなさん、保存に苦労されていることでしょう。頑張ってください、と声をかけたいところです。
【2012/02/23 19:00】 | ディック #- | [edit]
樂さん、
きっと何か文化財の指定か何かあって、勝手な改築はできないでしょうし、不便なことも我慢しなければならなかったり、たいへんでしょうねぇ。
【2012/02/23 18:58】 | ディック #- | [edit]
空見さん、お見舞いありがとうございます。

住まわれている方は、ご近所がうまくいっていれば居心地がよいでしょうが、いろいろと気遣いもあり、たいへんでしょうね。
【2012/02/23 18:56】 | ディック #- | [edit]
miyata さん、
そのようなお家で育ったのですか。どんな様子だったのか、と想像してしまいます。
【2012/02/23 18:55】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
ぼくにとってはとてもめずらしい雰囲気でした。代々にわたり先祖に共通点があり、現在も家々が繋がっているというのは、密接なご近所関係が生まれそうです。
【2012/02/23 18:53】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

石畳に垣根・・・、
とても懐かしいような、落ち着きます景色です。
見られて暮らすのも大変だと思いますが、
一度は住んでみたい気持ちもします。
ここにお城がある!イメージしてしまいました。。

ご子息様のご回復を祈ります。
ディックさまもお体くれぐれもお気をつけくださいね。
【2012/02/23 18:27】 | 紗真紗 #- | [edit]
御城番屋敷の屋根や生け垣が続く光景が素晴らしいです。次代に残したいですね。
石畳は元々なのでしょうか?

住居として使用するのは大変そう。
車庫も無さそうだし、パンツも干せない。
厳しい条例もあるでしょうしね。
でも、ここに住んでいることの誇りもありますね。
【2012/02/23 12:57】 | 山ぼうし #- | [edit]
ここでは住みながら見せておいでなのですね。

何か昔懐かしい気はしますが・・・
飾り気のない住宅が良いですね。

体調どうぞ気をつけてくださいね。
お大事に・・・
【2012/02/23 10:14】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
古い建物を維持管理するのは大変ですね。
見るほうにとっては古い方が良いですが。
長く高い生垣にはそれなりの理由が有るんでしょうね。

体調には充分気を付けて下さい。
私はしょっちゅう休んでます。
仕事も大事ですが体の方がもっと大事です。
【2012/02/23 10:01】 | ななごう #- | [edit]
こんばんは
この建物が組屋敷ですか。
今でも住居用にされているとは驚きました。
古くからあるものを大切にすることはなかなかできません。
素敵な風景です。
【2012/02/22 21:39】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
組屋敷が残っていて、現在も生活しているのですね。
昔の住まいは、現在の生活様式からすると使いにくい面もあるだろうが、勝手に改装もできないだろうにと、勝手に想像してしまいました。
【2012/02/22 21:30】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
こんばんは~
ははぁ珍しいお屋敷ですね、上等な長屋とも見えますが、お住まいになっている方はいろいろとたいへんでしょう。
息子様、抗生物質の副作用、その腹痛なのでしょうかね、過酷なお仕事のようです。結婚もいいですが体が心配ですね、ディックさんもお大事にしてください。
【2012/02/22 21:14】 | 空見 #- | [edit]
たいへん懐かしい風景です。自分の昔いた家・・本家と言われていたのですが、このまわりは、みんなこんな感じでした。生垣なのかなあ、今ではもうなくなったようですが、ホント田舎だったので、懐かしい写真でした。
【2012/02/22 21:03】 | miyata #- | [edit]
こんばんは。

武家屋敷。良い感じです。うらやま
しいですよね。こういう雰囲気の中
で暮らしてみたいなぁ。

さて、ご子息の病はまだ完全に癒ず
と言う感じですが、気になりましょ
う。早く回復すると良いのですが.。

【2012/02/22 19:47】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4561-2253e1e4