FC2ブログ

赤穂浪士の史跡をたずねる ~ 第59回San Poの会 ウォーキング記録

2012.02.02(18:30)

旧細川邸のシイ120128

 第59回「San Poの会」は、白金高輪駅に集合し、高台へ一気に登り、旧細川邸の大きなシイノキと忠列碑、泉岳寺の浅野内匠頭と四十七士の墓にお参り、義士記念館の見学というのがコースの前半でした。
 今晩はこの前半のウォーキングをまとめた記録記事を紹介します。今回は新規参加2名、計9名の参加がありました。

 高輪については、Wikipedia から引用しますと、「江戸時代は町外れで、高台には諸藩の下屋敷(別荘)が多く置かれたことから、明治時代以降に皇族や高官・財界人の邸宅が建ち並ぶ地となった。このため、今でも都心の高級住宅街の一つとして知られているが、邸宅のうち多くは既にホテルや公共施設に変わり失われてしまった」とあります。いかにもそのような独特の雰囲気の町です。
 坂の多い地形で、全体に南北に長い丘陵地の形をしていて、この丘の上へ登るため、参加メンバーはビル5階相当の高さまで一気に階段を登ることになりました。

 登ってすぐの場所に立っていたのが、上の旧細川家下屋敷のシイノキです。スダジイのようで、幹周り8.13m だそうです。


旧細川家下屋敷史跡120128

 なぜこのようなシイノキを見物しているかといいますと、今回のテーマは赤穂浪士関連の史跡を訪ねるということなのです。細川家の下屋敷では、大石良雄(おおいしよしかつ)ら計十七名が切腹を命ぜられたのでした。
 その下屋敷跡の一部が上の写真のように残されています。細川家は大藩の威力と識見を以て大石良雄らの義士を優遇したと伝えられているそうです。


泉岳寺正面120128

 上は赤穂浪士の墓所がある泉岳寺の正面です。
 泉岳寺は曹洞宗の寺で、浅野長矩(あさのながのり)と赤穂浪士が葬られていることで知られています。
 もともとは家康が今の警視庁のある付近に創建したのですが、これが寛永の大火で消失し、高輪へ移転。家光が毛利、浅野、朽木、丹羽、水谷の五大名に命じて復興させ、それ以来の浅野家との縁である、と泉岳寺のホームページには記載されています。


泉岳寺と大石良雄像120128

 境内の様子です。右に大石内蔵助良雄の像が見えます。
 毎年4月初旬と12月14日には義士祭が催されるそうです。


泉岳寺の門の裏側と松120128

 泉岳寺の山門を裏側から見ています。境内を矢印に沿っていくと、奥に四十七士の墓所、その手前左側に赤穂浪士ゆかりの品を所蔵している「赤穂義士記念館」があります。


首洗い井戸120128 赤穂義士記念館120128

 上左は吉良義央の首をこの井戸で洗って主君の墓前に供えたと伝えられる「首洗井戸」です。上右は境内にある赤穂義士記念館です。


赤穂義士の墓所の門120128

 この奥が四十七士の墓所です。雪が残っているのが見えます。


赤穂義士の墓所120128

 中央お堂のようになっているところが大石良雄の墓、その右奥やや高いところに浅野長矩の墓があります。


浅野長矩公墓所120128 大石良雄墓所120128

 上左浅野長矩の墓、上右大石良雄の墓。


赤穂義士の墓120128

 赤穂浪士の墓所はさほど広くはありません。狭い区画に墓石がひしめいていました。

 ぼくの記憶に強く刻み込まれているのは1964年NHKの大河ドラマ「赤穂浪士」です。大石内蔵助は長谷川一夫さんが演じていました。滝沢修さんが演じる吉良上野介のいやらしい虐めや、討ち入り実行までじっと耐え続ける大石内蔵助の姿、その他数々の挿話など、当時中学生だった自分が観ていてもたいへんおもしろく、よくできたドラマだったと記憶しています。
 

赤穂義士の墓所2120128

 ただ、その後のぼくは二度と忠臣蔵を見ることはありませんでした。主君の仇を討つために大勢の人間が死なねばならない、そういう考え方自体に納得がいかなかったのだ、と思います。
 当時のぼくは個人の自由を大切にする米国文化への憧れが強かったのでした。主君の仇を討つために個人を犠牲にする、という考え方を嫌ったのだと思います。
 (とはいえ、その後「米国人の標榜する自由とは単なる独善でしかない」ことに気がついて失望し、もう一度日本文化のよいところを再評価しようとして現在に至るのですが…)

 集団や組織を守るためには個人の犠牲もやむを得ない、という考え方は、何も日本だけのことではなくて、どんな社会にもあることのようです。日本ではとくに企業社会にその傾向が強いように感じます。ぼくのような集団や組織に馴染めないタイプの人間にとっては、「協調性の重視」だの「滅私奉公は当たり前」だの、「空気を読め」だの言われることは、ただただ厭で仕方なく、中学生の頃すでに「忠臣蔵」の思想の背後に、こうした考え方の影を感じ取っていたのだと思います。
 歴史を勉強することは大好きですが、たとえば「これが秀吉の人事管理の仕方だ」というように、戦国時代や江戸時代の部下管理の手法を現代企業社会に当てはめて論じているのを見たりすると、ぼくは嫌悪を覚えます。

コメント
夏のそら さん、
タイでは積極的にお出かけになっていらっしゃるようにお見受けします。東京・横浜に住んでいながら、知らないところが多い、というのもおかしな話で、やはり積極的に見てまわりたいものです。
【2012/02/06 13:34】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
「San Po の会」は四年半ほど前から続いていますが、ぼくは一年遅れで参加しました。
コンパクトデジカメを買っていない頃は、写真がなく、ぼくもたまに「どこそこへ出かけた」とここへ記載するのみでした。思い出してみると、ずいぶんいろいろと出かけています。
【2012/02/06 13:31】 | ディック #- | [edit]
ほんと、Sanpo の会、良いですねー。
故郷でも学生時代を過ごした地でも、あまりその地の様子を知らないできてしまいましたから。
あまりにも忙し過ぎるよね、みんな。
何だか本末転倒な暮らしになってるような…。
【2012/02/04 16:04】 | 夏のそら #dl2yYD66 | [edit]
おはようございます。

泉岳寺は赤穂浪士ですね。
長谷川一夫は見ましたよ(笑い)。
それにしても、sanpoの会はよいですね~、いつから??(笑い)。
【2012/02/04 09:20】 | nakamura #- | [edit]
mico さん、
この日もご覧のように若いカップルがお参りしていました。誰しも有名な事件があったところ、それに因む場所などは見ておきたい、墓前でいろいろと想いを馳せたりしてみたい、と思うのが当然でしょうね。
【2012/02/03 19:37】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
歩き回ってこういう記事を書きますと、いろいろと調べ直したり、みなさんの意見を聞いたり、なかなか興味深いです。
いろいろなところへ出かけていきたいです。
【2012/02/03 19:35】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
何がほんとうだったかはわからないわけですが、当時の庶民たちが喜び、長い歴史を経てきたのがいまの「忠臣蔵」の物語、たまには逆転の発想もおもしろそうですが、あまり売れないかも知れませんね(笑)
三国志でも、曹操をメイン主人公にしたものがあって、そこそこは行けるようですが、やはり従来の物語にはかなわない…。
【2012/02/03 19:33】 | ディック #- | [edit]
意外と興味深々なのです。
というのもこちらでは赤穂蛾近いし実家の方では吉良が近かったのです。

今年もTVでありましたね。
東京の方は行ってないのですが泉岳寺は興味があります。
【2012/02/03 15:02】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
四十七士のお墓へのお参りは現在も絶えないようですね。
昔良く観ていた「忠臣蔵」を思い出しました。
【2012/02/03 08:26】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
「忠臣蔵」に関しては日本人の数だけ説があるそうですね。
元禄という時代はなんだか妖しい魔力を秘めていますよね。あの事件が無ければ豪華爛熟の文化だけの時代だったかもしれない。光と影の「光」だけのように。あれは翳りを添えているのかもしれない。
ボクは吉良側から見た忠臣蔵が現れるのを心待ちしています。
吉良上野介は言われるほどの悪人ではない。国許に帰れば領民から慕われるお殿様。幕府にあっては有職故実を身につけた教養豊かな高家。浅野は短気で物覚えの悪い田舎のバカ殿様。その朝、わけも解らず殿中で斬りつけられ、おまけに幕命でお取りつぶしにあった浪士から身に覚えのない恨みを受けて殺されるという理不尽。こんなことがあっていいのかしら・・・とね。
【2012/02/02 23:23】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
YAKUMAさん、
江戸時代というのは、じつに複雑な時代です。小学校時代、「鎖国」は悪いことのように教えられましたが、それによって花開いた文化は豊かでした。200年あまりも続いた平和な時代。際限もなく興味深いです。ブラタモリなど見ていますと、また深くそれを感じます。
【2012/02/02 22:18】 | ディック #- | [edit]
紗真紗さん、
長い歴史に揉まれてきて、物語は洗練され、泣かせどころがたくさんあって、おもしろいに違いないと思いますよ。中学二年のぼくが感動したのですから。
「だからお前たちも…」と自分に向かっていう声が背後から聞こえてきそうなので、ぼくは近寄りたくないというだけのことです。
結局初めて泉岳寺に足を踏み入れました。何の「集団」や組織」にも属さない、「損得」や「好き嫌い」とも関係ない、ただの一個人として、歴史をある程度冷静に眺められるようになってきています。
【2012/02/02 22:13】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
前段に書いているように、テレビドラマ「赤穂浪士」はじつにおもしろかったのですよ。
ただ、この人気を利用する日本の企業社会の風潮を微妙に察知して嫌ってしまったにすぎません。どんなに正しそうな理屈をこねようと、人の行動の根本には「損得」と「好き嫌い」があります。そしてぼくは大概少数派ですから、赤穂浪士の中では47人から外れて逃げ出し、大衆からつまはじきにされる役回りに相違ない。ぼくに勝ち目はないのです。
「忠臣蔵」の思想の中ではぼくは生きられない。たぷん、だから近寄らないほうが無難と思ったのでしょう。
いまは自由な立場ですからね。何でも正直に書ける。地理佐渡さんもまあ、「そういう考え方もあるんだ」程度で許してくれそうだし…。社会も少し変化してきた、ということでしょうか。
【2012/02/02 22:03】 | ディック #- | [edit]
>ディックさんの記事もだんだん「歴史散歩」のようになってきましたね♪
元気なうちに、できるだけいろいろなところへ行っておこう。ついでに木や花など見て来れれば好都合! といったところでしょうか。
心臓の医者が行ってくれているのです。「自分の好きなことをやっているのが健康にも一番ですよ」と。いい先生だなあ(笑)
【2012/02/02 21:48】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
近いようで、訪れたことのない泉岳寺。
知っているようで詳しく知らない赤穂浪士。
改めて勉強になります。
歴史を知ることは大切ですね。
【2012/02/02 21:16】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

TV界の暮れの風物詩と言えば、なぜか忠臣蔵ですね。
1年の締めとしてふさわしいのでしょうか。
日本人の奥底に眠っているピリリ感がはまるのでしょうか。
私的には強く見る、そこまでは行きませんが嫌いではありません。

むかし泉岳寺には、二度ほど訪ねましたが、なんとな~くでしたので、
さすがディックさまの固苦しくない分かり易い説明に感謝いたします~♪
【2012/02/02 21:05】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。

忠臣蔵から色々話しが発展してい
ますね。僕は好きなんです。確か
に今の価値観ではそう判断される
部分は出てきましょうけど、その
時はその時の生き方に縛られねば
ならぬ定めのようなものがあった
はずです。その中での潔さが万人
に認められたのでしょう。

そのことが何をもとに論ぜられよ
うと、すでに江戸期からたくさん
の民衆に好かれてきた事実は何を
もってしても否定されるものでは
ないでしょう。

日本人。たくさんの歴史の過程で
ものの考え方や生き様も変化して
きたのです。多様な見方は受容さ
れるべきですね。賛否は個人の
範囲と言うことで..、で、僕は
忠臣蔵はおもしろいに一票(笑)。

【2012/02/02 20:57】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
あ、スミマセン間違いました、訂正を!
江守徹さんは吉良ではなく大石内蔵助の役どころでした~(汗)
【2012/02/02 18:53】 | 空見 #- | [edit]
こんばんは~
>歴史を勉強することは大好きですが、たとえば「これが秀吉の人事管理の仕方だ」というように、戦国時代や江戸時代の部下管理の手法を現代企業社会に当てはめて論じているのを見たりすると、ぼくは嫌悪を覚えます。

まったく同感です!私は元々「忠臣蔵」の良さ?が分りません。なぜあんなことをしなければならなかったのかも・・それを誰もが讃えることも。ストーリーは知っていますが。
私はTVで江守さんが吉良を演じた際、奥さんが子供たちを連れて実家に帰る(離縁)暇乞いの時、「それは好都合」と言った台詞がウケましたけど(笑)
泉岳寺はよくTV中継に出ますね、ディックさんの記事もだんだん「歴史散歩」のようになってきましたね♪
【2012/02/02 18:50】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4527-adc2f482