伊勢神宮内宮の参拝

2012.01.23(18:29)

宇治橋120114長女撮影

 伊勢神宮内宮に祀られている神様は天照大神です。
 須佐之男命の乱暴狼藉に腹を立てて天の岩戸の中へ隠れてしまったあの太陽神で、代々の天皇家に祀られていた神様です。
 内宮へ参拝するには五十鈴川に架けられた宇治橋を渡らなければなりません。渡った先が神苑です。
 次の式年遷宮は平成25年なので、その4年前平成21年10月に宇治橋は架け替えられました。その新しい橋を渡っています。
 上の写真は長女が撮影。この写真を選んだ理由は、ある程度人の流れが途絶えて橋全体が見えているからです。私が撮った写真は人ばかり(笑)


宇治橋から五十鈴川を臨む120114

 宇治橋から五十鈴川を見ています。向かって左側に内宮があります。


内宮への参道120114

 宇治橋を渡って参道を第一鳥居のほうへ向かっているところです。


五十鈴川120114参道途中

 五十鈴川の御手洗場へ下りて撮っています。


内宮の大木縦120114

 第二鳥居から御正宮のほうへ向かいますが、周囲は圧倒される大きさと高さの巨木です。これはかなりの迫力ですが、広角写真で高さを撮れば木が細く見え、幹の辺りを近く撮ればそこら辺の木と変わらずに写る。こればかりは私の写真では再現不可能です。


押し合いへし合いの内宮参拝120114

 内宮の御正宮の参拝ですが、押し合いへし合いの順番待ち。とても写真どころではありません。


子安神社への道120114

 お守りなどいくつか買ったあとは子安神社へ向かいます。子安神社は長女がどうしても寄るのだと…。木々の剪定がちょっとおもしろい。


子安神社120114

 この子安神社は、宇治館町の産土(うぶすな)の神といわれています。
 皇大神宮(伊勢神宮内宮)所管社で木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)をお祀りしています。安産や厄除けの神として、多くの人が訪れるそうです。

 というわけで今晩はここまで。
 このあとまた「おかげ横町」をうろつきまして、「食べ歩き」が始まります。
コメント
おはようございます。

コメント入れたつもりになっておりました。懐かしい場所ですね、日本人には・・・ですから人が集まるのでしょうか(笑い)。
【2012/01/25 09:00】 | nakamura #- | [edit]
kawazukiyoshi さん、
ぼくはクラシックが好きですが、クラシック界は一般人に対し、自ら敷居を高く感じさせて、堅苦しい雰囲気を創り出しているような気がしてなりません。そういうことを続けていると、全体のパイが小さくなり、経営が困難になり、高価になり、価格の点でも敷居が高くなる。悪循環に陥り始めている、と思うのです。
【2012/01/24 18:04】 | ディック #- | [edit]
mico さん、hirugao さん、
息子の情報では「きょうはとくに人出が多い」そうですが、それでも最近はいつもかなりの人出だそうで、土日は内宮前は営業者以外は進入禁止になっているくらいだそうです。
hirugao さん、
ぼくは初めてなので昔も今もわかりません。伊勢神宮はこんなもの…、という印象で固まりそうです。
【2012/01/24 18:00】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
お伊勢参りは人手が多いですね。
またいつか行きたいものです。
クラッシックは敷居が高いという人が多いですね。
演歌だって、管弦楽のバックで歌っているのだから
同じなのですよね。
私は誰でも楽しめるものを創りたいと思っています。
もともと、音楽学校なんぞに行ったことがないのですから
気楽に、気楽にやっています。
今日もスマイル
【2012/01/24 14:02】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
やはりお伊勢さんですね~

お参りの人も多いのには驚きです。
そして食べ歩きのおかげ横丁もかなり込んでいたのでしょうね。

いすゞ川が昔より汚れているようです。
【2012/01/24 10:00】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。
さすがお伊勢さんたくさんの参拝ですね。
五十鈴川の写真が素晴らしいです。
【2012/01/24 09:57】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
樂さん、地元の方ほど近い名所には行かない。そんなものでしょう。
余裕のある身になって、昨年辺りから近くの横浜の名所へも出かけてみるようになりましたが、小学校の頃とはすっかり変わっていまして、案外と新鮮だし、当方の興味も変わってきてますから、なかなか楽しめます。
【2012/01/23 22:07】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
3年前なら古い橋を渡られたはずです。式年遷宮に先立った架け替えるのだそうで、なんかもったいないですねぇ。
御手洗場付近の風景は、上流へカメラを向けたらそちらが南西で陽が向こうから射しているのですが、そのせいで川面が光り、遠くがもやっと霞んで、よい風景でした。
【2012/01/23 22:02】 | ディック #- | [edit]
私は三重県の生まれですが、小学校5年の修学旅行と、社員旅行で行ったぐらいです。
五十鈴川を渡った後の境内の雰囲気は好きですが、詳細は忘却の彼方へ。
【2012/01/23 22:00】 | 樂 #M8XIDdVw | [edit]
地理佐渡 さん、自然を尋ねる人さん、小肥りさん、
ここへ何回も来ている長男の話では、この日はかなり人出が多いそうです。1月初旬の参拝を避けた客が、土曜日ということで大勢いらしているのではないか、と思われます。
【2012/01/23 21:57】 | ディック #- | [edit]
やまぼうしさん、初めまして。
>五十鈴川の柱のようなものは・・・何でしょう。
Wikipedia から引用します。
「川の増水などでの流木などが橋脚に衝突し損傷しないように、宇治橋の上流側に数本の杭が立てられており、木除杭(きよけぐい)と呼ばれる」だそうです。
ぼくも伊勢神宮には初めてなので、勉強しながら記事を書いています。ふつうの神社と違ったことがいろいろあって、なかなかおもしろいです。
【2012/01/23 21:54】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
3年前の4月に、お参りに行ったのですが、まだこの橋ではなかったのですね。
五十鈴川の御手洗場辺りの風景、私は好きです。
【2012/01/23 21:52】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは~。
時々拝見しておりましたが、初めてコメントします。
伊勢神宮には行ったことがありませんので新鮮な感じです。
宇治橋の中央分離帯のような材は、左右に分かれて歩くことを
目的にしているのでしょうかね。
五十鈴川の柱のようなものは・・・何でしょう。
変わった剪定には目がとまりますね。
でも、そのバックには林があるので、引き立たないな~、などと
勝手に思ったり・・・いろいろ楽しめました。
また、おじゃまします。
【2012/01/23 21:42】 | 山ぼうし #- | [edit]
たしかに。
参拝の人が多いですね。
半世紀前、修学旅行、五十鈴川で手を洗ったような気がする。
【2012/01/23 21:06】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
ウーン人の多さにびっくりです。
家から5分の神社に亀とお伊勢様石があります。
この石の向く方向がお伊勢様だとか。
こんなに多い人ゴミより誰もいないところの方が良いと思いますが
やっぱり私も人間
人が恋しいです。特に美人が!
【2012/01/23 20:56】 | 自然を尋ねる人 #VgfFJ5pE | [edit]
こんばんは。

いよいよ核心部分へと向かっている
感じがします。それにしましても
人が多いですねぇ。いつもそうなの
でしょうか?

【2012/01/23 19:55】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4511-94e91fac