新春・谷中七福神巡り(その2)

2012.01.11(18:30)

東覚寺120107

 一昨日ご案内しました「新春・谷中七福神巡り」の続きです。正岡子規の墓など脱線していましたが、ようやく七福神巡りを始めました。
 最初は真言宗豊山派の東覚寺というお寺の「福禄寿」です。

 不信心なぼくには、福禄寿とはどんな神様なのか人なのか、調べるつもりはありません。ただ、そもそもなぜ、どのようにして、この「七福神巡り」という奇妙な風習が始まったのか、その経緯には興味があります。そもそもこれから巡るお寺の宗派はいろいろあって、七福神と何の関係もないわけですから…。


東覚寺明尊殿のある側から120107

 東覚寺の社務所に詳しく書かれた張り紙がありました。これを少し要約してみます。
 ・七福神の創設者は上野寛永寺の天海僧正だった。
 ・天海僧正は巧みなお追従で家康に気に入られた。
 ・後年さらに下記のようなお追従を並べ上げた。
  「公は長寿・富財・人望・正直・愛敬・威光・大量の七福を備え給いて天下統一をなし遂げられた。これを神で言えば、寿老人の長寿、大黒天の富財、福禄寿の人望、恵比寿の正直、弁才天の愛敬、毘沙門天の威光、布袋の大量の威徳を表したものです」
 ・家康はとても悦んで、狩野探幽を召して七福神の絵を描かせて尊崇した。
 ・探幽の絵は模写されて宣伝され、大衆の喜ぶところとなった。
 結論は、「七福神の起源は天海和尚のいい加減なお追従の弁であった」ということになります。
 江戸時代のことですから、庶民はめでたいことは大好きで、七福神巡りはよい娯楽だったということでしょう。


赤紙仁王尊120107

 上の写真は、東覚寺門前右側に建てられている「明尊殿」という拝殿です。前に立っている赤い張り紙だらけの像に意味があります。赤紙仁王尊といいまして、阿形と呍形の仁王像が立っているのですが、貼られた赤紙に隠れてしまっているのです。
 病気の人が自分の患部と同じ場所に赤紙を貼って、病気身代わりと心身安穏を願うという風習で、願いがかなったときには草履を奉納します。傍らには奉納された草履がたくさん並んでいました。


東覚寺本堂120107

 東覚寺の本堂です。この本堂に福禄寿が祀られています。 
 本堂には下のような立派な裏庭がありました。


東覚寺の裏庭120107


青雲寺120107

 東覚寺の次は青雲寺の恵比寿様です。
 上の写真のようにお堂の中を覗き込みますと、恵比寿様が見えます。
 ここは臨済宗の寺院でした。

 東覚寺でもたつきましたので次の修性院の布袋尊を出したいのですが、なぜかぼくは写真を取り忘れています。困りました。

修性院入り口 布袋尊

 荒川区のホームページから写真を借りてきました。区のページですから、著作権がどうこうとはまさか言わないでしょう。
 修性院(しゅしょういん)は日蓮宗の寺院でした。
 これで真言宗、臨済宗、日蓮宗の寺院それぞれに七福神があったわけで、なんだかずいぶんといい加減だなあ、と思いますが、これが日本人の宗教感覚というものなのでしょう。


谷中銀座1120107

 修性院の撮影を忘れたのは、谷中銀座の雑踏のおもしろさにすっかり気を取られてしまったから…、かも知れません。これはなんとも魅力的な街並みです。
 写真の前後関係がわからなくなってしまっていますが、下のように「夕焼けだんだん」という名所があります。


夕焼けだんだん120107

 夕焼けが美しいことと、下町情緒が感じられる名前として、森まゆみさんが命名されたのだそうです。


谷中銀座2縦120107

 谷中銀座でコロッケ30円とか、レンコンのはさみ揚げ50円とか買い食いしましたが、ほかにもまあ、いろいろなものがたくさん売られていまして、同行者の中には袋いっぱい買い込んで食べた強者もいました(笑)
 なんとも楽しい通りでした。

 七福神巡りとは言いながら、寄り道の楽しいウォーキングです。13日の晩の次回へと続きます。
 明日はR特派員から提供された「トリックアート写真」を紹介する予定にしております。 
コメント
こんばんは
谷中の七福神巡りですか。
わが町にも、達磨大師をいれた八福神めぐりというものがありますが、都会はやはり賑やかさが違いますね。
私もまた地元で巡ってみようと思います。
【2012/01/12 21:48】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コロッケ30円!
私の小中学時代はいくらだったかしら…5円か10円?
なんだか子供の気分にかえれそう。
【2012/01/12 21:38】 | 夏のそら #dl2yYD66 | [edit]
kawazukiyoshi さん、
> 口の聞き方次第というのは当世風
昔も今も、少しも変わっていないということかも知れません。
【2012/01/12 18:28】 | ディック #- | [edit]
自然を尋ねる人さん、
まあ、もし文句が出たら削除しましょう。
荒川区にとって、この記事はプラスだと思いますが、お役人は堅いですから、どう思われるか。
【2012/01/12 18:26】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
夕焼けだんだん、あと一時間もすれば、という時間帯でした。冬は日が傾くのが早いです。
この辺りから谷中銀座界隈、楽しいところでした。
【2012/01/12 17:46】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
この雑踏が楽しいですね。こういうところはぜひ生き残っていってほしいです。
【2012/01/12 17:44】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
七福神巡りの謂われ、ですけど、天海僧正って、ほんといい加減でお追従のうまいやつだなあ、と感心しました。出世する人はこういう人なんだろうなあ、と(笑)
【2012/01/12 17:42】 | ディック #- | [edit]
山手の木々さん、
写真の夕焼けだんだんの左側、画面の切れた辺りで猫たちが数匹、ひなたぼっこをしていました。そのあたり、日当たりがいいんですね。
【2012/01/12 17:38】 | ディック #- | [edit]
空見さん、
ぼくもまあ、七福神巡りそりものにはさほど熱心ではないのですが、結局、寄り道しながらぶらぶらする。江戸時代の庶民もそうやって楽しんでいたのだと思います。
おもしろい川柳を教えていただいて、ありがとうございました。
【2012/01/12 17:36】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡 さん、
谷中ってこういうところだったのか…、と江戸の雰囲気を楽しみました。コロッケとか、レンコンとか、できれば店先を撮ってきたいところですが、うかつに写真撮りをやっていると、取り残されたり、見失ったりしそうでして…、
【2012/01/12 17:33】 | ディック #- | [edit]
なるほど、ばるほど
謎解きも行き着いたわけです。
口の聞き方次第というのは当世風ですね。
今日もスマイル
【2012/01/12 15:25】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
写真のピンがヅレていることが合って
お役所の写真を借りることにしたのですが100人程度が見る情報誌ですから一応管理部署へ尋ねました。
そうしたらダメと言う人と出典を書けばよいと言う人がいました。
私の場合上層部とお付き合いがあったので出典のみかけばOKでしたが人により解釈が違いました。
これだけのことを無料でPRしているのにモンクガデルトハ!
【2012/01/12 13:09】 | 自然を尋ねる人 #7xcA0.vY | [edit]
七福神めぐり派意外と町中にあり楽しい雰囲気が伝わってきました。

谷中銀座の雑踏も楽しかったでしょうね。
「ゆうやけだんだん」は夕焼け時に行ってみたいですね。
【2012/01/12 10:36】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

谷中銀座、魅力たっぷりです。
全国にこのような町があったのですが、ほとんど壊滅的です。
たっぷり楽しまれましたね(笑い)。
【2012/01/12 07:03】 | nakamura #- | [edit]
おはようございます。
「七福神めぐり」新年にふさわしい企画ですね。
楽しませて頂き有難うございます
「七福神」の謂れ勉強になりました(感謝
【2012/01/12 06:57】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
おはようございます。
のんびり谷中の七福神めぐり、正月らしくていいですね。
お寺は新しくなったものが多いようですね。
最後の「夕焼けだんだん」、ここに来る猫の撮影場所としても有名ですね。下町情緒たっぷりです。
【2012/01/12 06:19】 | 山手の木々 #- | [edit]
こんばんは。
ははぁ、私も「七福神巡り」というのがよく分りませんで難儀しておりましたから、ありがたい説明をいただきました。
当地でも大きなお寺では七福神イベントやっていますが、私はあまり興味が湧かないので、迷いながら近くまで行きましたが、思い直して別のコースにしました(笑)
谷中銀座で買い食い歩きのほうがナンボか好み (^▽^)エヘ
川柳で面白いのがありました。。。↓八方美人の追従屋ですね。

下座から泳ぎ上手が酌(つ)ぎに来る


【2012/01/11 22:12】 | 空見 #- | [edit]
こんばんは。

七福神めぐり。天海僧正の話しも
楽しいですし、まわられてきた場
所場所の寺も紹介されている。
共に歩いているようなとは大げさ
ですが、これだけ並べていただき
ますと臨場感はでます。
できましたらコロッケとかレンコ
ンはさみ揚げとかの映像も欲しかっ
たです。僕ならそれと燃料も買い
込みますが..(笑)。

巣鴨、柴又、深川、そして谷中と
なんとなく江戸を感じさせる場所っ
てあるんですねぇ。

【2012/01/11 21:31】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4490-60892939