庭のスイセン

2012.01.10(18:30)

庭の白いスイセン120108

OLYMPUS E-5、50mm Lens ×2倍コンバータ、焦点距離100mm、f4.0、ISO160、被写体距離1.3m、1/320
露出補正 -0.7、WB自動


庭の白いスイセン背景千両120108

OLYMPUS E-5、50mm Lens ×2倍コンバータ、焦点距離100mm、f4.0、ISO160、被写体距離1.6m、1/640
露出補正なし、WB自動


庭の白いスイセンアップ120108

OLYMPUS E-5、50mm Lens、焦点距離50mm、f3.5、ISO200、被写体距離0.5m、1/800、露出補正なし、WB 自動


庭の白いスイセンやや離れ120108

OLYMPUS E-5、50mm Lens ×2倍コンバータ、焦点距離100mm、f5.6、ISO250、被写体距離0.7m、1/160
露出補正 -1.3、WB自動


庭間白いスイセンとハナアブ120108

OLYMPUS E-5、50mm Lens ×2倍コンバータ、焦点距離100mm、f5.6、ISO200、被写体距離1.4m、1/160
露出補正 -1.7、WB自動


庭の白いスイセン集団120108

OLYMPUS E-5、50mm Lens ×2倍コンバータ、焦点距離100mm、f5.6、ISO320、被写体距離2.1m、1/250
露出補正 -1.3、WB自動

わが家の庭の、居間の前のスイセンです。
余裕のある撮影では50mm Lens ないし50mm Lens に2倍のテレコンバータを付けて使います。
被写界深度が浅いので、フォーカスには神経を使います。
白い花は色飛びさせないように、ISO と露出補正 はシャッターを切るたびに触るくらいに神経質に撮っています。
今回に限らず、ぼくの写真のほとんどは「絞り優先」で撮影し、シャッター速度は自動的に決まります。
白い花の撮影では、ホワイトバランスはほとんどの場合「自動」としていますが、レタッチで多少色温度の高い方向へズラして、黄色みを加える程度のことはしています。

今回のレンズはいい加減に扱うと失敗が多いので、ふだん持ち歩いているのは 12mm~60mm の解像度の高いズームレンズを使用しています。今回は近い花と背景ボケの美しさに配慮して、50mmレンズに2倍のテレコンバータを付け、事実上の100mm レンズとして使用しています。(3枚目のみテレコンバータを外したマクロ撮影です)

コメント
とんとん さん、
全部中央重点測光です。一枚一枚、液晶で確かめながら、もう少し背景を落として暗くしようとか、そんな撮り方ですね。Olympus は基本的に白飛びしやすいので -0.3くらいが一番多いパターンですが、今回は背景を暗くしたくて、ずいぶんとマイナス補正したものが多くなりました。
写真を選ぶとき、やはり奥行き感のあるほうがおもしろく感じます。
【2012/01/12 18:38】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
お座布団をありがとうございます。本日はこの冬一番の寒さだそうです。あまり冷えるので、早めの風呂に入りました。
【2012/01/12 18:31】 | ディック #- | [edit]
kawazukiyoshi さん、
水仙は、ずいぶんと変わった種類がたくさんあるようです。これは白一色というのがおもしろくて、気に入っています。咲く時季は、けっこうバラバラですね。
【2012/01/12 18:30】 | ディック #- | [edit]
1メートル以上離れると全体にピントが合いますね。
明暗のはっきりした最後の三枚の写真が好みです。^^

撮れ加減はカメラによって随分と違うでしょうね、露出を下げて白色が奇麗に出ていますね。
ペンタックスは暗く撮れてしまうので、露出を下げることはありえないという不思議なカメラです。
スポット測光では花に測光ポイントを合わせるので、白とびすることもほとんどありません。
周りが暗くなりすぎると感じたたときは中央重点平均測光に変えて数枚撮ったりしています。
失敗したくない時はF値を何種類か変えて数枚とって、いいのを選んだりして楽しんでします。
お花用にいいカメラを用意しなければと思う(思うばかりの)今日この頃です。^^

【2012/01/12 16:28】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
おはようございます。

お~、さすがディックさんです。
白を白らしく・・・お座布団を。
【2012/01/12 07:01】 | nakamura #- | [edit]
造花のような水仙ですね。
我が家の水仙はまだまだです。
今日もスマイル
【2012/01/11 17:23】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
dezire さん、
バッハの宗教曲、今年生演奏を聴くことのできる機会があるとよいですが…。
>色温度は少し高めでブルー寄りの方が白が映えますが、加減が難しいですね。
夏であればブルーよりにすると清々しい感じになって白が映えますが、いまの時季は寒々しい感じになることもあり、按配が微妙です。
【2012/01/11 16:46】 | ディック #- | [edit]
夏のそら さん、
いまこのスイセンのあるところは、今日から始めた庭の改造でウッドデッキになってしまう予定です。
でも、これはめずらしくてきれいなので、掘り出して移動することを検討しています。
【2012/01/11 16:33】 | ディック #- | [edit]
清楚なすいせんの花を美しく表現されていますね。
清楚な白い花暗い背景に対して色飛びしないように、撮影するには光の具合も配慮しているのでしようね。色温度は少し高めでブルー寄りの方が白が映えますが、加減が難しいですね。

「ロ短調ミサ曲」のブログにコメントいただきありがとうございます。この時歌っていた方からもコメントをいただきました( takahashi_chiharu)。バツハのこの種の音楽は生の音を聞いて初めて理解されるものがあるということです。
【2012/01/11 14:23】 | dezire #bF0MXBlc | [edit]
あらー 初めて見るスイセンです。
この中心が黄色いのは知っているのよ。
全身白いスイセンがあるなんて。
【2012/01/11 12:59】 | 夏のそら #dl2yYD66 | [edit]
hirugao さん、
お使いのカメラの説明書を熟読して、ふだん使っていない機能をいろいろと試してみるだけでも、かなり違ってくると思いますよ。
hirugao さんはそもそも絵心がおありになるので、ちょっとしたカメラの構造とか仕組みとか、技術的な問題でしょうから、新書版の本を読むだけでもかなり違うと思います。
【2012/01/11 11:20】 | ディック #- | [edit]
違う水仙の種類ですね、可愛いです。

写真はほとんど気にしないでとっていますので失敗も多いです。
少しデジカメ教室に参加してみたいです。
【2012/01/11 11:01】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
地理佐渡さん、紗真紗 さん、mico さん、
ぼくはたいがい「その場限り」であとからデータを見たりしないのですが、Olympus の50mmマクロというレンズは、たまに使うとはっとするほど美しい画像が撮れることがある一方で、失敗画像も多い。これから予定している「梅」の花なども50mmマクロに2倍のテレコンバータを付けた事実上の100mm で撮ることが多いので、そろそろ練習しようと持ちだしてきました。
とんとん さんとお話ししていたら、被写界深度が浅いので「ボケ写真と紙一重」とか、「迷ったらf5.6で逃げてごまかす」とか書かれていまして、データを並べてみたら、「うわ、自分もやっている」と…。
「単なる勘」と「試行錯誤の調整」が交錯して、うまくいくこともあれば失敗することもあり、見直してみれば「あともう少し」と思うところもあって、微妙なところです。
【2012/01/11 09:55】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。
水仙の花から香りが届きそうです。
私は何気なくカメラを向けてしまい失敗ばかりですがいろいろ勉強になりました。
【2012/01/11 09:28】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
ディックさま^^こんにちは~♪

わぁ~今日は、ディックカメラ教室です。
もう、落ちこぼれの紗真紗ですが、
データと画像をじっくりと拝見しております。
あぁ~もう難しくて~~
ISO感度の数字を参考にさせていただきます。
また、
露出補正もマイナス1.7とここまでされるのですね~?
好みといたしましては、
水仙の良さが全開の3番目のマクロ、いいですね~!

なぜかこの水仙を見ますと、赤ちゃんの手をイメージします~!
いつもありがとうございます~♪
【2012/01/10 22:54】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。

たぶんレンズの構成を理解しないと
ダメなのでしょうね。でも、見てい
てきれいなものはきれい。こう言う
のが素直な気持ちです。本来白い花
が好きである。頑として譲らない。
もしかしたら僕の好みに応えてくれ
たのではないかと錯覚する様な写真。
何か気持ちを静めてくれる数々の
作品に心地よさを感じています。

【2012/01/10 22:46】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4488-76cfc757