FC2ブログ

根岸森林公園 ~ 晴天の紅葉(12月4日 その2)

2011.12.08(17:29)

イチョウとベンチとランナー111204

 この位置取りは毎年の定番ですが、今年は葉が台風で散って、ボリューム感がいまひとつです。
 それでもまあ、大木のひとつの根元に腰を下ろして、カメラを構えながら、誰かいい色合いの服を着たランナーが来ないかなあ、と待ち構えます。
 正面左上に太陽があるので、カメラをうかつに上の方へ向けすぎると陽が入って、ハレーションを起こしますので要注意。できれば、ベンチの女性にはもう少し座り続けていてほしい、というときに、オレンジ色のTシャツを着たランナーが走ってきました。


青空とイチョウの枝111204

 トップの写真で、左端に写っているイチョウは、見上げるとかなりの大木なのです。


イチョウと青空縦111204

 少しずつ陽当たりのよいほうへ回り込んで、離れていきます。


イチョウと青空中景111204

 緑色の葉はタブノキです。


逆光のカエデ111204

 トップの写真で、左奥のシイノキの林の中へ入っていくと、奥のほうにカエデがあります。
 大木に囲まれた小さい木で、下から見上げて撮影する以外、この色を生かす方法が見つかりません。
 だから毎年、透過光のこんな写真になってしまいます。


逆光の黄色いカエデ111204

 上の写真で、黄色いカエデのほうを主人公にしてみました。


モミジバフウとカエデと林111204

 モミジバフウのある方向から見ると、少し明るいので、赤いカエデを順光で撮ることができます。


時計とサクラの紅葉111204

 「馬の博物館」へ入りました。
 「曇天の紅葉」シリーズでほぼ同じ位置からサクラを撮っていますが、青空を生かすために、少し離れて撮ります。
 風が強く、シャッター速度を確保するため、感度をあまり下げるわけにはいきません。でも、そうすると色飛びして、仕上がりの解像度がやや粗くなります。この日の公園の回り方を逆にしていたら、もう少しきれいに撮れたかも知れませんが、逆に、昨日のイチョウやケヤキが粗くなっていたでしょう。


馬場のイチョウ晴れ111204

 これも「曇天の紅葉」シリーズより微妙に右側へずれて撮りました。左側の斜面が消えてしまいますが、馬場を掘り返した轍の跡を生かしたい、と思いました。

 -------------------------------

 RAW撮影なので、現像のやり方を含め、自分なりに、6年がかりで開発した独自の撮影方法です。
 紅葉・黄葉は、色飛びをある程度許容しないと、最後の見た目の輝き感が薄れます。色飛びさせすぎると、フォーカスが鈍くなり、仕上がりの解像感が悪くなります。
 このさじ加減によって、どこまで「紅葉・黄葉の輝き」と「木々の葉のくっきりした解像度」を両立させられるか、ということが、ぼくにとって「晴天の黄葉」をどう撮るかということなのですが、反省点は、曇天があまりに難しかったので、晴れて油断して、少し色飛びさせすぎてしまった、ということでした。
 来年は、台風の直撃がないよう、祈りたいと思います。
コメント
kawazukiyoshi さん、
昼頃、公園を一巡りしにいったら、カメラを持つ手がかじかんできました。一気に寒くなってきましたね。
【2011/12/09 21:39】 | ディック #- | [edit]
今日は寒い寒いの連発です。
山は雪。
新素粒子の存在証明が出来たら
また面白いですね。
今日もスマイル
【2011/12/09 14:44】 | kawazukiyoshi #- | [edit]
hirugao さん、
じつは、今回のカエデはなかなかよいポイントがなくて、一番苦労しております。黄色いイチョウを主人公にしたカエデ、苦し紛れに撮りましたら、なんとも引き立たない眠い写真でした。
それをコントラストや彩度を引き上げて修正して、輪郭を強調してみたら、あれれ、案外と見られる写真に変身し、「しめた、載せちゃおう」という次第でして、一票でも投票いただくと、苦労が報われた気持ちです。
【2011/12/09 12:21】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
「イチョウとランナーとベンチ」は毎年の定番ですが、「時計とサクラ」は今年のオリジナル。
 もともとは「曇天の紅葉」を引き立てる道具立てとしてみたのですが、結構いい感じになりまして、来年以降も定番としたいですね。
【2011/12/09 12:16】 | ディック #- | [edit]
紗真紗さん、いつもありがとうございます。
見やすくて「きれいだ」と誉めていただけるような画像を、どんな撮影環境でもあっても提供していきたい、と努力しています。

青空背景でも、適度に手前に暗い葉が入ったほうが、遠近感が出てよいものだ、というのは今回の発見でした。

さて、お近くの神社のイチョウは、いかがだったのでしょうか。
【2011/12/09 12:12】 | ディック #- | [edit]
曇りと違ってhなお1枚1枚が生き生きしていますね。

1枚目とても絵になりますね。
やはり人物が入ると。

黄色い楓をメインに下の好きですね!
【2011/12/09 09:46】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
待ち構えていたランナー良いタイミングでしたね。
抜けるような青空にイチョウの黄葉が見事です。
時計とサクラの紅葉のショットが素敵ですね。
【2011/12/09 09:21】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

RAWなど難しいことは分かりませんが
抜けるような青空、そこにイチョウの黄葉、、
そのコントラストが飛びぬけて素晴らしくて、
こんなふうに撮れれば楽いいなぁと思っております!

実は、近くの神社でイチョウを撮ったのですが・・・。

黄色いカエデもじつに新鮮、
もちろん橙色のサクラと時計のふぉとには惹かれます~!
【2011/12/08 23:39】 | 紗真紗 #- | [edit]
ころん さん、
Olympus のカメラは「ポイントの測光」「中央部重点」「全体」の三つで、なんとなく「中央部重点」でやっていますが、「勘」で一枚撮って、その結果を液晶で確認して「露出」のプラスマイナスを補正しつつやっています。色飛びがひどいと修正不能になりますから、暗めにとって「暗部」を持ち上げる現像の仕方をしていることが多いです。
RAW現像ですと、かなり大胆に補正しても画面が荒れないので、それでかなり得をしています。ぼくとしては、PCの現像ソフトを操る技倆も、写真撮影には重要だ、と思っています。
【2011/12/08 21:42】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、
6年間もここでやっていますから、毎年前年よりはよい写真をと努力して、大きく前進するときもあれば、なかなか進歩しないこともあります。
毎年気になるのは、「陽射しを照り返す葉の輝き」と「解像度」のせめぎ合いで、両方ともある程度のところまで満足したい、と欲深く狙っています。
【2011/12/08 21:34】 | ディック #- | [edit]
空見 さん、
イチョウが気分よいらしく、毎年どなたかこのベンチに座っていただける確率が高いです。眼はあまりよくありませんが、この方は物腰からして女性だったと思います。ランナーには、颯爽と駈けていただいたので、よい絵になりました。こちらは、待っていればチャンスがあるかも知れませんが、よいタイミングでシャッターを切る必要があり、多少忍耐が必要です。
光と影というのは、写真を撮る者にとっての楽しみでもありますね。
【2011/12/08 21:29】 | ディック #- | [edit]
デックさまの撮影技術は見事ですね。
RAW撮影は解像度が難しくてできません、
いつかの課題ですが・・

光を上手に取り入れられておられますね・
中央部重点射光?でしょうか?。
マルチパターン射光?

カエデの主人公 が自然感があって綺麗です・
三枚目も空に伸びる楓の表情が好きです。
今日も参考になりました。
ありがとうございます。
【2011/12/08 21:29】 | ころん #- | [edit]
地理佐渡さん、
この6年間で、紅葉がまともに台風の影響を受けたのは初めてでした。横浜はここのところ、ずっと無事で済んでいたのです。
萩だとか、コムラサキとか、低木も手ひどくやられました。鎌倉も同様でした。
それにしても、お仕事ご苦労様です。
【2011/12/08 21:24】 | ディック #- | [edit]
こんばんは
やはり、日の光があると違いますね。
葉の色も様々でとてもいい感じです。
研究の成果なのですね。
【2011/12/08 21:13】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。
さすがディックさん!と言える写真、苦心の跡が伺えます。
冒頭のベンチの人、女性でしたか?言われなければ男性とばかり(笑)黄色のランナーさんもグッドタイミング♪
公孫樹は何かとコラボさせなければ、写真としてまったく面白くありませんね、その点こちらのイチョウはサービス満点です。
最近私も少しの白飛びで太陽光が表現できると思い、意識的に入れるようにしています。
晴れた日の方が光と影を演出できますから、今はそこにはまっています(笑)
下の方の黄のカエデと赤のカエデ、サクラと時計、なかなか心憎い構図でした。
【2011/12/08 20:51】 | 空見 #- | [edit]
こんばんは。

小春日和。まさにそんな頃の紅葉と黄葉。
青空や差し込む光を有効に使い回し、実
に鮮やかです。そのための工夫をあれこれ
書かれていますが、僕には難しいです(苦笑)。

さて、台風には..とありました。
そちらですとそれの結果で秋の風景も
左右されましょうねぇ。

明日は仕事場から長岡へと直向かいます。
土曜日に新潟出張です(苦笑)。

【2011/12/08 20:29】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4443-f6e80643