FC2ブログ

元興寺 ~ 奈良町の寺

2011.11.28(19:30)

元興寺正面111106

 さて、奈良旅行の記録記事は、今晩を含めてあと2回です。本日は元興寺(がんごうじ)。下のぼやきを読んでください。

 -----------------------------------

 元興寺(がんごうじ)は、その前身は法興寺であり、元の地名によって「飛鳥寺」のことである、というからややこしい。「飛鳥寺」改め「元興寺」は明日香村で見てきた蘇我馬子が創建した寺なのだ、という。
 あとで出てくるが、元興寺の瓦には、日本最初の寺の建立のために百済が派遣した瓦博士の造った「日本最初の瓦」というのが使われている。つまりは、少なくとも部材は古いお寺なのだ。
 平城遷都によって飛鳥寺(法興寺)を元興寺に改め、奈良町へ移築したということらしい。
 では明日香村の飛鳥寺は何なのだ?
 しかたなく、もう一度「飛鳥寺」のパンフレットを確かめよう。
 飛鳥寺のパンフレットには、飛鳥寺は蘇我馬子が造った最古の寺だと書いてあり、別名法興寺、元興寺ともいう、と書いてある。ああ、もうややこしい。

 明日香村の飛鳥寺は一度焼失して江戸時代には仮堂しかなかった。
 一方、元興寺も平家の焼き討ちに遭うなど何度も消失していて、その後もかなりややこしい経緯を経て現在に至っている。そうはいっても、元興寺にとっては奈良町の存在が大きかったのか、かつてよりは小さくなってしまったとはいえ、いまでは立派に再建されて、極楽堂、禅室など国宝も揃っていて、世界文化遺産に指定されているのは、この奈良町の元興寺のほうだ

 ------------------------------------

 という、元興寺の様子をご紹介します。上と下の写真は、元興寺極楽堂です。


元興寺金堂斜め111106


元興寺境内1111106

 奈良町の中にあるというのに、境内は案外と広く、静かで、美しいお寺です。


元興寺境内2111106


古い瓦の残る継ぎ目111106

 百済が派遣した博士が造った「日本最初の瓦」というのは、上や下の写真で見れば「ああ、このことか」とわかります。そこだけ艶や色が違って見えます。


元興寺古い瓦と新しい瓦111106


元興寺石仏群111106

 境内にはたくさんの石仏や石塔があり、これがなかなかよい景色となっています。
 西大寺という字が見えますが、元興寺は一時堂宇ごとに分裂して、西大寺の末寺なったり、東大寺の末寺になったり、ややこしくて説明しきれません。

元興寺キキョウ111106


石塔とキキョウ111106


元興寺石塔とヒガンバナ111106

 上のヒガンバナは、奈良旅行の記録記事の最初に一度ご覧に入れました。


 -----------------------------

 奈良旅行の記録記事は、いよいよ次回(明晩)が最終回となります。
コメント
mico さん、
>元興寺の屋根裏探検の募集があり探検に参加したことがありますが
なんとうらやましい! よい体験をされましたねぇ。
>飛鳥寺の部材が使われていました。
やはりそうですか。移築された部材がこちらにあり、飛鳥寺は後の時代の新築再建となると、元興寺のほうが分がいいですね。
【2011/11/29 16:36】 | ディック #- | [edit]
ころん さん、
鎌倉や東京のお寺を巡っていたのではわからなかったいろいろなことが目に入り、奈良ではとても新鮮な体験をしました。
ひき続き、眼を肥やしていきたい、と思います。
【2011/11/29 16:33】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
今年はいろいろとお寺を巡りながら、みなさんのご指導もあり、少しずつ見方がわかり始めたところです。いろいろな建物の特徴などわかってくると、建てられた年代がいつ頃か見当が付いたり…。
まだまだこれからだと思います。ひきつづき学習していきたいと思います。
【2011/11/29 16:31】 | ディック #- | [edit]
1300年の歴史の中でいろいろな経緯があったようですね。
元興寺の屋根裏探検の募集があり探検に参加したことがありますが飛鳥寺の部材が使われていました。
1300年前の瓦も貴重ですね。
【2011/11/29 15:08】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
デックさまこんにちは。

>境内にはたくさんの石仏や石塔があり、これがなかなかよい景色となっています。

お寺さま巡りのポイントのような感じさえします。
そして屋根の傾斜がよい品格ですね。
瓦も時代を積み重ねての風景がよいいに印象です。
楽しませていただきました。
お寺関係好きです。
【2011/11/29 13:19】 | ころん #- | [edit]
奈良を充分楽しまれましたね。

こうして写真を拝見しているうちに少しもお寺のいいところを
見ていなかったことに気が着きました。

瓦の撮り方にはいつも感心しました。

今度奈良のお寺を回る時には視点を変えてみたいな
何て思っています~。
【2011/11/29 10:44】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
miyata さん、ご苦労様です。
miyata さんは仕事と、ギターと、バラの世話の三立がむずかしい
。ぼくはあれやこれやと遊びばかりの多立がむずかしい(笑)。
まあ、昔はぼくも仕事でかなり無茶やってましたから、「年の順番」と思ってお許しください。
いずれにしても、健康が許すなら、仕事でも趣味でも、忙しいことはよいことです。
【2011/11/29 10:04】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
お寺って、焼き討ち、雷、火事で炎上することが多く、創建時と、再建時が同じ建て方なのか、再建時に好きなように建てたのか、途中で宗派が変わっていないか、歴史はとっても面倒です。
まあ、ここは境内がきれいだから、十分楽しめますが…。
【2011/11/29 09:59】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
元興寺の極楽堂(本堂)も正面から眺めたときが一番美しいようです。
元興寺と飛鳥寺の双方が、「蘇我馬子が創建した日本で一番古い寺」とそれぞれ言い張ってまして、紹介するには「何が問題なのか」詳細に調べないわけにはいかなかったのですが、それを詳細に説明しても、かえってわかりにくくなるばかりです。
いずれにせよ、境内がとても魅力的なお寺でした。
【2011/11/29 09:56】 | ディック #- | [edit]
ここの写真を見るとなぜかホッとします。
なかなか散歩している余裕がありません。

最近幸か不幸か公私共に忙しくて自分のブログまとめるのがやっとでした。
とりわけギター発表会があったので、それに向けて練習したり、薔薇の方は休みの日雨続きでさぼりぎみ。それでもこの日曜はSOSが来たので行ってきました。
そんなあんばいです。
今週から仕事の方が忙しくなります。
【2011/11/29 08:31】 | miyata #- | [edit]
おはようございます。

元興寺、そのいわれと歴史・・・古いといろいろあるのですね。たたずまいはすばらしい。
【2011/11/29 08:29】 | nakamura #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

はい!お寺の名前が三つもあり、
ポンポンと変わる~私にはむずかしい・・・。
ですが、
やはり元興寺は、端正なお寺という印象をうけました。

ただキキョウだけは、清々しく咲いているのですね。
このような面白い解説は、
よほど熟知されませんと書けないものと思いました~!!
そう言えば、ヒガンバナの画像から始まったのですね~!
【2011/11/28 23:39】 | 紗真紗 #- | [edit]
地理佐渡さん、
当方はもう引退の身の上ですから、好きなようにやれますし、奈良の詳細な記事も旅の楽しみを記録するつもりでやっていますが、それまではずいぶんと厳しい時期もありました。
写真一枚でごまかしたり、みなさんのところへまったくお邪魔しなかったり…。それって、事情によっては仕方ないんですよね。
ほんとも気楽に行きましょう。
【2011/11/28 20:38】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。

名のある寺。それも歴史のある。
奈良の寺は空間も含めて伸びやかに
映ります。その足下にたくさんの
石仏などがありますね。キキョウ
の紫がより静けさを醸し出します。

さて、良いアドバイスをいただき
ました。毎年のこととはいえ色々
ありまして、サイトの運営も思う
に任せられぬ時にさしかかりました。
まぁ、頂いた言葉どおりで、無理は
しないようにしようと思います。

【2011/11/28 19:39】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4432-d94fb4b7