初めて見た前方後円墳 ~ 垂仁天皇陵

2011.11.22(18:30)

猿沢の池雨の朝111005

 10月5日の奈良旅行の記事です。
 10月5日は雨との予報でした。朝はいつもより1時間近くゆっくりとホテルを出て、猿沢の池の周囲の回り方を変えてみました。
 不思議なもので、時間と位置が少し変わっただけで、おもしろくもなかった「猿沢の池」が少しは絵になりそうです。


猿沢の池と興福寺五重塔111005

 同時撮影で背景を興福寺五重塔にしてみました。


【垂仁天皇陵】

垂仁天皇陵左端111105

 mico さんのブログ「りんどうのつぶやき」で諸天皇の前方後円墳を見ているものですから、ひとつぐらい見ておきたい、と思いました。どうせ池の中に島が浮かんでいるだけだろうから、籠もったり雨が降ったりしてもいいじゃないか。午後は国立博物館にでも行って、きょうはひと休み、のんびり過ごそう、という計画でした。
 近鉄橿原線の「尼ヶ辻」駅から5分ほど歩きました。地図の感じでは、見終えているのが方形の端っこに当たる辺りで、自分は方と円のくびれの正面くらいにいるはずです。


垂仁天皇陵とサギ111105

 冗談じゃない。湖は言い過ぎにしても、「池」なんていう規模じゃありません。まだ朝一番で元気だからよいですが、午後になったらとてもこの周囲を回ってみよう、なんて思わないでしょう。
 まあ、しかし、空はどんよりとして、写真はとても撮影しにくいです。
 あ、あそこにサギらしき鳥が…。


垂仁天皇陵正面111105

 後日、文春新書『天皇陵の謎』(矢澤高太郎・著)を買って読み始めております。
 上の写真は「拝所」といい、前方後円墳の場合、必ず前方部を背にした場所に設けられているのだそうです。
 つまり、この正面が円の一番端っこになるわけです。


垂仁天皇陵の位置関係側鐘写真111105

 この写真が一番位置関係がわかりやすく写っています。ついでに梢にとまっている鳥の影まではっきりと見えます。濠に浮かぶ小島は「田道間守(タヂマモリ)」の墓と伝えられているそうです。
 酔芙蓉などが美しい「橘寺」の記事を憶えていらしゃるかと思いますが、「橘」の実を田道間守が黄泉の国から持ち帰って植えたのが「橘寺」ということになっているのです。古事記だか日本書紀だかの物語です。
 なにしろ、「垂仁天皇陵」と書いていますが、学問的には伝「垂仁天皇陵」であり、何か証明されて垂仁天皇陵だということになっているわけではありません。


垂仁天皇陵と小島の墓111105

 周囲を歩くだけでもたいへんで、濠の縁をずっと歩くことができるわけでもありません。


垂仁天皇陵と稲田111105

 上で紹介した新書によりますと、全国の陵墓の数は896、実在しなかったとされる天皇にも陵墓があって、被葬者が間違いないとされているのは天智天皇陵と天武・持統天皇陵だけだそうです。( mico さんからの情報では、最近になって斉明天皇陵が間違いないとされたそうです。)
 宮内庁が学者に対しても一切立ち入り調査を認めない方針のため、古代の歴史研究の大きな妨げになっているそうです。
 いまはこのような濠に囲まれた美しい古墳も、江戸時代には農民が畑にしていたりした例もあるそうです。整備されたのは明治政府となって以降のことだ、といいます。

 ----------------------------

 これは独り言ですが、地理佐渡さんのパン・フォーカス(近距離から遠景までピントが合っていること)の景色(とくに海や雪景色)遠景などをずっと拝見していて、今年は自分も、たとえ曇天でも微妙なトーンを生かしたパン・フォーカスの写真を撮りたいと思っていました。
 ブログを始めた頃に使っていたカメラは、絞ると解像度が悪くなるという癖がありまして、レンズというものは多かれ少なかれそういうところがある、との思い込みから、思い切り絞り込めない、どこまで絞ればよいかわからない、という悩みを抱えていました。
 今回の写真はこのあと雨が降ってきまして、まさしく曇天であり、パンフォーカスの景色なので、まあなんとかこの程度までは撮れるようになったかなあ、というところです。

コメント
mico さん、
このあと神功皇后稜を見るのですが、「一周するのはここだけでいいや」というのが本音です。垂仁天皇陵はかなり大きいほうらしいですね。
【2011/11/23 14:23】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、
このあとすぐ、また「神功皇后稜」というのを見るのですが、まあ似たようなもので、こういうのがあちらこちらに…、すごいですねぇ。
人間の目というのは、器用にできていて、「脳」が介在するから、見たいものしか見ていないですね。写真とはメカニズムが違うから、このギャップが違和感を生むこともありますね。
【2011/11/23 14:21】 | ディック #- | [edit]
nakamura さん、
税金を使っているのだから、もう少し学問の発展にも気を遣ってもらわないといけませんね。事情が案外と知られていなくて、一般国民が黙っているのをいいことにして…。
【2011/11/23 14:15】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、hirugao さん、ころん さん、
>パンフォーカス。自分ではそれをと狙って、意識と言うより、自分の使っているカメラで撮るとこうなりますという…
そうなんですよね。コンパクト・カメラだと自然にパン・フォーカスになります。一眼レフだとかなり意識して調整しないといけなくて、それが案外とうまくいかなかったりするんです。
【2011/11/23 14:13】 | ディック #- | [edit]
空見さん、hirugao さん、mico さん
全体の位置関係がよくなるところを捜して、濠の周りを歩いて回るなんて、雨が降りそうだというのに、我ながらよくやったものです。
【2011/11/23 14:10】 | ディック #- | [edit]
こんにちは
天皇陵と名がついていてもほとんどが??のようですね。
濠を一周するのは大変で遥拝所まで行かず遠くからの撮影になってしまいます。
【2011/11/23 13:23】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
古墳は好きで娘のところはすぐ近くに古墳公園になっていますがこんなに見事なのは初めてです。

一回りするのもかなりの距離ですものね。

パンフォーカスというのですか・・・
写真も奥が深いんですね。
【2011/11/23 09:38】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

垂仁天皇陵、お濠つきの神秘的な佇まいに
参ってしまいました。
それも構図の素晴らしさからくるものでした~!
サギさんは顔パスでどこでも自由に、いいですね~♪

自分の目というのは、自然に調整して~、
まさにパンフォーカスだと勝手に決め込んでおります。
でも、私は、そんな魅力的な背景がある時は邪魔で、
切り取りしようとしております。。。
【2011/11/22 23:40】 | 紗真紗 #- | [edit]
こんばんは。

うらやましい風景です。
宮内庁にも税金をかけると解放しますね・・・きっと。
もう少し、開放的になって欲しいものです(笑い)。
【2011/11/22 21:39】 | nakamura #- | [edit]
こんばんは。

濠つきの古墳の風景。僕も見たいものです。
なかなか奈良には行けません。仕事も小遣
いもと二重苦です(笑)。
パンフォーカス。自分ではそれをと狙って
意識と言うより、自分の使っているカメラで
撮るとこうなりますという、まさに素人感覚
であります(大笑)。

【2011/11/22 21:33】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
トッテモ良いお写真と説明で
歴史を紐解きながら歩かれた様子がよくわかります。

パン、フォーカス、成功すれば綺麗ですが、
光と絞りに苦労します。
10枚撮って一枚成功なら良しとしています(笑い)
【2011/11/22 20:15】 | ころん #- | [edit]
こんばんは。
今回は構図が良いなぁ・・と思う写真が多そうです。
濠の周りを歩いたのですか、ちょっとたいへんそうですね。
【2011/11/22 19:38】 | 空見 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4422-5a4b95d8