川越の街並みの由来

2011.11.17(18:30)

時の鐘と白漆喰国造り扉の家111026

 10月26日に「川越」の町を見に出かけました。
 その記事を「中院」という地味なお寺に移築された、島崎藤村の義母の茶室から始めましたが、猫も杓子も騒いでいる小江戸の、しかも「時の鐘」を出したのではつまらないじゃないか、と思ったのです。
 だから、上の写真も「時の鐘」ではなくて、左手前の「蔵造りの家」の窓に注目していただきたいと思います。


蔵造りの家の窓111026

 窓に注目すると、家の壁が分厚いということがよくわかります。


蔵造りの家のモデル111026

 仕上げによっては白い漆喰仕上げとは限らず、色は多種多様ですが、分厚い土壁となっていることに変わりはありません。
 小江戸と言われる一画には、このような「蔵造りの家」が並んでいます。ぼくが知りたかったのは、どのような理由でこのような街並みが残っているのか、ということです。


亀屋の店先111026

 写真は和菓子屋の「亀屋」さんで天明三年創業ののれんが下がる老舗です。
 じつをいうと、川越とは縁がないわけではありません。長男の友人の実家が川越で、土産に亀屋さんほかの芋菓子をよくいただきます。これがなかなかおいしいのです。
 この亀屋さんも、窓をよくよく観察すれば、重厚な蔵造りとなっています。


大澤家住宅小松屋111026

 上の写真の家は小松屋さんという和装雑貨などを販売しているお店で、店頭で「お願いします」と言えば、屋敷の二階を案内してもらえます。
 じつは重要文化財の「大澤家住宅」というのがこの小松屋さんです。

 川越では寛永と享保の大火を契機にして、城下の都市計画と街の防災化が実施されたにもかかわらず、明治26年にふたたび市街の3分の1以上を消失する大災害に見舞われました。
 このとき、奇跡的に焼け残ったのがこの大澤家住宅だといいます。川越最古の蔵造りで、現存する関東地方最古の蔵造りだそうです。
 見ると、ほかの蔵造りの家のように大袈裟な窓があるわけでもないようですが、じつは二階の格子は木造ではなく土を固めたもので、銀行の金庫のような大袈裟な窓ではないにせよ、外を漆喰土で固めた引き戸を閉めて防火する仕組みとなっています。
 大火にすっかり懲りた川越の商家の方々は、この大澤家住宅を参考に、漆喰で固めた蔵造りの店を次々と建て、それが現在の街並みへとつながっているのでした。


【漆喰壁の造り方】

 厚い壁は割竹を格子に編んだ木舞に壁土を塗り固め、少しずつ厚くします。壁土は他の土に藁を混ぜて発酵させ、粗打ち、中塗り、砂削りの工程を経て、最後は漆喰で仕上げるそうです。そうしてできたのが防火に強い蔵造りの建物の壁というわけです。
 ちなみに土壁というのはいろいろな造り方が各地にあるようで、hirugao さんのブログ「時を紡いで」で見たあるお寺の土壁は、瓦を積み重ねてそれを土で塗り固めてありました。これでは地震や風雨に弱く、崩れてくるのも無理はありません。

 ------------------------------


本牧山頂公園のガマズミの実(付録)

本牧山頂公園ガマズミの実111113

 もし上と下の写真がガマズミの実でよいのなら、わが家の近辺で初めてガマズミの木を確認できたことになりますが、いかがでしょうか。


本牧山頂公園ガマズミの実縦111113
コメント
紗真紗 さん、
じつは、「蔵造り資料館」 とかいうところで、こちらで書いたようなことを勉強しまして、そこの蔵の二階の窓から、ゴ~ンと…。
ちょうど午後三時でした。見ていると、なんと自動的に鐘突き棒が動くのが見えまして、「あれ、まあ」と驚きました。3時間ごとでしたか。ずいぶんとぼくはラッキーだったんですね。
焼けても建て替えたのだから、商人たちは力があったのでしょうね。
【2011/11/18 21:55】 | ディック #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

褐色の櫓は、今でも1日4回(午前6時、正午、午後3時、午後6時)に
時を知らせておりまして、
私は、午後3時に「ゴゥ~ン~!」と聞いたことがあります~♪
(現在はもちろん、機械式ですが。。。)

黒々とした外壁に頑丈な観音開きの扉、瓦屋根にそびえる意匠を凝らした鬼瓦など、
財力が成した、川越豪商の蔵造りの執念を感じますねぇ。
ほんとうに江戸の面影を残す迫力ある通り、存在感バリバリだと思います。
ご解説、たいへん勉強になりました~♪
【2011/11/18 21:07】 | 紗真紗 #- | [edit]
miyata さん、
すみません、ご存じの方が多いので詳しい解説なしですませましたが、これは「時の鐘」といって、鐘が吊してあります。川越藩藩主酒井忠勝によって建設されたといわれる鐘撞き堂です。これで時刻を知らせていたようです。
家に蔵があった、すごいですね。わが家にあっためずらしいものというと、防空壕くらいかな。
【2011/11/18 16:19】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
娘さんがこちらのほうでしたっけ。
ウォーキングの会のくせで、リュックにレンズを入れて背負って歩く、というスタイルです。
心臓の負担があるので、いつまで続けられるかわかりませんが…。
【2011/11/18 16:14】 | ディック #- | [edit]
mico さん、
町おこしでこの付近と喜多院以外にも、いろいろと頑張っているようです。川越城本丸御殿とか…。
ガマズミって、食べられるのですか?
【2011/11/18 16:11】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
とんとん さん、
観光の目玉なので、たぶんこのまま頑張って残していくのでしょうが、傷んできたら補修をどうするのか、たいへんでしょうね。
【2011/11/18 16:09】 | ディック #- | [edit]
あれは火の見櫓でしょうか。
壁が厚いですね。昔、うちに蔵があって楽器の練習をそこでやっていました。夏涼しくて冬暖かいかとそこを自分の部屋にしようかとも思ったのですが、なかなか古くてやっぱりやめました。
【2011/11/18 12:28】 | miyata #- | [edit]
此処は行きましたよ~
薄めのところに行くと1日だけ一人遊びの日をもらい行ってきました。
重々しい蔵の様子、まだブログを始める前だったので
写真はあまり撮りませんでしたがバスに乗って回りました。
【2011/11/18 11:48】 | hirugao #fGUjlDgQ | [edit]
立派な蔵造りですね。
いろいろ勉強になりました。
昔にこの辺りを巡りました時の鐘と喜多院しか印象に残っていません。
ガマズミの鈴生りが見事ですね。
完熟を味わってみてください。
【2011/11/18 10:14】 | mico #NkOZRVVI | [edit]
いい雰囲気ですね。
三枚目の自動販売機で、ハッと正気にかえりますが・・・(~_~;)
こういう建物はずっと残っていてほしいです。
【2011/11/18 10:09】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
nakamura さん、
人手の話ですが、月曜でしたので、思ったほどではなかったのでした。
観光による町おこし、たいへんだろうな、と思います。小江戸付近だけでなく、もう少し他のポイントを持ち上げていかないといけないなあ、というような感じがしました。
【2011/11/18 07:59】 | ディック #- | [edit]
地理佐渡さん、
少なくともこの通り沿いでは、なんらかの協定をして、街並みを壊さないということになっているのではないか、と思います。大切な観光資源ですから。
駅前は月曜日は定休日で閑散としていまして、この辺りまでくるとやっと賑わう。しかし、この街並み保存は住んでいるみなさんにとってもけっこうたいへんなのではないかなあ、と想像します。
今朝は横浜も冷えます。佐渡ほどではないにしても…。
【2011/11/18 07:56】 | ディック #- | [edit]
YAKUMAさん、ありがとうございます。
ガマズミでないとすると何か、という選択肢がないので、たぶんそうだろうな、と思うしかないのがいまの状況です。
朝のテレビ小説、たまに見ていました。
【2011/11/18 07:52】 | ディック #- | [edit]
蔵の漆喰壁とか、こんなことにまで興味を持つようになったのは最近のことです。
たぶん、加齢とともに知識の幅が広範になり、いろいろなことを理解しやすくなっているのでしょう。逆に突き詰めていく根気が薄れていますが…。
こういうことは明らかな世代差によるもので、いまは若い人も、年を取れば変わってくるのでしょう・
【2011/11/18 07:50】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
ガマズミらしき実の写真ですが、
現実の状況を正確に反映している写真は下側です。上は背後が明るかったり、多少ズームしていたりするので、色が明るく飛んだり、遠くと近くが多少接近したりしています。
いろいろと教えていただいて、ありがとうございます。
【2011/11/18 07:44】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

お~、懐かしいです。
古い建物の表情が何とも良いですね。
人出がすごかったのではないですか?良い時期ですから・・・。
【2011/11/18 07:32】 | nakamura #- | [edit]
おはようございます。

時折り皆さんのブログで町中の風景を
見ます。古い時代の物が良く保存され
ていまして、町の風景の売りとなって
います。よくぞ無くならずにと思って
います。土壁。夏涼しく冬暖かいとい
う側面もありましょう。今では建築方
法としましては手間とお金のかかる事
でしょうけど、意外と良いのでは無い
かと思います。ただ、今の建築基準で
は難しいかな。

さて、今朝の佐渡はとうとう5度を
下回りました。寒いです。雨が降って
いなかったら今朝もジョギングへと、
今準備しています。もうしばらくすると
明るくなってきましょう。

【2011/11/18 05:54】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
書き忘れました。
上の方の写真の実、酸っぱくて小さなタネが有ればガマズミでしょう。
環七、大井ふ頭中央分離帯に植えて有る同じ様な実が有りますが何せ道路の中央堂々と車を止める訳に行かず試せずに居ます。ガックリ。
【2011/11/17 23:28】 | ななごう #- | [edit]
こんばんは。

川越蔵造りの街並みが良く出た感じがします。
昔、40年程前に行った事が有りますがその頃は全然興味が無かったです。若かったから。
漆喰壁の防火に適している状況が良く判る説明ですね。
有り難う御座います。

ガマズミの実、上と下似ている様ですが何処か?違うような?感じがします。
下はガマズミに間違いないですね。
上のですが、下と比べると実の生り方がどうも違うなと思いますが。
【2011/11/17 23:19】 | ななごう #- | [edit]
こんばんは
川越は、何年か前に、朝のテレビ小説の舞台にもなっていましたね。
一度訪れてみたいです。
赤い実はガマズミで良さそうですが、自信はありません・・・
【2011/11/17 20:29】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4419-f848db11