FC2ブログ

島崎藤村のことなど ~ 川越散策でも縁があったので…

2011.11.14(18:30)

中院の門1111026

 10月26日、奈良から帰ってしばらくはおとなしくしていましたが、何やらうずうずと出かけたくなってきまして、今度は「川越」へ行ってみることにしました。
 紗真紗 さんの「喜多院」などのご紹介に惹かれたわけですが、最初から「小江戸」や「喜多院」を出しては芸がないし、たまには文学に関係したことなど書きたくなって、ちょっと変わったところの記事を書きます。


中院の境内111026

 中院というのは天台宗のお寺です。上の2枚は門と境内から見た本堂です。
 さて、こちらの境内に「茶室」が移築されていましてその茶室に目をとめざるを得なくなったのでした。


不染亭の扁額111026

 ずっと以前から、何の基礎知識もないままに『破戒』とか『夜明け前』とか意味深な題名に惹かれていまして、時間の余裕ができたら読んでみよう、と思っていたら、先日「San Poの会」で明治学院大学を訪れたとき、島崎藤村の『夜明け前』の原稿を見たり、本人が明治学院大学の学生だったこと、のちに明治学院大学の校歌を作詞したりしていることを知りました。
 これも何かの縁だから、そろそろ読まねばなるまい、と思っていたところ、この中院に「不染亭」という茶室が移築されていたのです。


茶室不染亭横から111026

 これは島崎藤村が義母(静子夫人の母親)加藤みきさんに寄贈した茶室で、みきさんが茶道の師匠で「不染」と称していたことから、藤村が「不染亭」と名付けました。
 茶室は川越市新富町にあったそうですが、マンションが建てられることになったため、関係者の人力で、加藤みきさんの墓のある当院境内に移築されたそうです。
 そんな縁で、ぼくもとうとう『破戒』を読みましたが、これがたいへんな筆力でして…、島崎藤村に深い興味を抱かざるを得ない気持ちとなり、その後もあれこれ調べまして、とりあえずは、この記事へと結びついています。

 クリックすると『破戒』の感想にジャンプします。 → 破戒/島崎藤村


狭山茶発祥の地の碑111026

 このお寺には「狭山茶発祥の地」の碑がありますが、紗真紗さんがすでに紹介されているかも知れません。



根岸森林公園のサザンカ(10月27日)

八重のサザンカ111027

 中院の記事だけで今晩を終わらせてしまうと、花の写真がないので、翌27日に根岸森林公園で今秋初めて撮ったサザンカを紹介したい、と思います。
 毎年撮っておりますが、ぼくは秋はこれを楽しみにしています。例年ですとそろそろイチョウが黄色くなっているのですが、今年はサザンカが咲いても、この記事を準備している11月8日になっても、イチョウはまだほとんど色付いておりません。


一重のサザンカ111027
 
 一般の散策者はほとんど入ってこない、米軍居留地との境界フェンスの近くです。秋から冬にかけて、この公園をよく知っている少数の人たちだけがこのサザンカを楽しんでいるようです。


八重のサザンカ斜め並び111027


サザンカの実111027

 サザンカの実です。
コメント
nakamura さん、
紗真紗さんの川越の記事は毎度のことで、nakamura さんの記事も読ませていただいた記憶がありますし、後発はとてもやりにくいです。
「時の鐘」から並べて「風景写真」から迫るのはもう諦めまして、ぼくにしかできない記事を…、と工夫しないといけません。厳しい制約です(笑)。
【2011/11/15 08:39】 | ディック #- | [edit]
紗真紗 さん、ご来訪ありがとうございます。
休日訪問ならお抹茶をいただけたのですか、ぼくの訪問は月曜日でした。
さて、深く感情移入して小説を読むほうなので、読み進むにつれ『破戒』の主人公丑松の憂鬱がぼくにも乗り移り、体調まで悪くなって、気分は厭世的となり、数日間というものつらい読書でした。
「ディックの本棚」を運営しているので可能になった記事でして、藤村に興味がないとおそらくはおもしろくもない記事なのでしょうが、ブログはそのときどきの日記も兼ねておりますから、みなさんのお許しをいただきたい、と思いました。
次回の川越は『蔵造りの街並み』の由来、ということで、17日に予定しております。
【2011/11/15 08:27】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

オッと!
奈良かと思えば、今度は川越ですか。
実にうらやましい・・・。
確かに、川越は良いフィールドですね。
【2011/11/15 07:14】 | nakamura #- | [edit]
ディックさま^^こんばんは~♪

もうこの正門のドキッでした。
中院の記事、じっくりと拝見しました。。。
少しですが、知っておりましたので余裕で~(*^_^*)
このように丁寧に載せなければと思いました。
取材はたくさんしておりますが、旬を逃して、
更新しておりませんことが恥ずかしかったです。

休日「不染亭」では、お菓子付きで500円でいただけます。
これを眺めながらの紅葉が素晴らしいので、行ってまいります。
リンク先へお伺いいたしまして、
重く心の機微にふれ、気だるさが入ってきました。
今日もありがとうございました。。。
【2011/11/14 23:50】 | 紗真紗 #- | [edit]
地理佐渡さん、
いつも午前中はおっしゃるように「のんびり焦らず」の境地なのですが、2時頃を境に体力も精神的余裕もなくなってきまして…(笑)。奈良もだいたいそのパターンでした。
加齢による体力の減退にもかかわらず、欲張りなものですから、午後一番くらいまではよいのですが、そこから先に無理をしては反省するパターンの繰り返しです。
何人かの常連さんから、「ディックさんは欲張りだから」とか見抜かれて、「無理は行けませんよ」とご注意も受けているので、そろそろほんとうに反省しなくてはいけませんね。
【2011/11/14 20:56】 | ディック #- | [edit]
ななごうさん、
>元の米軍ゲートの方に戻り森林公園に入り右に進むと林に成りました。周回路から離れた米軍寄りの処
はい、その付近がぼくのお気に入りのポジションです。
これからますますきれいになっていきます。長期間楽しめます。
【2011/11/14 20:50】 | ディック #- | [edit]
根岸森林公園から富士山方向に進むと左に米軍のゲートが有りますよね。そこの広場を左周りに桜の木を見て行くと前方に窪地が有りました。この窪地を更に左周りで上って行くと旧観覧席の裏手に成りました。この観覧席建物から米軍の実効支配地に成ってました。この観覧席建物を見て元の米軍ゲートの方に戻り森林公園に入り右に進むと林に成りました。周回路から離れた米軍寄りの処だと思いますが。違ってましたか?
【2011/11/14 20:44】 | ななごう #- | [edit]
こんばんは。

色々な思いを持って訪問地を選ぶ。
そして、そこでの風景を楽しみ。
場の雰囲気をほどよく切り取ってこられる。
良いですねぇ。のんびり焦らず構えている
感じがします。
そのような余裕のない自分が恥ずかしいと
ころです(笑)。



【2011/11/14 20:03】 | 地理佐渡.. #i104y3BE | [edit]
ななごうさん、
「裏手の下がった処」というのはどこだろう?
ほくがいつも撮影しているのは、メインの周回路からずっと林の中に入って、米軍居留地のフェンス際です。そのうち寒椿が咲き始め、いずれ椿も次々と咲いて、冬のあいだ中ずっと楽しめます。
【2011/11/14 20:01】 | ディック #- | [edit]
さざんかの花、見て来ました。
観覧席の左右と裏手の下がった処も。
あそこからの眺めは良さそうですね。
【2011/11/14 18:43】 | ななごう #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/4416-825fddc0